mealtime akabane

2015年4月アーカイブ

皆さん、こんにちは。本日ブログ担当の砂糖です。

4月も最終週に入り、ゴールデンウィークですね。

ファンデリーでは、カレンダー通り土日祝日のみお休みを頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、ファンデリーおすすめ図書をご紹介致します。

今回のおすすめは『こうして会社を強くする』 稲盛和夫著です。

 

新入社員も仲間に加わり、リーダーからメンバーへ

「どのように人を育てていけば良いだろうか。」

「より多くのお客様に健康で楽しい生活をお送り頂くために

 個人、チームで考えるべきことは何か。」

「一緒に夢を実現していくためには、どのような気持ちを伝えていくべきか。」

などと話すことがあります。

 

そんな現リーダー、将来的にリーダーになりたい人のために

問答形式で大変分かりやすい本がありましたので、一部をご紹介します。

(過去も同じ本を紹介していますが、少し違う視点でお伝えしたいと思います。)

2015042802.jpg

◆どの山に登るか

問:組織運営における「トップの判断は何をよりどころとすべきか。」

答:まずは目標ありき。目標とする到達点に行くためには、こういう生き様を、

  こういうプロセスを辿らなければ成せないのだという考え方をすることが大切。

  例として、登山でも、小さな丘にのぼるのとヒマラヤに登るのとでは、

  技術の修練、切磋琢磨にもレベルが違う。

 

◆人のために尽くす

問:お店を運営していて、自信もあるが、その先のことを考えると不安になることがある。

答:一つに実態を正確につかむこと。トップの器以上には大きくならない。人を治めるには

  魅力、人間性、人格をもってしなければならない。「人のために尽くす」「人を喜ばすために」と考える。

 

私も10年以上前に新入社員として入り、全て1から行ってきました。

上手くいくことばかりではありません。

挫けそうな時こそ、目標を確かめ、お客様のために力を注いできました。

 

今後もお客様の健康で楽しい食生活をお送り頂くため、

社員一同、力を合わせて邁進していきます。

引き続き、宜しくお願い致します。

----------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

本日は福井が担当させて頂きます。

ミールタイムではお客様の【数値改善】を目標に掲げております。

お客様から検査結果の報告を頂き、検査結果を把握して、

お客様のご体調に合わせた食事を準備しサポートしております。

その中で、お客様がミールタイムを継続されたことで、

検査結果が改善されたとのお声をたくさん頂いております!

そんな嬉しいお声を集めたページが【数値改善ハッピーレポート】です!

今回はこの中から、2名をご紹介致します!

♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦

ヘモグロビンA1c 6.7%→ 6.1%

~お喜びの声~

Pic 01 m

70代男性 

 HbA1c改善しました!

まだまだ数値改善の為に頑張らないとね!

頑張ってまだ続けますのでよろしくお願いします。

 

~栄養士からのコメント~

Kominato02

管理栄養士  小湊 有香

数値改善おめでとうございます!

数値が改善されとても素晴らしいですね!私もとても嬉しく思います。

また、ミールタイムを召し上がる前の血液検査結果に比べ

現在は基準値内までHbA1cが改善されていらっしゃいますね!

今後も数値が維持改善できますようサポートさせて

頂きますので、よろしくお願い致します。

 

~お喜びの声~

Pic 01 m

80代男性

検査結果が落ち着いていていい状態ですねと

先生にもおっしゃって頂きました。

いつもありがとう!維持できるよう頑張ります。

今後もよろしくお願いしますね。

 

~栄養士からのコメント~

Saito s02

管理栄養士  斉藤 彩夏

数値の改善おめでとうございます!

ミールタイムを始めたころと比べても数値が改善し、

維持できているようで嬉しく思います!

今後もこの値を維持できるようにサポート致しますので

しっかりとお食事療法を継続して参りましょう!

 

※お客様は医師による診療及び食事指導を受けられている場合があります。

※数値改善には個人差があります。

♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦

数値改善は私達にとっても嬉しい事ですし、同じ病気をお持ちの方々に

食事療法を継続する勇気を与えてくれます。

今後も、たくさんのお客様の健康の為に、

ファンデリーは全力でサポートして参ります!

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

皆様こんにちは。駒林です。

4月17日(金)に「第19回 輝く栄養士の会in東京」を開催致しました。

輝く栄養士の会としては久しぶりの開催となり、参加メンバー一同、

皆様とお話しできることを楽しみに、

また、皆様にとって一つでもプラスになり

喜んで帰っていただける会になるようにと

準備を進めてまいりました。

 

今回は理研ビタミン株式会社様にもご協力いただき

『だしの減塩効果 体験会』というテーマのもと、

講義だけでなく、飲み比べ体験も行いました。

 

当初、30名の定員を予定しておりましたが、

お申込みを多くの皆様から頂き、

65名の医療機関栄養士様にお集まりいただきました。

 

 

■開会あいさつ

ファンデリー 新海

20150423-01.jpg

 

■ミールタイム、ミールタイムプレミアムについて

ファンデリー 岩永

20150423-02.jpg

改めてミールタイムのサービス内容や患者様にも嬉しい

リコメンド割引についてのご紹介をさせていただきました。

 

また、ミールタイムプレミアム ヘルシータイプ

「黒毛和牛のメンチカツセット」をご提供させていただき、

召し上がっていただきながら、お話しを聞いていただきました。

2015040303.png

ご参加いただいた栄養士の皆様もまだ半分くらいの方が

ご存じなかったですので、ご紹介できる良い機会となりました。

 

■素材力だしについて

理研ビタミン株式会社 松尾様

20150423-03.jpg

食塩無添加で塩分制限のある方にも

安心して使っていただける「素材力だし」

ミールタイムのお客様はじめ、

医療機関の方々からも推奨いただいている商品です。

その「素材力だし」商品についてはもちろん、

減塩市場やお客様の意識調査についても

栄養士の皆様は興味を持たれていらっしゃいました。

減塩において「だし」の力を借りることは、とても強いと考えています。

しかも手軽に続けられることが、患者様の食事治療を

継続的に可能にする一つの重要なポイントです。

「素材力だし」はそれをかなえてくれるものとして、

栄養士の皆様方も大変支持が高かったです。

 

■だしの試飲体験

1、素汁飲み比べ 素材力だし 本かつおだしと市販顆粒だし

2、味噌汁試食 素材力だし 本かつおだし+素材力だし こんぶだし 合わせだし

20150423-04.jpg

実際にだし汁を飲み比べたことはありますか?

味のついていないだしだけを味わうと、

塩味と旨味、また風味といった味覚以外の相乗効果で

減塩効果が高まることを実感していただけます。

なかなか自分ではできない、また思いつかない内容に

「今度、患者様の減塩教室でやってみようかしら」と

お声もいただきました。

合わせだしのお味噌汁も「おいしい!」と大好評でした。

 

直接ご質問やご意見も承り、

私共も大変貴重な時間とさせていただきました。

20150423-05.jpg

当日は足元も悪く、お忙しい中お越しいただきました

皆様方には深く感謝申し上げます。

 

また、今回、ご協力いただきました理研ビタミン株式会社の皆様には

この場を借りて御礼申し上げます。

 

今後もこのような会を通じて、栄養士の皆様方のスキルアップや

栄養指導へ活用頂ける情報をお届けできるよう努めてまいります。

 

また、私たち自身も医療機関栄養士の皆様とお話しさせていただくことで、

ミールタイムの向上につなげていき、患者様や医療機関の皆様方に

喜んでいただけるものにしていきたいと思っております。

引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

20150423-06.jpg

☆当日参加したファンデリー栄養士☆

左から 新海、宮下、立石、岩永、駒林

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは。本日のブログは鹿毛が担当致します。

不安定なお天気が続きますね。皆様、ご体調はいかがでしょうか。

久しぶりに晴れた休日に、家族で佐野のアウトレットまで出かけて参りました。

ドライブとお買い物を満喫しました。

2015年4月20日2.JPG

ファンデリーでは常に学ぶ姿勢を大切にしており

ファンデリー図書として、社内に多数本が用意してあります。

本日は最近私が読んだ「100円のコーラを1000円で売る方法」を

ご紹介させて頂きます。

2015年4月20日.jpg

1~3巻のシリーズもので全巻を通して

「顧客中心主義の徹底」テーマとし、

マーケィング理論について説明しています。

 

物語は主人公の宮前久美が商品企画部へ

部署移動をしてくるところから始まります。

新しい商品を企画して世に送り出し、戦略を立て商品を売り、

日本だけでなく海外にも進出するまでが描かれております。

過程で起こる問題をマーケティング理論で解決していきます。

ストーリー仕立てで専門用語も少なく、

サクサク読み進めることができました。

 

1巻のテーマは「顧客中心主義への回帰」です。

10個のマーケティング理論が展開されておりますが、

このうち印象に残った3つを紹介したいと思います。

 

【事業の定義】

事業の定義は二つあり、商品を売るのが「製品志向」、

顧客に求められる商品やサービスを提案するのが「市場志向」。

後者が時代の流れに対応でき永続的に発展していくと考えられています。

ファンデリーは企業理念「一人でも多くのお客様に健康で楽しい

食生活を提案し豊かな未来社会に貢献します」にある通り、

「市場志向」に該当しています。

企業理念に照らし合わせて行動することが成功の秘訣であり、

より大事にしていかなければと感じました。

 

【顧客満足のメカニズム】

「顧客が感じた価値-事前期待値=顧客満足」

顧客の事前期待値を100%満たしただけでは0点。

お客様のご要望に一つ一つ答えていくことは大切なことですが、

それだけでは満足を得ることはできないと思います。

お客様自身が気づいていない様なお悩みを見つけ

解決策を提案していくことが大事であると学びました。

 

【バリュープロポジションの戦略】

顧客の立場に立って自社の商品やサービスを見つめること。

①顧客が望んでいて

②ライバルが提供できない

③自社が提供できる価値

顧客自身が気づいていないような価値の提供が重要。

私の考えるファンデリーのバリュープロポーションは

お客様との全ての電話対応を栄養士がしており、

「数値を改善する」という目的で食事をお届けしているところです。

バリュープロポーションをもっと広めるよう努力し、

より高いサービスを目指していきたいと感じました。

 

まだ障りの部分しか理解できておりませんが、

本書を読んでイメージが変わり

マーケテイング=顧客満足 だと感じました。

もっと関連する本を読み、ファンデリーの栄養士として

お客様に提供できるサービスについて考え、

たくさんの方を笑顔にして差し上げられるよう頑張ってまいります!

------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは。本日は大浦が担当致します。

気温が不安定な毎日が続きますね。

寒さが得意ではないので、春らしく、さわやかで温かい陽気がとても恋しくなります。

ポカポカとした日には、外に出てに過ごしたい!と思い、

先日は早朝から近くの河川敷で野球観戦をしてきました。

150416.JPG

全力で野球をする選手を見て、自分も観戦するだけでなく

アクティブに体を動かしたいと思いました。

どんなスポーツに取り組もうか考え中です。

 

さて、皆様は「日本人の食事摂取基準」をご存じでしょうか。

私たちが健康を維持・増進するために、【何をどれだけ食べたらよいか】

その基準を示したものが「食事摂取基準」です。

こちらは5年ごとに改定され、厚生労働省から発表されているものです。

私が初めて学んだのは大学生の時でした。

私は食事摂取基準の内容を学習する中で

「科学的根拠に基づいた、有力なデータ集」であること、

またそれは専門的で、奥深いものなので

私たち栄養士が一般の方へ「分かりやすく発信」することが

役目であると気づかされました。

 

今回は2015年の最新版から「エネルギー」と「塩分」についてご紹介します。

2010年版までのエネルギー摂取の考え方(指標)は

「カロリー」だったのですが、今回から「BMI」に変更されています。

食事で体重管理をされていらっしゃる方等、エネルギー摂取は

多くの方がカロリーのコントロールを重視されていると思います。

しかし、健康の保持・増進、生活習慣病予防の観点からは、

エネルギー摂取量が必要量を過不足なく充足するだけでは不十分であり、

望ましい BMI を維持するエネルギー摂取量(=エネルギー消費量)で

あることが重要と定義づけられています。

「BMI」は 体重(kg)÷(身長(m))2

で算出することが出来ます。

食事摂取基準では以下の目標範囲が示されています。

150416-2.jpg

※男女共通 ※あくまでも参考

※観察疫学研究において報告された総死亡率が最も低かったBMI を基に、

 疾患別の発症率とBMI との関連、死因とBMI との関連、

 日本人のBMI の実態に配慮し、総合的に判断し目標とする範囲を設定

 

さて、皆様のBIMはいかがでしょうか。

体格や疾患等の兼ね合いももちろんありますが

参考にされてみるのが良いかと思います。

BMIが目標範囲より高い方は、摂取・消費エネルギー量の

コントロールが必要になる可能性があります。

 

続いて「食塩相当量」についてです。

2010年版に比べ、目標量が変わったことは

新聞などにも多く取り上げられていますね。

15歳以上の男性は8g(2010年版は9g)、女性7g(同7.5g)としています。

こちらの摂取量変更の意図としては、より「高血圧予防の観点」から

検討された目標の設定です。

現状、日本人の食塩摂取量の平均は、男性で11.1g、女性で9.4gであり

(平成25年度の国民健康栄養調査より)

今一度、摂取量厳格化を受け、減塩の心がけが必要に感じます。

 

簡単にご説明させて頂きましたが大切なこととして、

ご自身の健康状態を把握することが一つではないでしょうか。

エネルギー摂取が適切であるかは体重、

塩分摂取が適切であるかは血圧など

その他、血液検査や尿検査の結果等でも確認することが

出来るかと思います。

 

ミールタイムでは栄養士がお電話で血液検査の結果を

お伺いし、お食事のご相談に乗らせていただいております。

ぜひ、お体の状態を共有しながら、

自分は何をどれだけ食べればよいかの疑問を

一緒に解決して参りましょう。

私たちはなるべく、「専門的」な難しい言葉を使うのではなく

誰でもわかりやすく噛み砕いた言葉使ってご説明することを

心がけ、電話をお待ちしております。お気軽にご相談ください。

 

※参考 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2015/4/15アクセス

------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは。峯岸です。

最近、東京では雨が続いておりますが、4/12(日)は久しぶりの行楽日和でした。

そこで、新入社員歓迎会として皆でBBQを行いました♪

20150415_7.jpg 20150415_9.jpg

20150415_3.jpg 20150415_8.jpg

20150415_5.jpg 20150415_10.jpg 20150415_6.jpg

「美味しく楽しく健康に」を意識して、お肉だけでなく、魚介類や野菜、パンやおにぎりなど

栄養バランスと見た目の華やかさを意識した内容で、皆でワイワイ頂きました。

もちろん、食べ過ぎ・飲みすぎに注意していますよ♪

 20150415_13.jpg 20150415_16.jpg

20150415_14.jpg 20150415_11.jpg

お客様に対する想いや今後の意気込みなど真面目な話から、

休日の過ごし方や趣味といったプライベートの話まで、青空の下、たくさん語り合いました。

また2年目社員が考えてくれた全員参加の二択ゲームを行い、大いに盛り上がりました。

20150415_4.jpg 20150415_1.jpg 20150415_18.jpg 20150415_12.jpg

 20150415_15.jpg 20150415_20.jpg 20150415_17.jpg

今年は子供連れで参加したメンバーが増え、より賑やかな会になりました。

産休・育休をしたり、時短勤務をすることで活躍できる環境があること、

そして毎年、仲間が増えていくことに喜びを感じます。

 

このように会社が成長できているのは、お客様や取引先様、医療機関様の皆様が

いてくださっているからです。心から感謝申し上げるとともに、皆様に貢献できるよう

努力し続けてまいります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

20150415.jpg

お客様の健康と幸せを願って、ファンデリー全員で一食二医社会の実現を目指してまいります!

------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

皆様こんにちは。駒林です。

最近、ファンデリー内では、研修や勉強会の企画が

新たに行われており、わくわくする日々です♪

 

先日読んだ雑誌に

「スティーブ・ジョブズの価値創造の企業セオリー」をいう記事がありました。

スティーブ・ジョブズ氏といえば、あのアップルを成功に導いたことで有名ですが、

彼の一番の貢献は何だったと思いますか?

 

製品や計画、経営手法と思われる方も多いのではないかと思います。

しかし「価値創造の企業セオリー」が彼の一番の功績といわれています。

ウォルト・ディズニーも同様といえます。

 

ある業界で優れたポジションを確保していたとしても、

いつかその業界が縮小したときに

逃げ道を見つけられずに衰退してしまいます。

 

しかし、アップルは幅広い業界と製品カテゴリに及んで

多くの方から選ばれる商品を生み出しています。

 

ジョブズ氏は価値創造の企業セオリーに基づき、

下記のように経営を行ったそうです。

 

消費者は使いやすさと信頼性、そしてコンピューターやその他のデジタル機器の

洗練された使用感に対してプレミアム価格を支払う。

そしてこれらを実現する最も優れた手法は、比較的閉じられたシステムと

大幅な垂直統合、そしてデザインを厳しく管理することである。

 

言葉だけをみると難しそうですが、

私は企業として勝ち残っていく、そして多くの方に貢献できる時間や資金を獲得するために

一つの分野や商品での成功だけでなく、

それを多方面の業界にリンクしていくことが必要であると感じました。

 

利益をいただくことは、皆様にそれ相応の価値を与えてこそです。

そのために私たちは努力を惜しみません。

困難や苦行に合った時に、見失わずに守るべきこと、

その指針になるのが、企業セオリーだと思います。

 

私たちファンデリーはヘルスケア企業No1を目指します。

食事通販「ミールタイム」や栄養士様向けコミュニティサイト「フーディッシュ」等々

一人でも多くのお客様に健康で楽しい食生活を提案するべく、

さらに拡大できるよう、一歩一歩、そして前へ前へ進んでまいります!

20150413.JPG

東京では桜は葉をつけ始めましたね。

来年の春も皆様が笑顔できれいな桜をみれますように。

------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

今週は桜の季節を忘れてしまいそうな寒さが続きましたね。

急な気温の変化でご体調を崩されないようにお気を付け下さいね。

本日は、私岩永が「ファンデリー図書」から読んだ一冊を

ご紹介させて頂きます。

150409.jpg.jpg

『プロフェッショナルマネジャー・ノート』

 

この本は、1959年ITT(アメリカ合衆国の元・国際電話電信会社)の

社長兼最高経営責任者に就任しハロルド・シドニー・ジェニーン氏の

『プロフェッショナルマネジャー』からポイントを抜き出し図解などで

わかりやすく再編集された本です。

 

ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏がまだ経営者ではない時に

『プロフェッショナルマネジャー』を読み多くの事を学び、

その後ユニクロを全国チェーンに展開したとされる本です。

 

私が今回この本を読んで心に響いた言葉は

『唯一の本当の間違いは”間違いを犯すこと”を恐れることである!』

という言葉です。

 

私は商品開発やカタログ作成をしています。

新しいモノを生みだす中で、失敗や間違えなどもございます。

失敗をしてしまうと、二度とそのようなことを起こさないようにしようと思う反面、

次にまた何か起こしてしまったらどうしよう、という不安な気持ちにもなります。

 

本文中に、

『ジェニーンは厳格な経営者でしたが、部下たちがときには間違えたり、

たまには過失を犯したりするのは恥でも不面目でもないと

本気で考えていました。過失はビジネスにつきものの一面でもあり、

重要なのは自己の過失に立ち向かい、それらを吟味し、

そこから学び、自己のなすべきことをすることだと明言しています。』

とあります。

 

失敗をしたときに、また失敗をしてしまうのではないかと思い

情熱を失ってしまった時が一番つらいことだと思います。

開発や作成することは、お客様からお喜びの声やご意見を頂き

とてもやりがいのあることです。

多くのお客様においしいお食事やよりよいサービスを

ご提供できるよう、私自身情熱を持ち続け

また部下にもそのように伝えていきたいと思います。

 

今後とも、お客様に健康で楽しい食生活のために

頑張って参ります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。佐久間です。

ファンデリーには社員が自由に借りることができる本

通称「ファンデリー図書」がございます。

本日はファンデリー図書の中から、是非お勧めしたい一冊をご紹介致します。

 

松井 健一著 【君がいないと困る!】

20150407.jpg

この本の第4章にある1節がとても印象的でした。

(以下抜粋…)

 〔逃げの気持ちを捨て去れ!〕

  …人間は弱い生き物だ。ちょっとでもつまづくと、すぐに弱気の虫が顔を出す。

  それを追い払うことができる人が、いつも前向きに行動できる人なのである。

  つまり自らを叱咤激励して、意識的に強気の状態を作り出しているのだ。

 

この本を読み、強い志を持つこと、仕事を楽しむこと、決して自惚れないこと等

仕事をする上で大切なことを学ぶことができました。

【君がいないと困る!】というタイトルにもあるように、

会社に本当に必要とされる人となれるよう、

日々努力を重ねていきたいと思います。

 

ファンデリーは読書家が多く、1冊の本について議論する

食事会も開催されています。

本を読むことで学び、仲間と共有できるという雰囲気を

大切にしてまいります。

そして、本から学んだことを活かし、一人でも多くの方を

健康で幸せにして差し上げたいと思います!

今後とも宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

 

こんにちは。本日ブログ担当の新海です。

桜の季節、新しい年度の始まりです。

ファンデリーにも新しい仲間が8名加わりました。

栄養相談がしたい、メニュー開発がしたい、カタログ作成に携わりたい等々、

皆、それぞれの想いをもって入社してくれたことだと思います。

 

わたし自身、入社して6年目を迎えますが、今でも変わらず、

”ファンデリー栄養士” としてお仕事ができることに感謝の毎日です。

喜んでくださるお客様の笑顔、「ありがとう」という言葉に支えられ、

社会に求められていることに嬉しさと誇りを感じながら日々過ごすことができています。

 

仕事をしていると、乗り越えられないような壁に当たることも沢山ありますが、

新入社員の皆には、どんなときでも、ファンデリー栄養士としての誇りをもち、

一人でも多くのお客様に健康で楽しい食生活を提案し、豊かな未来社会に貢献します

という弊社のビジョンを忘れずに、前へ前へ進んでほしいと願っています。

 

最後に、わたしが入社前に読んだ松下幸之助さんの本の中で、

新入社員の皆にお伝えしたい言葉を紹介します。


自分が好きな仕事をする のではなく
自分の仕事を好きになる

(『松下幸之助 新入社員に贈ることば』より)

 

与えてもらった境遇に感謝し好きになれば、毎日が本当に幸せに感じられます。

好きなことは、大変なことでも、前向きに乗り越えられますものね。

 

今後も、「ファンデリー愛」を育み、より多くの方々の幸せに貢献して参ります。

20150406.jpg

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは!本日のブログは宮下が担当です。

先日満開だった桜も東京ではすっかり葉桜になり、

季節の移り変わりは本当に早いと感じている今日この頃です。

気づいたらあっという間に1年も終わってしまいそうですね。

1日1日を大切に過ごしていきたいと改めて感じました。

 

さて、私はこの4月でファンデリーに入社し4年目となります。

4年目にもなると、今までとは異なり、自分自身の仕事を

滞りなく遂行すること以外にも、部門や会社をどう動かしていくか、

自ら考えて行動することが求められると思います。

最近、ファンデリー図書で4年目の私にぴったりな本を

見つけたので、ご紹介させて頂きます。

 

「5年後も会社から求められる人、捨てられる人」という本です。

 

著者は経営者JPの代表取締役社長を務められる方で

ご自身の人材コンサルタントの経験をもとに

会社から「求められる人」「捨てられる人」を一般論ではなく、

“企業の生の目”として分かりやすくまとめられています。

 

「求められる人」のたくさんある項目のなかで、

私が特に共感できたものを少しご紹介します。

 

◆成功体験を法則化できる人

…他者の成功体験を分析して、自分のオリジナル成功方程式を作っていける

◆「繰り返すこと」をあなどらない人

…習慣を身につけ、軌道修正し続けていける

◆仕事に「面白い」を見つけられる人

…どんな仕事にも「面白がれる」点を見つけられる

◆“プロ”の本当の意味が分かる人

…1を要求されたら、2以上で返す

 

どれも今の私に足りない部分であり、私が更に成長するために

必要な点であると大変共感できました。

今回ご紹介した本のタイトルのように「5年後も会社から求められる人」

となれるよう、そして多くの方を健康で幸せにして差し上げられるよう

向上心と努力を忘れず日々精進していきたいと思います。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

20150406.JPG

写真:大好きで尊敬できる上司と共に

   左から新海、宮下、駒林

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは。本日ブログ担当の砂糖です。

本日は、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

「真に偉大な企業が実践するシンプルな法則」をご紹介させて頂きます。

 

海外の上場企業2万5,000社超のデータを分析した結果、優れた業績を上げ続ける

企業が取る行動は下記の3つの法則に基づいているという内容です。

 

【法則1】

低価格より高価格を重視する。

→言葉を換えるなら、価格よりも差別化を武器に競う。

 

【法則2】

コストより売上を重視する。

→コスト低減より売上増加を優先する。

 

【法則3】

従うべき法則は、以上二つだけである。

→法則1と法則2を守るため、必要な変更を行う。

 

「競争環境の変化に応じてこれに則った方法を

臨機応変に積極的に追及するために、

組織の高い創造性が必要である」

簡潔にかかれた文章ですが、大変感銘を受けました。

 

どのような企業でも成功し続けるには難しく、

実現可能な戦略を見つけるために、創造力が必要と感じます。

努力をし続け、常に明るい未来を創っていきたいと思います。

201504020001.jpg

先週末、家族で花見をしてきました。

春は別れと出会いありますが、桜の季節はやっぱりいいですね。

新年度、新入社員を迎え、新たな気持ちで邁進して参ります。

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

こんにちは。峯岸です。本日は、入社式がとり行われました。

私は、毎年仲間が増える、この日が大好きです。

2015年度は、元気な栄養士8名が入社しました。

20150401.jpg

後列から       大西、七原、石井、髙野

前列から       淵江、山口、𠮷田、渡部

 

入社式の企業理念暗唱を終えると、改めて

「仲間」になったと感じられます。

 

緊張した面持ちで、期待感に胸を躍らしている姿は

とても可愛らしく、愛おしいです。

研修責任者が中心となって、これから3ヶ月間

新入社員研修を行います。

こちらのブログでは研修終了後の7月頃に

自己紹介させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

20150401_2.jpg

そして、昨日は2016年度入社予定者と交流会を行いました。

20150401_4.jpg

素敵な仲間たちに出会え、嬉しく思います。

栄養士として、食事相談だけでなく、メニュー開発やカタログ作成、

メーカー様へのご提案や人事総務など、幅広いことができることが

ファンデリーの面白いところです。簡単ではありませんが、

やりがいがあり、社会貢献できる素敵な仕事です。

1年後の皆の入社を楽しみに待っています!

 

ファンデリーの創立は2000年、今年で15周年を迎えます。

会社が存続できていることと、仲間が増え会社が成長していること、

すべては、私たちを求めてくださっているお客様や

支えてくださっている取引先様、食で健康な方を増やしたいと

同じ想いで頑張っていらっしゃる医療機関様のご協力のおかげです。

心より感謝申し上げます。

 

皆様のご期待に添えるよう、お客様の健康と幸せを願い、

役員・社員一同、一丸となって進んで参ります。

2015年度も何卒宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

アーカイブ