mealtime akabane

「へるしごはん」「ラカントS」社内講演会

blog_henmi.gif

いつもこのブログをご覧になって頂きまして、
誠にありがとうございます。

先日、社内にサラヤ株式会社様にお越しいただきまして、
「へるしごはん」「ラカントS」の商品詳細についてと、
ここ最近の糖尿病治療などに関する世界的な動きなどを
お話頂きましたので、その様子をご紹介致します。
20160725-1.jpg
血糖値のコントロールにおいて、糖質摂取の仕方はとても大切です。
最近注目されている「ロカボ」という言葉を皆様ご存じでしょうか?

糖質制限は糖尿病治療における、対策の一つですが、
緩やかに糖質を制限をするという意味の「ロカボ」です。
極端な糖質制限のローカーボではなく、
1日で70~130gを目安に糖質を抑えつつ摂取することで、
長く継続しやすいのです。

サラヤ様で発売している、「へるしごはん」は
糖質を36%カットしたご飯です。
こちらのご飯は、大麦や高アミロース米を使用しているため
食物繊維が精白米と比べて9倍も含まれています。
20160725-2.jpg
お話の中で、糖尿病は空腹時血糖だけではなく、
食後の血糖値も重要であるというお話をして頂きました。

食後の血糖値が高いという方は、糖質を制限するだけではなく、
食物繊維を摂取することで、血糖上昇も緩やかにしてくれます。
「へるしごはん」は、食後血糖を気にする方にお薦めのご飯です。

ご講演の中で、アメリカ人の糖尿病患者様のインスリン分泌量と
日本人の健常者の分泌量が同じくらいだという発表もあると伺い、
大変驚きました。それだけインスリン分泌が少ないという事は、
日本人が糖尿病になりやすい体質であるという事が納得できますね。

高血糖が続く事で、認知症にもなりやすい事も分かってきています。
糖尿病患者様に限らず、糖質について、普段から気を配っていくことは、
必要な事だと思いました。

またミールタイムをご利用して下さるお客様でもご利用者の多い
「ラカントS」ですが、その製造工程も、大変興味深いものでした。
20160725-3.jpg
限られた生産地でしか羅漢果の実が取れないですし、
その中で手間暇かけて生成されるものですので大変貴重です。
カロリー0なので、糖尿病の患者様でも安心ですね。

予備軍も含めて、糖尿病患者が増えているのは事実です。
糖質に関する考え方は、色々ありますが、
少しでも数値改善に繋がるよう、考え抜かれた商品は
とても魅力的で、世の中にとっても必要とされるものだと感じました。

最後に、サラヤ株式会社様ご講演、誠にありがとうございました。
今回の貴重なご講演を参考に、より多くの方へ、
商品の魅力をご紹介をして参ります。
----------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

アーカイブ