mealtime akabane

ドライブ小旅行

blog_kamizono.gif

先日、1週間夏季休暇を頂き、帰省をしつつ、
色々なところにドライブしてきました。
まずは和歌山県へ行って参りました。

~三段壁~
三段壁は和歌山の白浜にある長さ2km、高さ60mに及ぶ
柱状になった岩が並んだ大岩壁です。
ドラマに出てきそうな断崖絶壁で、とても雄大なところでした。
20160829-1.JPG

~三段壁洞窟~
三段壁の地底36mに広がる三段壁洞窟は、
古くは平安時代、源平合戦に出てくる熊野水軍が
船を隠したという伝説の洞窟です。
この中は、岩に打ち付ける波しぶきを間近で見ることが出来、
とても迫力ある景色が楽しめます。
その他にも熊野水軍番所小屋を再現したものや
パワースポットでもある牟婁大辯才天がありました。
洞窟なので涼しいと思いましたが、意外にも蒸し暑かったです。
20160829-2.JPG    

~白浜海岸~
お昼は海の幸を堪能した後は、海岸を散歩しました。
海には入りませんでしたが、白い砂浜に並ぶパラソルが
とてもきれいで、ぶらぶら歩くだけでも十分楽しめました。
20160829-7.JPG

20160829-3.JPG

~和歌山マリーナシティ~
和歌山の締めくくりは、和歌山マリーナシティでした。
新鮮な海産物を堪能できる黒潮市場や
フランスやイタリア、スペインの街並みを本格的に再現した
ポルトヨーロッパなど楽しめるところいっぱいで
時間がすぐに過ぎてしまいました。
20160829-4.JPG

20160829-5.JPG

20160829-8.JPG

また別の日には、琵琶湖周辺を車で走って浮御堂へ立ち寄ってみました。

~浮御堂(満月時)~
浮御堂の創建は平安時代とされ、琵琶湖の安全と
多くの人を救うことを祈願して建立されたと言われています。
それから浮御堂は、再建や修理をしながら
1,000年以上琵琶湖を守り続けてきたそうです。
この話を知った後に観る湖上にあるお堂は、とても神秘的でした。
この景色は、かの有名な松尾芭蕉をはじめ多くの人々に愛されたそうです。
20160829-9.JPG

20160829-10.JPG

最後は、兵庫県まで景色を見に行きました。

~明石海峡大橋~
明石海峡大橋は、世界最長のつり橋と知っていたので
ずっと前から渡ってみたかったところでした。
天候に恵まれ、淡路SAでは、兵庫の街並みを一望も出来ました。
淡路島は他にも観光出来るところがたくさんあるので、
次のお休みでは、島一周旅行をしてみたいです。
20160829-11.JPG

兵庫県に行った本当の目的は、明石海峡大橋を渡るためではなく、
95歳になる祖母に会いに行くためでした。
高齢ですがしっかり話もでき、とても元気そうだったので、
これからも長生きしてもらいたいと心から願っています。

家族だけでなく、より多くの方に健康になって頂きたい想いで
管理栄養士となり、ファンデリーに入社しました。
夏季休暇で、蓄えたエネルギーを日々の活力にかえて
皆様のことを健康に導いていきたいです。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

----------------------------------------------------------------

アーカイブ