mealtime akabane

日本糖尿病療養指導学術集会①

blog_kinoshita-s.gif

先日、「第5回日本糖尿病療養指導学術集会」に参加し、
企業展示を行いましたので、ご紹介させて頂きます。
20180810_5.jpg
第5回日本糖尿病療養指導学術集会
開催日:2017年7月29日(土)~30日(日)
会場:国立京都国際会館
参加人数:約1,400名

日本糖尿病協会様が開催している会で、
医師や日本糖尿病療養指導士(CDEJ)など、
糖尿病に関わる全ての方が参加されています。

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは、糖尿病治療に大切な
自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフです。
この資格は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、
医師の指示の下で患者様に療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、
試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、
理学療法士に与えられます。

今回は弊社から2名が参加し、ミールタイムをご利用頂いている
お客様の数値改善例を報告させて頂きました。
20170814_6.jpg
ミールタイム2017夏号p103の「栄養士おまかせ定期便」に掲載しており、
私の担当であるご利用者様を紹介させて頂きました。
20180814_2.jpg 
20180814_3.jpg 
20180814_1.jpg
ミールタイムを日頃ご活用頂いている栄養士様方や
まだミールタイムをご存知でいない医療従事者の皆様から
「宅配食でこんなに数値が下がるんだ!」
「栄養士がサポートについているから安心だね。」
「制限数値に合わせて栄養士が選んでいるんだね。」
「退院後はなかなか食事に関して、
相談できない方もいるから安心して紹介できるね。」

などと多くの嬉しいお声を頂きました。

ミールタイムカタログやミールタイムネットの数値改善ハッピレポートなどでは、
お客様の数値改善例を報告させて頂いておりますが
医療従事者の皆様には、なかなかご報告できていないのが現状です。

今回の会は栄養士が対応しており、患者様の数値改善に
取り組んでいることをお伝えすると同時に、
医療機関様と共に患者様のQOL向上の為に、
数値改善を宅配食でサポートさせて頂きたいという想いを
たくさんの参加者様に直接お伝えできた貴重な機会でした。

今回の会のテーマ「あなたの一歩が患者さん、施設、地域を変える」にある通り、
医療に携わるすべての人が繋がっていくことが大切です。
患者様のご自宅での食事療法はミールタイムにお任せ下さい!
と、しっかりとお伝えすることができました。

ブースにお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。
普段は電話にてお客様とお話ししていることが多いため、
こういった学会を通して、沢山の医療従事者様や企業様と
直接お話が出来る機会は、とても新鮮で、学ぶことも多くあり、
本当に充実した2日間を過ごすことが出来ました!
このような機会を通して、医療機関ネットワークを広げ、
カタログ作成やサービス向上に活かしてまいります!
---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------



アーカイブ