mealtime akabane

アーカイブ

亀田製菓様 社内講演会

blog_kamizono.gif

先日、亀田製菓様にご来社頂き、
減塩 亀田の柿の種」の社内講演会を実施致しました。
20180615-2.jpg
亀田製菓様といえば、「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」など、
数多くの有名商品を手掛ける、米菓売上国内トップの企業様です。

皆様も「亀田の柿の種」は、一度はお召し上がりになったり、
目にされたりしたことのある、馴染み深いお菓子だと思います。
20180615-4.jpg
「亀田の柿の種」は、
トレンド・季節に合わせた味の展開や、
食シーン・ターゲットを変えた取り組みで
様々な種類が販売されています。

その中でも今回は、日本人の減塩に着目した、
「減塩 亀田の柿の種」についてお話し頂きました。
20180615-3.jpg
(200g 減塩 亀田の柿の種6袋詰)

「減塩 亀田の柿の種」は、通常の「亀田の柿の種」の
美味しさをそのままに、塩分を30%オフした商品です。
(「200g 減塩 亀田の柿の種6袋詰」と
 「200g 亀田の柿の種6袋詰」を比較)

上記写真の「200g 減塩 亀田の柿の種6袋詰」は、
1個包装あたりのエネルギー157kcal、塩分0,28gです。
個包装になっているので、普段つい食べ過ぎてしまうお菓子を
"この1袋だけ"と決めれば、エネルギー調整がしやすくなります。
20180615-5.jpg
通常の「亀田の柿の種」で使用しているオリジナル醤油を用いることで、
コクのある醤油風味はそのままに、減塩醤油とブレンドして、
美味しさをキープしながら塩分をカットされているそうです。

さらには、特殊なアミノ酸などを使用した
「亀田製菓様独自のレシピ」で味付けし
深みのある"醤油のコクみ"をアップしていると仰っていました。

「減塩 亀田の柿の種」が商品化されるまでの
開発期間は、なんと10年もかかったそうです。
オリジナル醤油と減塩醤油のブレンドに
時間がかかったと教えて頂きました。

実際に、「減塩 亀田の柿の種」と「亀田の柿の種」の
食べ比べをさせてもらいました。
20180615-1.jpg
2つの商品を交互に食べても、
全く味の差は感じられず大変驚きました。
両方とも食べ慣れた「亀田の柿の種」の味で、
とても美味しかったです。

亀田製菓様では、お客様から寄せられるお問い合わせで、
塩分に関することは年々増加しており、
減塩の柿の種の商品化を望むお声が多かったそうです。

沢山のお客様から愛されている商品だからこそ、
疾患があっても「亀田の柿の種」を食べたい
というお声が多いのだと思いました。
また、お客様からのご要望を叶えるべく、
ここまで美味しさをキープしながら
「減塩 亀田の柿の種」を商品化された
亀田製菓様の企業努力に感銘を受けました。

今日の日本は、健康志向が上昇する中で
食文化から塩分過多が注目された結果、
沢山の減塩商品が販売されています。
しかし、減塩は健康に良さそうだけど美味しくなさそう
というイメージを持っている方が多いのが現状です。
「減塩 亀田の柿の種」は、そのイメージを払拭させる
美味しい商品の1つだと思います。

減塩をはじめとした食事療法は、
継続することで、その効果を発揮します。
ただ美味しくなければ継続は難しくなります。
「減塩 亀田の柿の種」のように、
減塩でも普段食べ慣れたものと変わらない味であれば、
多くのお客様が食事療法を継続でき、
さらにはQOLの向上に繋がると感じました。

最後になりましたが、
お忙しい中、貴重なご講演を賜りました
亀田製菓様に御礼申し上げます。
今回、学ばせて頂きましたことを活かし、
一人でも多くのお客様の健康のために、
弊社一同邁進して参ります。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

大阪で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-----------------------------------------------------------

前の1件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11