2013年11月アーカイブ

14.パン作りトライアル

 

 先週の金曜日に、パン作り講習を修了した母親たちに、トライアルとして自分たちでパン作りを行ってもらいました。

 まずは、300個のパンを作るためには、何Libraの小麦粉が必要で、砂糖はいくら必要か・・・。

CIMG2110.JPG

 10Libraの小麦粉分で書かれたレシピを見ながら、あれでもないこれでもないと相談しています。小麦粉は25Libraと伝えたところで、全ての材料を2.5倍にすればよいという考え方がわからなかったようです。説明しながら一緒に計算しましたが、ちゃんと理解してくれたか少し不安なので、次回以降の課題となりそうです。

※計量の単位はgグラムではなく、Libraリブラ【=ポンド】を使います。1Libra=16 Onza【オンス】 1Libra=約454g という日本人には慣れない単位なので、私もまだ計算に戸惑ってしまいます。

CIMG2123.JPG 

 材料の分量がわかったところで、今まで行ってきたことを思い出し、着々とパン作りを進める母親たち。小さい窯なので、窯内の温度も均一でなく、焦がさずに焼くのが難しいのです。少し焦げたものの、上手く作ることができました。何より、作り終わったときの笑顔が素敵でした。

CIMG2130.JPG

CIMG1738.JPG

(カメラの前だと緊張して笑顔が出ないのが残念!!) 

 

 このトライアルを通して母親たちに自信がついたことだと思います。この調子で、徐々に給食提供や販売ができるようになるようまでサポートしていきたいと思います。小さな一歩となったと実感でき、とても嬉しい一日でした。

 

                                                                                                                                                      

☆ひとことスペイン語

Una libra de azúcar,por favor.(ウナ リブラ デ アスカル ポルファボール)

=1リブラの砂糖を下さい。

13.グアテマラの野菜や果物

 

 こんにちは、新海です。11月も下旬にさしかかりましたね。

 

 グアテマラの気候は、5~10月までが雨季11月~4月までが乾季と言われており、雨季を冬乾季を夏と呼んでいます。ツヌナ村では、まだ雨季が終わりきっておらず、スコールのような雨が降る日もあります。

 中米と聞くと、熱帯雨林気候で、年中暑いイメージでしたが、一日の寒暖の差が大きく、昼間は暑くても、夜はコートやジャケットを着ています。山間部ではヒートテックやタートルネックが活躍しているようです。

 

 さて、今日はグアテマラのお野菜や果物を紹介したいと思います。

 ツヌナ村ではなかなか手に入りませんが、ボートに乗って40分。パナハッチェルというソロラ県の中で最も賑わっている街にでれば、大きな市場があります。わたしが住んでいるサンフアンでも、週末の午前中に市場が開きます。

 IMG_2155.JPG

 

 トマトや玉ねぎ、人参など日本でも馴染深いお野菜は年中売られていますが、季節や月によって売られているお野菜や果物の種類が少し異なります。日本でいう“旬”が存在していることに驚きました。

 今の時期は“ホコテ”と“パカヤ”をよく目にします。

CIMG1707.JPG

ホコテ(jocote)

熟れていない緑色のものや、よく熟れたオレンジ色や赤色の物が売られています。また、ジャムを作って道で売っている女性もみかけます。ビタミンCに富んでいます。

 

 

DSCN2213.JPG

パカヤ(pacaya)

茹でてから、卵炒めやスープにして料理します。このままだと少し苦味があります。カルシウムに富んでいます。

 

 日本では見たことにないようなお野菜や果物が沢山あり、とてもわくわくします。知らない食べ物に出会う度に、すぐに試してみて、栄養素を調べます。 わたしは、今まで出会ったグアテマラ料理はどれも大好きで、現地の人と同じものを食べながら生活していることに日々喜びを感じています。

 

 ただ、こんなにも沢山のお野菜や果物に富んでいるにも関わらず、経済的な問題や料理の仕方がわからないという理由から、ツヌナ村の一般家庭では、なかなかお野菜を食べられていないということが、栄養調査を通して明らかになってきました。

 

 栄養センターでの食事はお野菜を沢山使うよう心がけています。そして、母親たちと一緒に料理することで、野菜の使い方を習得し、野菜の美味しさを実感してもらっています。言葉ではなかなか伝えられなくとも、実感してもらうことが一番だと感じています。

IMG_2315.JPG CIMG1393.JPG

 

 

日本では急に冬のような寒さになったと伺っています。

おでんの美味しい季節ですね。温かい食べ物を食べて、身体を温めてくださいね。

 

☆ひとことスペイン語

Agua(アグア)= 水

Agua pura,por favor!(アグア ピュラ ポルファ ボール)=ミネラルウォーター下さい。

雨という意味もあり、口語で Hay agua.(アイ アグア)=雨です。

と使われることもあります。

12.バケーション講座

 

こんにちは、今日はタイトルにあるように、バケーション講座を紹介します。

グアテマラの教育制度は1月に始まり、10月半ばに終わります。

子どもたちは、10月半ばから1月まで、2ヶ月半が休み、バケーション期間なのです。

この期間、特に宿題はなく、子どもたちは家の手伝いや仕事に出かけたり、広場で遊んだりして過ごしているようです。

そこで、財団は11月の1ヶ月間、バケーション期間を子どもたちに有効利用してもらおうと、バケーション中の講座を開催しています。月曜~金曜の平日の午前中、ゲームや図工、音楽等のグループワークを行い、考える力や仲間とともに学ぶ力をつけてもらおうという考えです。また、栄養センターで、いつも母親たちに提供している食事を子供たちにも提供します。しっかり学んで遊んで食事する。健康な生活の基本ですね。

 PB060884.JPG

(少しの時間をもらって“幸せなら手をたたこう”の歌を日本語で教えました。気にいってくれて道端ですれ違うと“歌って~”と声をかけてくれます。)

 PB050868.JPG

 (この日のメニューは野菜たっぷりスープ粥です!みんな美味しいと言って食べてくれました!)

さて、グアテマラに赴任して4か月、元気に過ごしておりましたが、ついに嘔吐と下痢と発熱に襲われてしまいました。

何が悪かったのかは、もはやわかりません。

栄養センターにて、水道水を沸騰せずに作ったアトル(お米やトウモロコシ等で作ったとろっとした飲み物)をがぶがぶ飲んだからか、道端で買ったタマリート(お米やトウモロコシで作った生地にトマトソースを包んで蒸したもの)が良くなかったのか。今まで大丈夫だったので、運が悪かったと考えるしかないようです。確率論のようです。

JICAからは道端で食べ物を買わないようにと言われていますが、ほかに買う場所もないですし…。

2日間寝込んだら、だいぶ回復しました。独りぼっちで病気になると何もかもが不安になりますが、日本でも同じですよね。自分を信じて、助けを求めたら誰かが助けてくれると信じて、明日を信じて日々を過ごしたいですね。

 

☆ひとことスペイン語

Tengo fiebre(テンゴ フィエブレ)=熱があります。

英語のferverと少し似ていますね。

 

11月1日はグアテマラの祝祭日でした。トドスサントス(諸聖人の日/死者を祀る日)です。

前々回のブログで、凧揚げは10月中旬からの遊びと紹介しましたが、凧揚げは先祖とコミュニケーションをとるための手段という考えがあり、この時期の遊びとして根付いています。先週、一緒に活動しているNGO財団ビバモスメホールのクラスでも凧作りの授業がありました。

IMG_2725[1].JPG

 

CIMG1918.JPG

IMG_2726[1].JPG  

 そして、グアテマラでも大きなお祭りのひとつ、泥酔競馬レースを見学してきました。

 DSCN1414.JPG

グアテマラ第二の市、ケツァルツェナンゴから車で5時間、トドスサントスクチュマンという町は、男性が子供から大人まで同じ民族衣装を着ることで有名な町だそうです。

CIMG1993.JPG

 この日はお祭りでしたが、普段着として、いつもこの民族衣装をまとっているとのことです。このような文化が残っている村はグアテマラでも数少ないので、とても貴重な光景です。

 

 DSCN1464.JPG

 

 

さて、日々の活動では劇的な変化はないですが、ちょっとしたことに一喜一憂の毎日です。引き続き、食事提供や身体測定、ヘモグロビン測定、家庭訪問、栄養調査を行っています。

 

CIMG1844.JPG

衛生講習(手洗いや歯磨きの大切さをクイズ形式で伝えました)

 

 CIMG1711.JPGヘモグロビン測定(痛いと感じないように日々模索しています)

 

CIMG1768.JPG

 

食事前の手洗い指導

(食事前に手洗いをするという日本では当たり前の習慣がまだ根付いていません)

 

お母さんたちに、毎日栄養センターに来て食事をとることが大事だと伝え続けていますが、好んで栄養センターに来るお母さんたちはまだ少数派です。家の仕事が大事、慣れない食事を食べたくない、地理的に不便等々、様々な理由で、期待しているようになかなか人が集まらないのが現状です。

社会貢献を続けることはとても難しく、忍耐力が必要だと痛感しています。何か手助けしたいという私たちの気持ちと、受け入れる側の村の人々の気持ちが一致していないのが現状です。

 

着任時にJICAグアテマラ所長から頂いた言葉を思い出します。

下記の4つの“こと”が個々に存在しているとして、それらが重なったとき活動はうまくいく。そのためには、自分たちの“できること”を大きくするために努力するべきだ、という話でした。

私たち     “やりたいこと”、 “できること”

コミュニティ  “望んでいること”、“必要なこと”

 

まだまだ私自身は言葉も知識も経験も不足しているので、それらを補いながら日々“できること”を増やし、少しでもコミュニティが“望んでいること”“必要なこと”を提供できるように努力したいと思います。

 

☆ひとことスペイン語  

Lindo!またはLinda!(リンド、リンダ)=かっこいい!素敵!

男性に対しては、Lindo! 女性に対してはLinda!を使います。


管理栄養士 新海麻由

ひとりでも多くの子どもたちに健康と笑顔を届けられますよう、自分にできることを精一杯取り組みます!

赴任地

グアテマラ共和国
ツヌナ村(Tzununa)

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

  • テストカテゴリ

アーカイブ