2014年1月アーカイブ

 

こんにちは。

今年、グアテマラでのJICAボランティア事業が25周年を迎えるということで、先日、首都にて式典が開催されました。

IMG_0243.JPG

 

グアテマラ日本大使館やグアテマラ外務省の方々が出席して下さった中で、わたしたちボランティアの活動を発表させていただきました。

DSCN4525.JPG

 

テレビや新聞にも取り上げて頂いたようです。

 

 IMG_3378[1].JPG

 

 

また、夜には、日本大使公邸にご招待して頂き、川原大使と任地の様子や、活動についてお話させて頂きました。

 

また、翌日には、半年に1回行われている安全対策協議会に出席してきました。

1年間に起こった犯罪件数や、犯罪例を挙げていただき、日本や近隣諸国との比較を交え、犯罪に遭わないためには、どのような対策が必要かを改めて考える機会となっています。

 

首都での生活は、慣れてくると大変快適で、日本と変わらず安全のような錯覚に陥ることがあります。

しかし、首都生活に慣れているグアテマラ人の友人と行動していても、車の中で携帯や電子機器は使わない、携帯は盗まれてもいいように2台用意している等々、当たり前の感覚として身についているようで、潜在的な警戒心が強く、安全への自己管理意識の高さに学ぶことが多いです。

 

危険と言われているグアテマラの中で、こうして25年間、ボランティア事業を続けられているのは、JICA関係者の方々、そして先輩ボランティアの方々の努力の賜物だと痛感しています。

 

警戒心を忘れずに、安全管理を行うことで、防ぐことのできる犯罪も多いようです。

わたしも、自らが被害者にならないよう意識を高く持ち、本来の活動に励みたいと思います。

 

2014.1.23 JOCV隊員・専門家との懇談.jpg

 

 

☆ひとことスペイン語

Whisky(ウイスキー)=ウイスキー 

日本語と同じですね。写真を撮るときに、日本語の“ハイ、チーズ”の代わりに、“whisky”と掛け声をかけます。

19.新年度の始まり

 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

グアテマラでのお正月料理は、クリスマスと同じく、ポンチェとタマル(参照:ブログ18.グアテマラのクリスマス)、でお祝いしました。

首都の友人宅で、トルティーヤも一緒に作らせてもらいました。

 

IMG_3234[1].JPG 

グアテマラでは、1月が会社も学校も新年度の始まりです。

 

財団のツヌナ村プロジェクトにも、新たに同僚が4名加わりました。

 

また、栄養課程の大学生の研修生も加わり、ひとりでは進めづらかったことも、手助けを借りることができ、とても心強くなりました。

 

まずは、ずっと気になっていながら、手が回らなかった倉庫の整理から始めました。

IMG_0031.JPG

ビフォー:食糧が床に置かれていたり、掃除道具と混ざっていたり、箱の中身がわからなかったり・・・

 

IMG_0051.JPG

アフター:食糧や食器とそれ以外の保管場所を離し、各箱に名札ラベルをつけました!

 

また、学校の調理場を巡回し、栄養センターでは、今年度の活動に参加してくれる母親の再登録を始めました。

IMG_0082.JPG

 

ツヌナプロジェクトの栄養分野の目標としては、慢性栄養失調児をゼロにすることですが、自分自身にできる短期目標として、

☆ひとりでも多くの母親と子どもの名前を覚えてコミュニケーションをとる

☆栄養センターに継続的に来てくれる母親の数を増やすために、居心地の良い空間をつくる

☆母親や子どもたちの栄養に対する関心を高める

を念頭に置いて、活動を進めたいと感じています。

 

今年度もご声援の程、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

IMG_0073.JPG

写真:財団の同僚と。今年度は、ツヌナ村より更に山上の村も巡回して支援します!

 

☆ひとことスペイン語

Hola!(オラ!)=やぁ!(こんにちは!)

 朝から夜まで気軽な挨拶として使われます。英語のHi!やHello!と同じですね。

 スペイン語ではHは発音しないので、ホラ!ではないことに注意。

 


管理栄養士 新海麻由

ひとりでも多くの子どもたちに健康と笑顔を届けられますよう、自分にできることを精一杯取り組みます!

赴任地

グアテマラ共和国
ツヌナ村(Tzununa)

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

  • テストカテゴリ

アーカイブ