2014年7月アーカイブ

37. サンペドロララグーナ

 

Hola!

今日のタイトル サンペドロララグーナ(San Pedro La Laguna)はわたしの住む町です。

帰国前は隣町のサンフアンララグーナ(San Juan La Laguna)に住んでいましたが、

通勤や生活に不便なことが多く、再赴任を機に引っ越しをしました。

CIMG1692.JPG

サンSanとはキリスト教のSaint(聖人)の意味です。

San Pedro La Lagunaを英語に直訳すると、 The Lagoon Saint Peter、

湖畔の聖人ピーター(ペドロ)というところでしょうか。

グアテマラでは、多くの地名にSanが付いていることからも、

キリスト教が根付いていることを物語っています。

CIMG1364.JPG

CIMG1366.JPG

 

このサンペドロララグーナ(以下サンペドロ)は、欧米のバックパッカーに人気の観光地で、

観光客向けのお店が沢山並んでいるのが、サンフアンララグーナ(以下サンフアン)と大きく異なる点です。

町の人々も外国人に慣れています。

 

 

IMG_0742.JPG

IMG_0727.JPG

トゥクトゥクとバスの喧騒と排気ガスに囲まれて、戻ってきたなぁと実感しています。

そして、通勤は変わらずボートです。

 

IMG_0821.JPG

サンフアンに住んでいた頃は、行先の交渉が必要でしたが、

サンペドロはツヌナ村からのボートの終着駅。

値段交渉はありますが、降りたいのに止まらず別の場所まで行ってしまう、

ということはなくなり、安心です。

周りの素敵な景色を眺める余裕もでてきました。

IMG_0751.JPGIMG_0820.JPG

★Comida de hoy(コミダ デ オイ=今日の一品)

Paterna(パテルナ)

 

IMG_0784.JPG

初めて見て、冒険心を駆り立てられたフルーツ?の一種。

ツヌナ村の路上で50センタボ=約6円で購入。

 

IMG_0792.JPGIMG_0793.JPG

さやえんどうを大きくしたような形のさやの中に、

綿のようなものに包まれた果実?種?があります。

綿のような部分を舐めて果実は捨てるのだそうです。

paterna.jpg少し甘みがあり、くせのないさっぱりした味でした。

 

 

 

☆ひとことスペイン語

¿Qué es esto?(ケ エス エスト)これは何ですか。

英語のWhat is this?です。Quéケ は簡単ですし便利なのでぜひ覚えて下さい♪

36. ビエンベニーダ

Hola!

首都での健康診断では、顧問医に100点満点と言われ、ようやく活動地ツヌナ村に到着しました!

偶然にも14日(月)は私の誕生日。カスティージョコルドバ財団の同僚がサプライズで、誕生日&ビエンベニーダ(意味はひとことスペイン語参照)ケーキを首都から用意してくれていました。

IMG_0764.JPG

IMG_0765.JPG

言葉も文化も何もかも異なるこの地域に一人で飛び込んだのは、ちょうど1年前。

ツヌナ村に戻ってくるまでは、改めて受け入れてくれるのだろうか、また一緒に活動できるだろうか、という緊張感や言葉の不安も大きかったのですが、温かく迎えてくれる人々の優しさに心が温まりました。

確かに8ヶ月間、この地域で一緒に暮らし、一緒に活動してきたんだなと改めて実感しました。

IMG_0763.JPG

 

日本の便利な生活に慣れてしまい、こちらの習慣に溶け込むにはまだ少し時間がかかりそうですが、今、ここで一緒に生きている運命に感謝を忘れず、わたしにできることを探し続けたいと思います。

去年は栄養センターでの活動が主でしたが、今年は、より多くの方々に支援が行き渡るよう、ツヌナ村の各地域の巡回を強化していきます!!

 

 

★Comida de hoy(コミダ デ オイ=今日の一品)

Tamal(タマル)

トウモロコシの粉(粒状のお米を混ぜることもある)に水と油を混ぜて生地をつくり、トマトチキンソースをかけ、バナナの葉で包んで蒸したもの。

IMG_0715.JPG

tamal.jpg

一時帰国直前には、長引く腹痛と下痢症状に悩まされていたので、今回は少しずつ現地の食べ物に慣れていこうと決意していました。初めの1週間は日本から持ってきたインスタント食品ばかり食べていました。しかし、1週間経てば、タマルやトルティーヤなしの食事には満足しない自身の適応力に呆れるほどです!

 

 

☆ひとことスペイン語

Bienvenido/a!(ベエンベニード/ダ)ようこそ!

英語のwelcome!です。伝える相手が、男性だと最後がoで、女性だとaになります。

35.再出発!

 

ご無沙汰しております、新海です。

さて、眼の状態も落ち着き、ようやくJICAから再赴任許可をいただきました!!

 

早速、7月9日(水)深夜に日本を発ち、ロサンゼルス、アトランタとアメリカ内で2回の乗り継ぎを経て、丸24時間かかって、グアテマラに到着しました。本当に遠いです…。改めて、地球の裏側なんだと実感しています。

 

首都グアテマラシティで、手続きや健康診断を受けたのち、来週14日(月)から任地ツヌナ村へと移動し、活動を再開します!

 

長らくご心配をおかけしまして、申し訳ございませんでした。

残り1年となりましたが、与えて頂いたこの機会に感謝し、精一杯頑張って参ります!

 

IMG_0693.JPG首都グアテマラシティにある隊員連絡所(会合の際、隊員が宿泊する場所)から見る首都の様子。ツヌナ村とは180度異なり、大都会です。車も沢山走っています。(電車がないので、通勤時間帯の渋滞は毎日悲惨です・・・)左手にはサッカー場が望めます。サッカーはグアテマラで一番人気のスポーツ!

 

 

IMG_0699.JPG高い建物と緑が混在しています。首都は標高1,500mの高山地帯に位置しており、軽い高山病の症状が現れます…。遠くには、3,000m級の火山が望めます。

 

 

IMG_0711.JPG隊員連絡所のキッチンは電気コンロに洗い場もあり、充実しています!首都の生活は、村の生活とはかけ離れ、同じ国とは思えないくらい便利です。村から首都に出てくるときは、いつも違う国に入った気分になります!

 

 

IMG_0713.JPG久しぶりに着いたグアテマラシティに緊張感いっぱいです。JICAから携帯電話を首から吊るすように指示を受けていますが、警備員のおじさんに、見えないところに隠しておけと注意され、背筋が伸びる思いです。

ひとりでのタクシー移動での買い物はまだ心細かったので、買いだめしてあったモッシュ(オートミール)を朝食に…。

 

今回、一時帰国をして、グアテマラでの生活のこと、食事のこと、沢山質問をして頂きました!今後は、活動内容以外にも、グアテマラでの生活や文化についても、もっともっと多くのことをお伝えしたいと思います。

引き続き、ご声援のほど、どうぞ、よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

☆ひとことスペイン語

Buen viaje!(ブエン ビアヘ)よい旅を!

旅発つ人にかける言葉の定番です。英語でHave a good trip!ですね。

スペイン語では、主語も動詞も省略されることが多いのが、英語との大きな違いです。


管理栄養士 新海麻由

ひとりでも多くの子どもたちに健康と笑顔を届けられますよう、自分にできることを精一杯取り組みます!

赴任地

グアテマラ共和国
ツヌナ村(Tzununa)

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

  • テストカテゴリ

アーカイブ