49. ディビュホ&卒業式

 

Hola!

ツヌナ村プロジェクトは、わたしたち健康栄養チームの他に、

教育、環境、観光等の分野でも活動しています。

先日、環境チームが行った絵画コンクールの授賞式を行いました。

IMG_0858.JPG

 

ブログタイトルの“ディビュホ”は、“絵”という意味です。

“湖の景観保護”や“森林破壊”などの環境テーマをもとに描いてもらいました。

IMG_0838.JPG

 

世界一美しい湖と言われているアティトラン湖に臨むツヌナ村。

自然の恵みに感謝して、きれいな景観・環境を守ろうという目的があります。

IMG_0746.JPG

入賞者には、メダルとかばんや筆記用具等、勉強に必要な物が景品として贈られました。

子どもたちの、はにかんだ笑顔がとても印象的でした。

IMG_0861.JPG

 

また、グアテマラの学校は、10月末に終了式となり、

1月中旬の始業式まで、2ヶ月半のお休みとなります。

先週は、一緒に活動している就学前教育CEIBIの子どもたちの卒業式がありました。

IMG_2127.JPG就学前教育CEIBIの子どもたち。グアテマラの国旗を持って入場します。

 

IMG_2137.JPG

 

ご両親の嬉しそうで誇らしげで感慨深い表情や、先生達の嬉しく安堵に満ちた表情に触れ、

今までの苦労を想像していると私も思わず涙していました。

 

IMG_2139.JPG

1人ひとり卒業証書を手渡す際に、ご両親の名前も読み上げられ、

ご両親への感謝と尊敬の意が伝わってきて、心が温かくなり、涙が止まりませんでした。

IMG_2165.JPGこちらは、その翌々日に行われた中学校へ上がる子どもたちの進級式(小学校の卒業式)

正装で着飾った卒業生達が印象的。

 

家の仕事を手伝って出席数が足らなかったり、試験で落第点を取るなど、

グアテマラでは、進級できない小学生も多いのです。

また、教育に無頓着な家庭も多く、子どもが就学年齢に達していることを忘れ、

通常6歳で1年生になるところ、8歳、9歳になってから、小学校に入る子どもたちもいるそうです。

 

 

そのような厳しい環境の中、沢山の人達の支援によって、こうして子どもたちが教育を受けられ、

次へのステップへと進み、明るい未来を描いてくれているなら、これほど喜ばしいことはありません。

 

自分の両親や家族、わたしを支えてくれている仲間たちへの感謝の気持ちがこみ上げるとともに、

“今、ここに生きている”という事実に感謝しながら毎日を大切にしたいと感じるイベントとなりました。

 

 

★Comida de hoy(コミダ デ オイ=今日の一品)

torta de carne(トルタデカルネ) お肉入りオムレツ風

市場の屋台にて。みじん切りにしたお野菜とお肉を卵と混ぜて、たっぷりの油で焼いたもの。

初めて挑戦しましたが、コンソメ味が強く、とてもしょっぱい味でした。

IMG_2088.JPGIMG_2085.JPG

 

 

☆ひとことスペイン語

Felicidades!(フェリシダデス!)、Felicitaciones!(フェリシタシオネス)=おめでとう!

英語のCongratulacions! お祝いの言葉です。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

管理栄養士 新海麻由

ひとりでも多くの子どもたちに健康と笑顔を届けられますよう、自分にできることを精一杯取り組みます!

赴任地

グアテマラ共和国
ツヌナ村(Tzununa)

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

  • テストカテゴリ

アーカイブ