2012年5月アーカイブ

皆様こんにちは!

管理栄養士の逸見純子です。

 

最近車を運転する事が多いのですが、先日信号待ちをしていた時に、
自転車に乗った男性が車の脇を通りすぎていきました。

その方が、少し前に進んでからまた戻ってきたので、何だろうと思って見ていたら、
歩道に植えられていた植物の影に落ちていた、ペットボトルとゴミを拾って、
すぐ近くにあったゴミ箱に捨て、何事も無かったようにまた走っていきました。

こういった小さな行動が、少しずつ環境を変えていくのだなと、感じました。
その姿を見て、何だか心が温かくなりました。(当たり前の事なのかもしれませんが、
自分に置き換えた時に、なかなか行動に移せていないです。)

人や環境を変えるには、自分がまず変わらなければ、人は動いてくれません。
これは仕事の上でも言える事だと思います。
「何でこの人は、私の言った事をやってくれないのだろう」ではなく、
まずは自分がその姿を示す事。
そこから初めて人は、付いてきてくれるのだと思います。
その男性の姿を見て、「よし!頑張ろう」と何だか元気になりました!!

 

 

さて、本日ご紹介致しますのは、大阪市天王寺区にございます、四天王寺病院様です。
管理栄養士の村山 明子(ムラヤマ アキコ)様(右)と、
木村 昌代(キムラ マサヨ) 様(左)にお話しを伺いました。

実はこの写真、外の方が明るくて良いだろうという事で、
わざわざ外に出て下さって、お撮りしました。本当にありがとうございます!

四天王寺病院1.jpg

四天王寺病院様では、
『顔の見える病院、顔の見える医療』を目指していらっしゃいます。

実は、病院のロビーに行きますと、スタッフ様の顔写真が掲載されています。 

この病院ではどんなスタッフが働き、そして患者様をお迎えしているのか、
目で見て分かるようになっているのです。

顔と顔を合わせて、患者様一人一人に向き合います、という意志が
四天王寺病院のスタッフ様から伝わって参りますね。

 

ミールタイム栄養士もそうですが、カタログには顔写真やプロフィールを
掲載しております。

栄養士1.jpg栄養士2.jpg

顔が見えないお電話で、コミュニケーションをとるからこそ、
カタログで顔やプロフィールをご覧いただくことで、少しでも安心して、
気軽にご相談いただきたいと考えております。

 

ところで、弊社栄養士の井上さんは、四天王寺病院様のすぐ近くにある、
 大阪夕陽丘学園短期大学の出身です。
学生時代には、四天王寺病院様へ実習に行かせて頂いたようで、
村山様と木村様には大変お世話になったようです。

井上さん.jpg

訪問してお話しをしていた時に、
「井上さんって、うちに実習に来ていたよね?しっかりしていたから、覚えていました」
と、おっしゃって頂きました。
何だか家族を褒められたような気持ちで、嬉しくなりました!

栄養士同士という事もあり、皆様カタログの栄養士紹介ページを、
じっくりご覧になって頂いているようです。
 

私達が訪問をさせて頂くと、「病院にも、〇〇学校の卒業生がいるよ」とか、
「今年ミールタイムさんに入った新人さんが、実はうちに実習に来ていたよ!」とか、
声をかけて頂きます。
病院の栄養士様も、一緒にミールタイム栄養士を見守って下さっているようで、
とても嬉しく思います。


実習した時とはまた違って、企業の栄養士として働いていますが、
その時に学んだ事は、きっとこれからの人生で役に立つはずです。

 

村山様、木村様お忙しい中ありがとうございました。
実習でお世話になった井上も、これからファンデリーで益々活躍して参りますので、
温かく見守って頂けると嬉しいです。
今後とも、宜しくお願い致します。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

いつもこのブログをご覧になって頂き、ありがとうございます!

管理栄養士の逸見純子です。

 

本日は大阪市天王寺区にございます、藤谷クリニック様のご紹介です。
 藤谷CL2.jpg

内科や脳神経外科もございますが、藤谷 宏子(ふじたに ひろこ)先生は
小児のアレルギーにも、とても力を入れていらっしゃいます。

先生にお会いして私は、先生の笑顔に引き込まれました。
いつお会いしても、にこにこされていて、とても朗らかな先生です。
来院された子供達に話しかける姿がとても優しく、こちらも笑顔になってしまいます。

院内に入るとすぐに、パンフレット類が設置されています。

藤谷CL1.jpg

ミールタイム目立っていますね!!ありがとうございます。
お子様を連れたお母様方が大勢いらっしゃいますので、
食事に関する事、疾病にかんする情報はこういったパンフレット類が大変役に立つでしょう。

ミールタイムでは、お弁当1つ1つにアレルギー表示をしておりますので、
パンフレットを見て、お持ちのアレルギーを確認しながら、商品を選ぶ事が出来ます。
 

ミールタイムをお持ち帰り頂いた藤谷クリニックの患者様は、
そういった面でも、お役立て頂いているようです。ありがとうございます!


アレルギーと一口に言っても、重症の患者様ですと、ほんの少しその成分を感じただけで、
ショック症状を引き起こし、呼吸困難になったりする事があります。
その為食事をする際には、細心の注意が必要なのです。
もし御不安な点がございましたら、私達栄養士もお電話口でご相談しながら
対応致しますので、お気軽にお声掛け下さい。

 

先生とお話しをした際に、藤谷クリニック様の道路を挟んで目の前にある、
ラムズどぉ~なっつ様をご紹介して頂きました。
 ramuzu.jpg

油で揚げない、焼きドーナツを提供されているお店です。
その中で、アレルギーのある方でも安心して召し上がれる、卵抜き牛乳抜き
アルミフリーのベーキングパウダーを使用したドーナツもご提供されております。

焼きドーナツは最近注目されていますよね!
油で揚げたものよりも、ヘルシーですしカロリーを気にする方にもオススメです。 

店長の風谷 里津子(かぜたに りつこ)様(真ん中)にお話しを伺いました。

ラムズ.jpg

 実は風谷様は、昔から藤谷先生と親交があり、先生からのご要望で、
卵抜き牛乳抜きのドーナツを作り始めたそうです。
藤谷クリニック様に通う患者様も、診察の後に買って帰られるそうです。

ラムズ5.jpg     ラムズ4.jpg

私も食べてみたのですが、タピオカを使用していますので、もっちりとした食感がくせになります。
 

風谷様のご家族にも、アレルギーをお持ちの方がいらっしゃるそうで、
やはり、食事の事で大変苦労されている姿をずっと見てきたとおっしゃっていました。

その中で、患者様の一番の希望は“家族や周りの人と同じものを食べたい”という事。

治療食はどうしても量が少ないとか、見た目にも質素になりがちです。
患者様は、周りと違うものを食べなければならないという事だけでも、
とても大きなストレスとなるのです。小さなお子様にとっては、尚更ですよね。
 

ここでは、お母様は普通のドーナツを選び、お子様用に卵抜きのドーナツを
買う事が出来ます。買われた方からは、中身の材料は違えど、
見た目に同じものを食べられるので、満足です!という声を頂いているそうです。

患者様の目線に立って作られている事を、強く感じました。

 

最近では、男性からも人気が高いそうですよ!
実際に数分お話しを伺っている間にも、男性のお客様がいらっしゃいました。

 

アレルギー治療は、食事が何より大変です。
そして、アレルギー対応食は今でこそ提供される商品数や種類も増えてきていますが、
私も実際に探してみましたが、スーパーで成分をいちいち見て回るのも、一苦労です。

藤谷先生は、その事を何よりご理解していらっしゃいます。
ただ食事をする際の注意点を診察時にお話しするだけではなく、
こうして、アレルギー対応食を提供してくれるお店を増やそうと努力されたところにも、
先生の患者様に対する想いが伝わってきます。


それにお応えした風谷様も、開発までには大変なご苦労があったかと思います。
「でも喜んでもらえれば、嬉しい」と笑顔で話される風谷様を見て、私も栄養士として、
患者様に寄り添ってお力になりたいと、改めて思いました。
 

お忙しい中、藤谷クリニック様、ラムズどぉ~なっつ様ありがとうございました。
私達も、患者様に喜んで頂ける食事をご提供出来るよう、これからも努めて参ります!

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

最近、運動不足解消の為、電車等を使うよりも自転車を積極的に使い、移動しています。

日差しを浴びながら、風を感じて走るのはとても気持ちが良いですね!

体を動かして、新鮮な空気を吸って気分転換出来る瞬間は清々しいです。

 

運動療法は、食事療法を出来るだけ長く、上手に継続していく為にも必要ですので、

体に負担がないように、取り入れていきましょう!

 

 

さて本日は、掖済会(えきさいかい)病院様で行われました、

糖尿病教室のご紹介です。

掖済会病院1.jpg

ご自宅でも簡単に出来るストレッチを教えてもらえるという事で、

患者様もスタッフ様も、楽しみに参加されておりました。

 

糖尿病治療は「運動」と「食事」と「薬」の3本の柱を中心としており、

そのどれか1本だけでは、中々上手な血糖コントロールは出来ません。

掖済会3.jpg

基本を皆さんにお伝えして、なぜ運動療法が必要なのかを丁寧に説明して下さいました。

 

イスに座りながらでも出来るストレッチを、理学療法士の先生から教えて頂きました。

参加者の中には、90歳の女性の方もいらっしゃいましたが、

一番張り切って声を出して、「1、2、1、2」と、もも上げも軽やかでした!

素晴らしいですね!

 

会場の外では、ミールタイムの展示をさせて頂きました。

 掖済会2.jpg

皆さんにお持ち帰り頂くお土産として、これからの季節、皿うどん等にも最適な、

塩分ゼロうどんをお持ち帰り頂きました。

 掖済会4.jpg

 

元気に体を動かし続けられるのも、きちんと食事療法と薬物療法が出来ているからこそです。

皆様が元気に、これからも糖尿病と上手に付き合っていけるよう、

私達も病院のスタッフ様達と一緒に、食事療法のお手伝いをさせて頂きます。

 

掖済会病院の皆様、ありがとうございました。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

皆様こんにちは!

管理栄養士の逸見純子です。

 

昨日の金環日食、私はとてもわくわくしました!

細川さんがブログに写真を掲載していましたが、

曇り空の中に、私もはっきりとリングを見る事が出来ました。

しかも今年は、「天文ゴールデンイヤー」らしいですね。

6月にも、今度は太陽と金星の珍しい現象を見る事が出来るとか。

今年は上を見上げる事が多くなりそうで、気分的にも上昇出来る年ですね!

 

 

さて、本日は多根眼科記念病院様で行われました、糖尿病教室の様子を

ご紹介致します。

多根眼科1.jpg

最初に患者様と一緒に、〇☓クイズを行いました。

例えば、「失明の原因の第3位は糖尿病性網膜症である」など。

糖尿病に関連したクイズで、皆様う~んと悩みながら、

札を上げておられました。

多根眼科2.jpg

 

 

糖尿病教室には、色々と参加させて頂いておりますが、

やはり眼科という事もあり、初めて拝見するグッズがありました。

多根眼科3.jpg

目玉を表しているのですが、この目玉の裏側から中を覗くと、

視界には、何にも映らず綺麗に見えます。

しかし・・・

多根眼科4.jpg

実は蓋を開けると、こんなに出血を起こしているのです。

 

網膜症は糖尿病等で、血液がどろどろの状態が続き、目の毛細血管がこの写真の

ように破れてしまい、失明にまで繋がってしまう合併症です。

症状が分かりにくいのですが、ある日突然血管が破れ、見えないところで、

このような出血を起こしているのです。

 

眼科病院様にいらっしゃる患者様も、すでにこの状態になって初めて視界が暗くなり、

受診される方が多いそうです。

こうなる前に、少しでも血糖コントロールを良好な状態にして、

合併症を引き起こさないようにしなければなりませんね。

 

眼科病院様では目が見えにくくなってしまい、

料理も上手く作る事が出来なくなってしまった方も多いとの事。

そんな時に、電子レンジで温めるミールタイムのようなお弁当が、

活躍出来ます。

この日は、100カロスイーツマフィンを皆様にご試食して頂いたのち、

私からミールタイムの説明をさせて頂きました。

多根眼科6.jpg

この日は、5/14が看護の日という事で、院内ではロビーで血圧を測定出来たり、

お体の事を相談できるコーナーもありました。

 

病院内でこういった催しがあれば、気軽に足を運べて、楽しく勉強する事が

出来ますね。

私も色々と模型を拝見させて頂き、大変勉強になりました。

合併症を引き起こさないように、これからも患者様のサポートに努めさせて頂きます。

 

看護部の皆様、ありがとうございました。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

みなさんこんにちは!

いつもこのブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

 

本日は、ミールタイムが講演させて頂きました、第127回堺市栄養士会様の様子を

ご紹介致します。

SDS1.jpg

※SDSは堺市栄養士会の略です。

実は栄養士様達は、同じ地域にある病院の栄養士様や、同じ志を持った方々で集まって

勉強会を開催したり、情報交換をしたりする場を設けている事があります。

 

働く現場は違えど、最新情報を集めたり、栄養士同士の意見交換会のような形で

ご自身のスキルアップの場として利用される場合もあるでしょう。

また、仕事場で困った時に、意見を聞ける仲間達を作っておくのも大事な事です。

 

堺市栄養士会様も、積極的に活動をされておりまして表題にもあるように、

今回で127回を数えます。

会長の三宝病院の前島 美千枝(マエジマ ミチエ)先生を中心として、

これだけの長い期間続けてこられるのは、それだけ栄養士様の『成長していこう』

『もっと現場を良くするにはどうしたら良いか』という想いが強いからだと感じました。

 

今回は、その会にて私がミールタイムのサービス説明をさせて頂きました。

また、食事指導の際に栄養士様が、ミールタイムを患者様に渡して下さった後、

患者様と私達がどのようにやり取りをしているのか、

私の『栄養士おまかせ定期便』の利用者様の症例を基に、皆様にご報告をさせて頂きました。

 

私達よりもやはり現場の栄養士様達は食事指導の件数も経験も違いますので、

こうのようなケースの場合はどう対応されているのか、等

アドバイスも頂きました。

 

最後にお土産として、

塩分ゼロうどんマンナンヒカリを私から説明して、お配りさせて頂きました。

53102.jpgmannanhikari1_5.jpg

商品についてはミールタイムにも掲載がございますので、

栄養士様達も、「これカタログ見て気になってたのよね」と

とても興味深く商品をご覧になって下さいました。

 

病院の食事指導内容をいかに自宅で継続できるか、

を意識して、私達は普段患者様とお話しをしています。

栄養士様からご意見を頂きながら、私達も同じ栄養士として、

一緒に前に進んでいきます。

これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

先日、ミールタイムをご利用頂いている病院の栄養士様に、

「ミールタイムの一番気に入って頂いているポイントは何ですか??」と質問しました。

その時のお答えが、

「栄養士さんが担当についてくれて、定期的にお届け出来るサービスがあるところ」

とおっしゃって頂きました。

(ミールタイムには、『栄養士おまかせ定期便』というサービスがあります。

患者様お一人お一人に対して、栄養士が専属で担当に付き、病院で出された制限数値や

アレルギー、好き嫌い等に合わせてメニューを栄養士が選ばせて頂きます。

その選ばせて頂いたメニューを、週に1回、もしくは隔週に1回でお届け致します。)

 

『栄養士おまかせ定期便』を一番のポイントに挙げて下さった事や、

それだけ栄養士にお任せ出来るという「信頼」の部分を、強調して下さったのも、

感動致しました!

 

栄養士様にミールタイムなら大丈夫!と、安心して任せて頂けるように、

これからも誠心誠意努めていきます。

 

 

さて、本日ご紹介致しますのが豊中市にございます、

まるいクリニックです。

まるいcl1.jpg

いつもお世話になっております、院長の丸井 淸高(マルイ キヨタカ) 先生と

お話しさせて頂きました。

まるいcl2.jpg

これは、診察直後の先生のお写真なのですが、皆様何かお気づきではないでしょうか??

そう!先生は白衣を着ていらっしゃいません。

先生のモットーは、堅苦しい診察を行うのではなく、訪れた患者様にリラックスして頂きながら、

気軽に話をして欲しいという事で、白衣を着ていらっしゃらないそうです。

 

“病院で血圧を測ると、自宅で測っている時よりも高めに数値が出る”

というのを聞いた事はありませんか?

それは、白衣を見たり日常生活とは違った緊張感を持って病院に伺うので、

緊張したり変に力が入って「白衣現象」が起こるからなのです。

 

出来るだけ普段と同じようにリラックスして頂いて、

患者様には自然な状態でいて欲しいという、先生の想いが感じられ、

すごく素敵だなと思いました。

 

また、一番印象的だったのは、

最初に待合室で待たせて頂いている間、診察室から先生が出てきて、

「○○さん、どうぞお入り下さい」

とお声掛けして、一緒に診察室に入られる姿です。

 

その1回が偶然だった訳ではなく、毎回患者様をお迎えしているのです。

それだけでも、先生のお人柄が伺えますよね。

 

スタッフ様全員が作りだす、とても軟らかな雰囲気に

私は、居心地の良さまで感じておりました。

まるいcl4.jpg    まるいcl3.jpg

ミールタイムは普段は先生の食事指導で、利用して下さっているそうです。

カロリーマップ等の記事が大変好評でしたので、更に利用しやすくグレードアップしたカタログを

お届け出来るよう、改めて頑張らねば!と気合いが入りました。

 

先生お忙しい中、ありがとうございます。

先生のように、食事指導にも力を入れて患者様のサポートをしていらっしゃる医療機関様の

お手伝いが出来れば、私達栄養士もとても嬉しいです。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

今月末で2012春号から、2012夏号にカタログが切り替わります。

カタログ切り替わり時期になると、ご訪問している医療機関様から、

「カタログを全部配り切ってしまって、手元に無くなってしまった」とか

「健康フェアがあり、そこでサンプルやカタログを全部配ってしまったから追加で下さい」

という有難いお声を頂きます。

 

すでにお手元に無くなってしまった医療機関様は、遠慮せずにお声掛け下さい。

そういう声があることでもっともっと使いたい、配りたいと思って頂けるカタログをお届け出来るように、

制作にも力が入ります。

皆様、今後も宜しくお願い致します!

 

 

さて本日ご紹介させて頂きますのは、淀川区にございます、かわばたレディスクリニック様です。

かわばたレディス5.jpg

 

院長の河端 良一 (かわばた りょういち)先生とお話しさせて頂きました。

かわばたレディス3.jpg

産婦人科に関する全般を、先生のクリニックで受診する事が出来ます。

先生のモットーは、『訪れる人に思いやりのある診療を』です。

 

産婦人科はやはりデリケートなところですし、何かと御不安を抱えた女性の患者様も、

多く訪れると思います。

河端先生を始め、スタッフの皆様が明るく元気な笑顔で迎えて下さるので、

肩の力を抜いて診察に入れそうですね。

 

患者様への情報提供も積極的に行っていらっしゃいます。

院内の待合室には、ミールタイムはもちろんのこと、パンフレットやカタログが沢山設置してありました。

かわばたレディス1.jpg    かわばたレディス2.jpg

かわばたレディスクリニック様のような、産婦人科のある医療機関様からは、

妊娠高血圧症で、塩分を控える必要のある方や、

体重コントロールをしなければならない方に対してのご相談を多くいただきます。

しかし最近では、ご自身が体調不良で食事が作れない時に、

ご家族の為にミールタイムの食事を利用したいというお声もあります。

 

このように、少しずつ宅配食の概念も変わってきていて、ミールタイムのお弁当が冷凍で届くので

ストックしておけるという利点を上手く活用し、ご自身やご家族様の食生活改善に

役立てて頂けているんだと分かり、改めて嬉しく思いました!

 

ミールタイムの活用の幅が、また一つ広がりつつあります。

 

食生活が改善出来るだけではなく、患者様が抱える食事作りのストレスが

少しでも軽減出来るのであれば、私達も嬉しいです。

河端先生を始め、スタッフの皆様お忙しい中、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

皆さんこんにちは!

管理栄養士の逸見純子です。

 

先日このブログをご覧頂いた栄養士様から、

「他の施設の栄養士さんが、こんな風に頑張っているのを拝見して、自分も頑張ろう!と力をもらいました」

と感想をおっしゃって頂きました。

私達は、こんなに頑張っている医療機関様をご紹介したい、皆さんに知って頂きたいという思いで

ブログを書いていますが、それを通してこんな感想を頂けるのは、とても嬉しいです!

 

これからも皆さんに元気を与えられるブログを目指して、更新していきます!

 

 

さて、本日ご紹介致しますのが生野区にございます正木クリニック様です。

院長の正木 初美(マサキ ハツミ)先生とお話させて頂きました。

正木cl.jpg

クリニックに訪問させて頂き、初めに目についたのが写真の数々です。

正木cl3.jpg

先生のクリニックに通われる糖尿病患者様同士で行く、ツアー旅行や、勉強会の様子、

先生がテレビにご出演された時の様子もありました。

 

特に、勉強会に関してとても驚いたのが、毎回参加者が100名程もいらっしゃる事です。

よく院内の勉強会を開催される医療機関様は多いのですが、

純粋に先生のところに通われている患者様だけでも、100名は集まるのです。

皆さんとても勉強熱心で向上心が素晴らしいなと思いましたし、

それ程集まるだけの先生の人柄、雰囲気作りが素晴らしいからだと感じました。

 

沢山の取り組みを通して、先生は患者様と触れ合う時間を作っていらっしゃいます。

患者様も、夜景を観たり、美味しいものを食べにたり、という旅行に先生と一緒に行けるなんて、

安心且つ、治療中の楽しみが出来ますよね。

また、患者様同士の交流も出来て、情報交換がしやすくなります。

 

なかなか真似出来る事ではありませんが、患者様と共に治療に取り組んでいく、という先生の姿勢がうかがえて、

私は感動しました!

 

 

院内も、情報が取り入れやすいようにパンフレットや、本が設置してありました。

綺麗な風景写真やお花等、細やかな心遣いも女性らしい、ステキな院内です。

正木cl2.jpg

先生は、

「勉強会や、イベントをやってみると、開催するまではとても大変だけど

最後は、逆に私が元気をもらえるのよ。達成感があるから、毎回続けられるの。」

とおっしゃっていました。

 

先生のお写真を見て頂ければ分かりますが、先生はとてもお若く、元気ではつらつとしていらっしゃいます。

パワーの源は、こういうところからなのですね。

 

私達もミールタイムをご利用して下さる患者様に、元気や笑顔をお届けできるよう、

更に栄養士としての力をつけていきたいと思いました。

 

先生、お忙しい中ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

いつもブログをご覧になっていただき、誠にありがとうございます。

 

最近天気が不安定ですが、皆様ご体調は如何でしょうか?

雨が降ったり止んだりと、外出するにも傘が欠かせないようになっている毎日です。

急に寒くなる事もありますので、体調管理には十分お気をつけ下さい。

 

さて本日は豊中市にございます、髙橋クリニックです。

高橋cl.jpg

透析専門のクリニック様で、管理栄養士の白川 繭子(シラカワ マユコ) 様とお話させていただきました。

高橋cl5.jpg

白川様のモットーとしては、『ダメと否定する食事指導はしない』という事です。

透析患者様の食事指導では、カリウムやリンといった成分を制限する必要があります。

しかし厳重な制限がある中でも、何か『楽しみを持って食事をしていただきたい』という考えがあり、

それを意識して、普段は患者様に接していらっしゃいます。

 

例えば、健康食品や外食時の食事でも成分を確認しないで、健康に良いからとか、

美味しいからとご利用される方もいらっしゃいます。

頭ごなしに止めなさいとは言わず、成分を出来るだけ確認して、本当にご利用しても大丈夫か、

きちんと確認を取った上で、説明をされるそうです。

 

患者様にとっては、栄養士は怖い存在、怒られるのではないかと感じている方もいらっしゃいます。

もちろん、お体にとって優先すべき事はきちんとお伝えしますが、

栄養士が患者様に寄り添って、一緒に頑張っていくというのは、私も真似したい姿だなと思いました。

 

 

そして、栄養科に訪問させて頂いた際に、指導室の入り口にあった植物の元気の良さに驚きました!!

高橋cl3.jpg    高橋cl2.jpg

こういった植物はクリニック内の待合室等にも、飾られています。

以前白川様が栄養士の勉強会に参加された時に、講師の先生がおっしゃっていたそうです。

 

「植物は透析患者様にとって、明日が見える希望の象徴だから、気持ちが和むんですよ」と。

 

とってもステキな表現だなと感じて、白川様はその日の帰り道、この鉢植えを購入されたそうです!

今では、スチールラックの下まで届く程、つるも伸びてしまったようですが、この生命力の強さは、

きっと患者様だけではなく、見た人に元気を与えるのではないかと思います。

高橋cl4.jpg

日中クリニックに通院することができない方は、早朝透析や夜間透析を利用する事が出来ます。

もしお仕事の後で1日の疲れがあっても、こういったスタッフ様の心遣いだけでも癒されますね☆

 

髙橋クリニック様、この度はありがとうございました。

患者様と共に寄り添って、クリニックを支えていきたいというスタッフ様の思いを、

私も応援させて頂きます。

患者様に安心して通って頂けるクリニックを作っていきたい、という取り組みに、

ミールタイムが少しでもお手伝い出来れば幸いです。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

皆さんこんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

ゴールデンウィークも前半が終わりましたね。

中には9連休で羽を伸ばしている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

私の出身の埼玉県秩父も、この連休で大賑わいです。

機会があれば、是非一度秩父のひつじ山公園に足を運んでみて下さい。

とっても綺麗な芝桜が、皆さんを待っていますよ♪

pano.jpg

 

 

 

さて、本日ご紹介させていただきますのは、大阪市北区にございます須澤クリニックです。

suzawacl1.jpg

今回お話を伺いましたのが、事務長の保倉 信男(ヤスクラ ノブオ)様です。

suzawacl4.jpg

人工透析を行っているクリニック様で、交通拠点の梅田駅すぐそばという事もあり、

遠方から旅行に来られた方、出張で大阪に来られた患者様等の、臨時透析も受け入れていらっしゃいます。

透析患者様にとって、お出かけした先での受け入れ医療機関を確認しておくことは、必須です。

長期のお出かけともなると、受け入れ先の医療機関を見つけるのも、一苦労だと伺います。

 

ミールタイムをご利用されている患者様の中にも、「旅行に行きたいけどね・・・」と

透析をされていることで、旅行を躊躇される方も多いです。

こういった医療機関様の情報があると、安心して旅行や仕事に出る事が出来ますね。

 

須澤クリニック様では、管理栄養士様による指導も行われています。

指導の中でミールタイムをご活用して下さったり、また待合室にも設置して頂いています。

特にカロリーマップは、お仕事されていたり、一人暮らしの方向けにとても有効に使えるとおっしゃっていました。

そういった患者様は、外食や中食の機会が多いので、参考にして頂けるととても嬉しいです。

suzawacl2.jpg     suzawacl3.jpg

左の写真が、クリニック内の待合室です。その中に、設置してある水槽は、皆さんの癒しになっています。

何と!!飼われているメダカが卵を産んで、それが孵化し、また次々に世代交代していく様を、

皆さんで見守っているそうですよ。このメダカ達を見るのも、また楽しみですね! 

 

先程も遠方からの患者様を受け入れているとお伝えしましたが、大阪府内でも少し距離のあるところから

通われている患者様もいらっしゃいます。

そういった方には、須澤クリニック様の送迎車でお迎えに行かれるそうです。

 

実際に拝見させて頂きましたが、リフト付きの立派なもので、これなら高齢の方でも、車いすの方でも

送迎をお願いする事が出来ます!4台も送迎車があり、驚きました!!

suzawacl5.jpg    suzawacl6.jpg

 

現在透析患者様の数は、年々増え続けています。

透析に入る患者様は、ライフスタイルに合わせてどう透析と付き合っていくかを考えていかねばなりません。

 

須澤クリニック様では、どうやったら患者様の不安を取り除けるか、

また、安心して透析前と出来るだけ同じように生活が送れるよう、スタッフ全員が考え、

患者様と向き合っているように感じました。

 

私が無知なところもあり、色々とご指導頂きありがとうございます。

患者様やスタッフ様の声を活かし、今後もカタログを作っていきます。

ミールタイムが、皆さんの憩いの存在となっていけるよう、これからも努めていきます!

 

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

プロフィール

アーカイブ