2012年6月アーカイブ

いつもこのブログをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。

 

6月に入って、梅雨の時期か・・・と少し憂鬱に思っていましたが、
あっと言う間に、6月が過ぎ去ろうとしています。
本日の大阪は、最高気温30℃。
もう梅雨明けも間近ですね。

外にいると、腕や首がひりひりと痛くなります。
これからもっと暑くなりますし、暑さ対策は皆様も怠らないよう十分注意して下さいね。

 

さて、本日は大阪市住之江区にございますくぼりクリニック様をご紹介致します。

くぼり1.jpg

くぼり3.jpg

主に脳卒中や寝たきりの原因となる生活習慣病の治療、
認知症の早期発見と治療に尽力されており、物忘れ外来があります。
 

最近「物忘れ外来」という言葉を、病院やクリニックでも見かけるようになってきたと思います。
外来に来られる患者様は、認知症やパーキンソン病等で治療が必要な方が多いです。

院長の久堀 保(くぼり たもつ)先生にお話を伺いました。

くぼり2.jpg

先生が一番心がけていらっしゃることは、
『患者様の病気を診るだけではなく、その方の家庭環境、生活環境等、
総合的に診る事』
と仰っておりました。

例えば認知症の方で、糖尿病の疾患を持っていたとします。
毎食ごとに薬を飲まなければなりませんし、食事の管理も重要です。

しかし、いくら食事を1日1500kcalで、塩分6gで食べましょうと、細かな指示を出したとしても、
薬を飲むことを忘れてしまったら、どうなるでしょうか。
血糖値は上がり続け、血液検査結果は良くなりませんよね。

こうした患者様は、まずは生活環境を整えていくことから、治療が開始するという事なのです。

 

家族は一緒に住んでいるのか、食事を作れるのか、配食サービスを受けた方が良いのか、
独居だった場合に、近所の方で声かけして下さる方はいるだろうか、
もしくは、ヘルパーさんに来てもらえるだろうか等、
まずは心配される点を改善しない事には、『治療』がスタート出来ないのです。

 

先生の仰っていた言葉で印象的だったのは、
「大きな病院では「診察」は出来るけど、「診療」は出来ないから、より患者様の近くでサポートを
したかった」
です。

先生は、「往診」という表現はせずに「家庭訪問」をすると、表現されていらっしゃいました。
確かに、その方の家庭環境を診る事が治療と仰る、先生らしい表現だなと感じました。

 

先生が、患者様と向き合って本当にその方のお力になりたい!サポートをしていきたい!
という気持ちの表れだと思います。
お話をしておりますと、こちらが優しい気持ちになれる気がするのは、
先生のそういった気持が伝わってくるからなのでしょう。
 

最後に、生活環境を整えるというお話をされていた中に、
先生がちらっと、「子供たちの声が聞こえる環境」と話されておりました。

賑やかな声、そして笑い声、近所同士の付き合い、そういった環境が、
やはり治療をする上でも大切という事なのですね。
院内にも、心温まる絵が飾られていました。

くぼり4.jpg

小学校の運動場だと思うのですが、置物、飾られている絵1つからでも、
何だか先生のメッセージがあるように思いました。

 

お話を伺っていて、私もミールタイムにお電話を下さる患者様に対して、
もっともっと真剣に、食事を提供していきたい、ミールタイム自体も更に成長していかねば、
と強く感じました。

久堀先生、お忙しい中ありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

いつもこのブログをご覧になっていただき、誠にありがとうございます。
管理栄養士の逸見純子です。

 

本日は、大阪市港区にございます大阪船員保険病院様をご紹介致します。

管理栄養士の山田 善昭(ヤマダ ヨシアキ)様にお話を伺いました。

船員保険1.jpg

山田様は栄養指導の中で、出来るだけ実物に近いものを示して、自宅に帰られた時に、
実践しやすい指導を心掛けているそうです。

その為指導室の中には、実物の食品模型が、沢山設置されておりました!

船員保険2.jpg

糖尿病の交換表を示す時に、単位計算がややこしいと、おっしゃる患者様が多いです。
 

1単位が80キロカロリーで、この食材だったら、1単位は〇グラムだな・・・と考える時に、
机上では「そうだな。よし分かったぞ!」と思えます。
しかし、実際に自宅に帰ったら、毎回大きさやグラムを測るのが、手間になってしまい、
更に混乱してしまいます。
 

そんな時に、【バナナ〇グラムが1単位】と言われるよりは、
【バナナ1本が1単位だよ】と言われた方が、分かりやすいですよね。
また、ミールタイムのカロリーマップも実際に市販されている商品を掲載しておりますので、
指導時に役立つと、おっしゃって頂きました。

 

また、どうしても夕食のコントロールが出来ない方が多いと、悩まれておりました。
夕方仕事から帰ってきて、ホッと一息ついた時に、ついつい食べてしまい、
血糖コントロールが出来ないという傾向にあるようです。

そこで、毎食は難しくても、夕食1食だけミールタイムのお弁当に置き換えたらどうだろうか、と
伝えながら患者様にカタログをお渡しして下さるそうです!

大変嬉しいです。ありがとうございます!

 

今後も、医療機関の栄養士様と一緒になって、患者様の食事サポートが出来れば、
私達も嬉しいです。
どういったところに気を付けてご指導されていらっしゃるのか、
私達は、出来る限り栄養士様からヒアリングをして、それを患者様とのお電話の際に、活かして参ります。

 

山田様、お忙しい中ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

皆さんこんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

先日、京都で輝く栄養士の会がありました。
またこの様子はブログでもご紹介させて頂きますので、どうぞご覧下さい。

 

本日は京都市北区にございます、社会保険京都病院様をご紹介致します。

社会保険.jpg

栄養課長の富安 広幸(とみやす ひろゆき)様です。
 

社会保険病院様では、3年前から地域の皆様を対象として健康フェアを行っているそうです。
まだ3年目という事で、手探り状態ではあるとおっしゃっていましたが、
参加される人数も毎年増えており、少しずつ成果が出ているようです。

3年目の今年は秋に開催されるそうなので、気候も良い時期で更に参加者も増えそうですね!

内容としては、簡易式に血圧や血糖測定が出来るコーナーや、先生や看護師様による講演など。
今回はお土産も考えているそうですよ!

普段なかなか聴く事の出来ない貴重なお話を、最前線の現場で働くスタッフ様から直接伺えるのが病院主催健康フェアの良いところですね。

 

社会保険病院様では、毎週火曜日に糖尿病教室も行っております。
しかし、患者様だけではなく、そのご家族であったり、地域にお住まいの方の健康増進に貢献するという事も、
医療機関としての理念に込められています。

『患者さんを中心にした安全で質の高い 医療を通して社会に貢献する 

 

健康的な社会を作っていくというところで、私達も是非、気持ちを同じくして、
少しでもお力になりたい!!と思いました。

秋には、いつもより大勢の方がご参加して頂けるように成功させたいですね!

 

いつもミールタイムの企画に色々とご協力していただき、本当にありがとうございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

いつもこのブログをご覧になっていただき、誠にありがとうございます。

 

大阪は本日1日中、雨が降り続いています。
先日も、台風が来たかと思えば、次の日は夏日になって、
気温差の激しい毎日ですね。

皆様はご体調を崩されてはおりませんか?
夏風邪をひいているという方が、私の周りではちらほらと見受けられます。
体調を崩されないように、お気を付け下さい。

 

さて、本日ご紹介いたしますのは大阪市住之江区にございますかつらぎクリニック様です。

かつらぎクリニック.jpg

かつらぎクリニック様の特徴は、この上の写真にもあるように、
要介護高齢者対応型住宅を併設されている事です。

1階がクリニックになっており、その上の住宅部分では、身寄りのないご高齢者の方々が
住めるよう、全室バリアフリーのお部屋をご用意しているそうです。

院長の桂木 啓和(かつらぎ けいわ)先生にお話を伺いました。 

かつらぎクリニック2.jpg

この住宅の魅力の一つとして、ご入居者様が、かつらぎクリニック様の訪問医療サービスを
受けられることが挙げられます。
また、24時間セキュリティシステムで、先生にもすぐに連絡が付くようになっているそうです。
これであればお住まいの方も、とても安心ですよね。
 

お食事に関しては、給食サービスを受ける事もできますし、
また食堂や調理室もあるので、ご近所様との交流もはかれます。
やはり食事は、楽しく食べられる事が一番ですね!

 患者様の中には、お食事の準備が出来ないとか、買い物をするのも億劫になっているという方が、
ミールタイムのカタログにご興味頂き、持ち帰って下さっています。
かつらぎクリニック3.jpg

広い院内では、患者様向けに資料も設置されており、情報発信も積極的に行っていらっしゃいました。
 

かつらぎクリニック4.jpg

先生が一番大切にしている事は、一人ひとりとじっくり対話し、
病気の治療だけではなく、不安や悩み、苦しみに耳を傾ける事だそうです。

 地域の方に喜んで頂けるよう、
『手助けしたい』『悩みを解決したい』という先生の強いお気持ちを感じる事ができ、
私も改めて、患者様と向き合う大切さを学びました。 

 

在宅医療の分野は、これから益々必要とされてきます。
ここ最近で、こうした介護サービス付きの住宅も増えてきています。

私達は宅配というサービスを通して、一人でも多くの方に健康で楽しい食生活を
送って頂けるよう、これからも努めて参ります。
桂木先生、お忙しい中ありがとうございました。この日は大雨でしたが、
先生に優しく迎えて頂き、大変心温まりました。

今後も宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

鳥辺医院様【逸見 純子】

皆さん、こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

このブログを開始してから、早80以上の記事を更新して参りました。
色々な病院や施設で行われている勉強会の様子や、
それぞれの病院の特徴等、ご紹介しております。

私がそれぞれの場所で感じた印象や、
スタッフ様が、どういった事を考えて患者様に接しているという『想い』を伝えたいと思っています。

改めて、皆様に各医療機関様の『想い』を感じて頂ければ、幸いです。
これからも、このブログを楽しみにしてしていて下さいね。

 

 

さて、本日は豊中市にございます鳥辺医院様をご紹介致します。

鳥辺医院1.jpg

この地のかかりつけ医として、院長の鳥邊博正先生が、昭和42年に内科・小児科として
開院したクリニックです。

ちょうど訪問させて頂いた際に、先生と患者様の会話を耳にしました。
「最近どうだい?」「変わらないよ」というその会話だけでも、
長きに渡り、この地域の皆様に親しまれてきたのだろう、という事を感じさせます。

 


今年の5月1日にリニューアルし、副院長として鳥邊泰久(とりべ やすひさ)先生が就かれ、
小児科、内科の2診体制となったそうです。
お写真は、副院長の泰久先生です。

鳥辺医院3.jpg

清潔感あふれる院内で印象的だったのは、受付の方や看護師さんの服装が、
花柄の華やかなシャツでした。
病院=白衣というイメージではなく、お子様も大勢いらっしゃいますので、
そういった可愛らしい服装だと、緊張せずに診察に入れるのでは、と思いました。

そういった心遣いも、院長先生や、副院長先生の優しい気持ちが伝わって参りますね。

 

それは、治療方針にも見て取れました。
『患者様の立場に立ち、正確な診断と適切な治療、誠実で丁寧な対応を心がけます。』

 普段食事相談をさせて頂くに当たって、「患者様の立場に立つ」ということが、
何より大切だと、私も感じております。

一方的な診察や食事相談をしても、患者様の心は動きません。
そこで大きな溝になってしまっては、適切な治療も出来ないという事ですね!

 

院内や外観には『ふくろう』のキャラクターがあったので、
気になって副院長先生に、伺ってみました!
 

回答としては、鳥辺医院様の「鳥」に関連するものが良かったこと、
何より、お子様が鳥が好きで、可愛らしいふくろうをキャラクターにしようと、
思ったそうです。

ちなみに・・・私の出身である、埼玉の秩父には、「秩父神社」があります。
実は、この神社はふくろうが神様であり、幸福の鳥と言われていますし、
賢いというところから、勉学の神様でもあります。
 

医療機関様で、ふくろうをモチーフとするところが多いのは、
そのせいもあるのかもしれませんね!

 

院内はリニューアルしたてという事もあり、とても綺麗です。
鳥辺医院2.jpg

鳥辺医院4.jpg

患者様の幸せの為、医療機関のスタッフも一緒に喜びを分かち合いたいという
そういった姿勢をお持ちの鳥辺医院様。
そんな鳥辺医院様のような気持ちを持って、私達ミールタイム栄養士も、
患者様に接していきたいと、思っております。

鳥辺医院様、お忙しい中ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い致します。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

いつもこのブログをご覧になって頂き、誠にありがとうございます。

管理栄養士の逸見純子です。

 

先日実家に戻った際に、裏庭にある梅の木々に梅の実が沢山なっていました。
枝が重みに耐えきれない程、毎年沢山の実が付きます。
毎年梅干しにしたり、氷砂糖と一緒に漬けたりして楽しんでいますよ。

毎年その光景を見ると、夏が来たな~と季節を感じます。
皆様もきっと、ある光景や物を見ると、この季節がやってきたな!と感じるものがあると思います。
そういった風物詩は、ずっと大切にしていきたいものですね。

 

さて、本日は大阪市西区にございます多根総合病院様をご紹介致します。
管理栄養士の野口 佳子(ノグチ ヨシコ) 様と

多根総合1.jpg

荒金 和歌子(アラガネ ワカコ) 様です。

多根総合2.jpg

先日の大阪府栄養士会でも、お二人をお見かけしましたが、
お二人ともとても勉強熱心で、様々な勉強会の会場でお会い致します。

多根グループ様には、他にも病院や健診センター等がございますが、
そこで働く栄養士様方は、皆様とても仲が良く、最新情報を得たい、ご自身のスキルアップに繋げたいと、
勉強熱心な姿が印象的です。

病院様同士で色々と情報交換も出来ますので、グループ内で連携が取れていると、
とても心強いですよね。

 

先日のブログで、同じ多根グループの、多根記念眼科病院様の勉強会の事をご紹介致しましたが、
院内の勉強会や患者様向けの催し等も、積極的に行っていらっしゃいます。
スタッフ様は、ご準備がとても大変だとは思いますが、その一つ一つが患者様のお力になり、
支えになっていくのだと思います。

そういった患者様をサポートしていきたい!という積極的な姿勢が、
普段のお話の中でも伺えますので、私はお二人をご訪問させて頂いた際には、
私も患者様の為に頑張ろう!という、力を頂けます。

 

また私達でお力になれる事がございましたら、
色々と企画を考えて参りますね!

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

松崎病院様【逸見 純子】

こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

本日は、大阪市生野区にございます松崎病院様をご紹介致します。

先日、松崎病院の管理栄養士 木村 雅恵(キムラ マサエ)様と、
併設している居宅介護支援事業所のヘルパー様達へ向けて、
試食会を実施致しました。

松崎病院1.jpg

なかなか宅配食を召し上がる機会は少ないという事と、
ホームヘルプサービスをご利用されていらっしゃいます患者様で、
宅配食を利用した方が良いのでは、と考えている方がおり、
実際にスタッフ様で検討したいというお話を頂き、今回の試食会となったのです。

 

召し上がって頂いたのは、
ヘルシー食のおかず

ヘルシー食のごはん付き

腎臓病食のごはん付き

ケア食

の4種類です。

 

ヘルパーさんにお話を伺うと、食事介助が必要な方もいらっしゃいますので、
ケア食に対する需要が高いとおっしゃっておりました。

「やわらかいだけではなく、形態も一口大くらいにしてあると、食べやすいね」とか

「○○さんの家の冷凍庫に、これだったら入り切るかな」

と試食しながら、色々なご意見ご感想を頂きました。

松崎病院2.jpg

患者様の生活を間近で目にしているヘルパーさんですと、
問題点も手に取るように分かります。

 

どういった方にミールタイムをお薦め出来るか、
またどうしたら、その方がより良い食生活を送れるかと、真剣に話し合っておりました。

 

その中でミールタイムが少しでもお力になれれば、嬉しいです。
本日頂いた貴重なご意見を基に、更に新メニューの開発にも力を入れていきます。

お忙しい中、お時間を頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

  

皆さんこんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

先日ミールタイムをご利用頂いております医療機関様で、
久しぶりにお電話でお話させて頂いた方がいらっしゃいました。
普段ご訪問する事が出来ないのですが、一度だけお会いした事があったのです。

いつもお話する際には、「体調大丈夫?」「元気でやってる?」と
私の心配をして下さいます。その優しさがとても嬉しくて、本当に感謝している方のお一人です。
身内のように接して下さり、ミールタイムの最新号が出るたびに、
カタログの栄養士紹介ページを見て、元気でやっているか見てしまうとか!!
本当に有難いです。

ミールタイム栄養士は、患者様にとっても身近な存在でありたいと思いますが、
このように医療機関の方からもお声掛けして頂き、皆様から応援して頂ける存在にならねばと
改めて思いました。

今後も、なかなかお会い出来ない方には、紙面を通して元気と笑顔をお届け出来るよう、
大阪支社も頑張って参ります。

 

さて、本日ご紹介致しますのは大阪市大正区にございます、
中山製鋼所附属病院です。
 

管理栄養士の土江由美子様とお話しました。

中山.jpg
 

病院では、居宅介護支援事業所等もあり、介護に関するご相談も受けております。
その患者様お一人お一人が、その方らしい生活を続けていくための
お手伝いが出来ればと、おっしゃっていました。

 

介護関係のところは、家庭ごとに悩みも違うでしょうし、
これから益々必要とされるところですから、病院様でこのように手厚く
診て頂けるのは、とっても心強いですね。

 

また土江様のお話ですと、高齢の患者様だけではなく、中山製鋼所にお勤めの方への
栄養相談もあるとの事。
お仕事をされていると、食事時間も不規則になりがちですし、独身の男性の方ですと、
カップラーメンや弁当を食べて終わりにしてしまう方も多いそうです。
 

栄養相談には、カロリーマップも使えると大好評ですし、カタログでご紹介しております、
キユーピーディフェも皆様にお配りして頂きました。
mealtime_P40.jpg

是非ぜひ、栄養指導ではカロリーマップやサンプル等有効に使って頂き、
お役立て頂ければ幸いです。

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

吉栄会病院様【逸見 純子】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

昨日のブログで、細川さんがいなり家こんこん様のことをご紹介しておりましたが、
大阪市内の皆様!美味しいおいなりさんを、ゲットする事は出来ましたでしょうか?
間に合わなかった皆様、申し訳ございません。

 

また次の9日と12日をお楽しみに♪

 

見た目にも、卜部さんの繊細なセンスが光る、とても綺麗なおいなりさんです。
おいなりさんに『綺麗』という表現はおかしいかもしれませんが、
思わず「宝石箱や~!」と言ってしまいますよ!!

もちろん、お味も大満足です。
一口噛めば、ジューシーなお揚げに染み込む、甘いたれが
口の中いっぱいに広がります。
また、季節の食材である「みょうが」を取り入れたものや、
薄い卵焼きで巻いたものなど、本当に手が込んでいます。

是非一度、ご賞味下さいね!

 

さて本日は大阪市生野区にございます、吉栄会病院様です。

吉栄会病院.jpg

管理栄養士の市原 和美(イチハラ カズミ)様とお話ししました。

 

普段はロビーのところに設置してございます、大きなラックにミールタイムを入れて
下さっています。ありがとうございます!

療養型、そしてリハビリが中心の病院様です。
介護食の需要が高いという事ですが、ミールタイムもラックに入れておくと、
楽しみに持ち帰って下さる方が多いようです。

 

市原様は栄養士様お一人なので、近所の病院の栄養士様とよく情報交換を
行っているそうです。
所属がお一人の栄養士様は、勉強会や学会に出席したいと思っても、
お休みを取ってまでは、中々外出出来ないのが現状です。

そういった時にお近くの病院様同士で意見を交わせるというのは、
素晴らしい事です!
お困りの事がございましたら、弊社運営の栄養士専門サイトFoodishも覗いて見て下さいね!

 

 

吉栄会病院は介護サービスに力を入れていらっしゃいまして
利用者様の状態に応じて医療スタッフが訪問し、管理・指導等を行っています。

 

ここ最近の傾向として、在宅療養に力を入れる医療機関様が増えてきています。
高齢者層が益々増えていく中で、医療に携わる方だけではなく、
一般企業もどうやったら、在宅療養者様のサポートが出来るか、
というところも、大きな課題です。

 

ファンデリーとしても、高齢の患者様向けにケア食を取り扱っておりますが、
もっともっと軟らかさや、大きさ、使う食材等、改善は必要です。
ミールタイムをお届けしている医療機関様の中でも、
必ずと言って良いくらいに、介護食のところはご質問を頂きます。

ケア.jpg

皆様のご期待に添えられるよう、これからも商品の改良を重ね、
良いものをご提供出来るよう努めて参ります。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

いつもこのブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

管理栄養士の逸見純子です。

 

突然ですが、皆様は普段意識して運動されていらっしゃいますか?

最近、東京マラソンに続けとばかりに、大阪マラソンや神戸マラソン等、
各地域でマラソン大会が催される事も、多くなりましたね!
大阪城の周りも、市民ランナーの皆さんが元気よく走っているのを、
よく目にしますよ。

この季節、新緑の中を歩いたり走ったりするのは、とても気持ちが良いものです。

 

実は、大阪府を主催として、気持ち良く、健康な体つくりをしていきましょう!という
素晴らしい取り組みがあるのです。
それが、『みどりウォーキング・食と健康フェスタ』です!!

midoriwalking_logomini.jpg

「みどりを感じながら、健康になろう!」をテーマにみどりの中のウォーキングを通じ、
メタボ対策、老化抑制など府民の健康増進、健康管理に対する関心を高める取組みとして、
6/3に初めて開催されました!

 

内容は

(スタート地点)

相愛大学(受付、講演、ウォーキング講習、各種測定ほか)

                 ⇓

(中間チェックポイント)

大阪府咲洲庁舎1階(各種測定(南港病院)、各種PR展示ほか)

                 ⇓ 

(ゴール地点)

森ノ宮医療大学(粗品受渡し、講演、はり・きゅう施術など)

の全6kmに及ぶコースを、歩いていくというものです。

 

写真は、ゴールの森之宮医療大学様にて、ゴール後の血圧測定をしているところです。
みどりウォーキング4.jpg

今回ファンデリーは、協賛企業として参加させて頂きました。
ゴール地点の森之宮医療大学様にて、お土産を配布して頂きました。

みどりウォーキング7.jpg

 

朝は小雨のぱらつく中でのスタートなり、参加人数もどうなるかと心配しましたが、
お昼をまわる頃には、晴れ間も見えてきて、じょじょに参加人数も増えていきました。

みどりウォーキング3.jpg

 

会場となったのは、大阪市住之江区の、南港地域です。
港があり、普段は荷を運ぶ船が行き交ったり、トレーラーや大型のトラックが走っているので、
参加された方の中には、「緑」というイメージは、あまり無かったのかもしれません。
(普段のこの地域の様子です↓↓)

みどりウォーキング2.jpg

しかし、このウォーキングを通して、「こんなに住之江区にも緑があるんだね!」とか、
「気持ち良かった!運動習慣の良いきっかけになったよ!」という感想が聞こえてきました。
(こういった道が、ずっと続いています↓↓)

みどりウォーキング5.jpg みどりウォーキング6.jpg
 

府民の皆様にとって、健康意識を高める良いきっかけに携われた事は、
ファンデリーとしても、とても嬉しかったです。
 

今回こういった機会を頂く事ができまして、
大阪府環境農林水産部の皆様、ありがとうございました。
これからも、栄養士として皆様の健康増進に携わっていきたいです。

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

皆さんこんにちは。

管理栄養士の逸見純子です。

 

本日のブログは、5/26(土)に開催されました、
大阪府栄養士会総会の様子を、ご紹介致します。

大阪府栄養士会1.jpg

毎回、大阪リバーサイドホテル様を会場として、200~300名くらいの方が
ご参加される、とても大きな会です。
全国都道府県で栄養士会はありますが、日本一の栄養士会を目指しましょう!と
一致団結して、先生方は取り組まれていらっしゃいます。

 

今年初めてファンデリーも会に参加させて頂きまして、
展示会会場にて、ブースを出展致しました!

大阪府栄養士会4.jpg   大阪府栄養士会7.jpg

ブースでは、商品数が増えましたケア食と、腎臓病食のごはん付きを中心に
ご紹介させて頂きました。
栄養士の皆様からは、「ケア食を、実際に試食してみたい!」
「腎臓病食が、指導する中でも難しいから、宅配を薦める事が多いよ」
という声がありました。
 

また、会場にお越し頂いた方にはミールタイムでご紹介しております、
塩分ゼロうどんをお配りさせて頂きました!
原材料『小麦粉』だけという、塩分を全く使っていない商品です。
それでもこしのある、美味しいうどんが召し上がれますよ。
これからの季節、皿うどんとかにしても、オススメです!


 

さて、展示に関してですが会場が2部屋あり、多くの企業様が展示をされていました。
会場の様子です。↓↓

大阪府栄養士会2.jpg

約1時間半の展示時間で、200名~300名の方がいらっしゃったので、
会場は一気に熱気に包まれました。
私も汗をかきながら、必死でした。

栄養士様の中には、私の顔を見て「逸見さ~ん!!」と声をかけて下さる方もおり、
とても嬉しかったです。

 

総会もすべて終わった18時頃。
皆様も楽しみにされていた、懇親会もありました。

大阪府栄養士会5.jpg

立食パーティーです!
会場では、普段中々顔を合わせられない栄養士様達も、
近況報告や、これからの事等を話して、皆様とても楽しんでいらっしゃいました。

仕事場では一人で仕事をする事の多い栄養士ですが、
こういったところで、仲間同士コミュニケーションを取れるのも、
栄養士会の良いところですね。

ちなみに、立食パーティーのメニューの中に、たこ焼きがありました。
さすが大阪だな~と一人で感心してしまいました。
中々、こういう席でたこ焼きは見かけないような気がします。
粉もん大阪の、良きところですね☆

 

最後に、会長の酒井先生のお言葉もありました。

皆様また気を引き締め、それぞれの職場に戻っていきます。
私達ミールタイムも、少しでも皆様のお力になれるよう、
そして『栄養士の道を切り開く』を念頭に、これからも栄養士様、
医療機関スタッフ様のサポートをさせて頂きます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

プロフィール

アーカイブ