2013年1月アーカイブ

いつもブログをご覧になっていただき、有難うございます。
管理栄養士の逸見純子です。

本日は、いつもとは少し趣旨を変えて、現在医療の現場で導入されつつある、新しい生活習慣病対策を
ご紹介して参ります。

 

ブログタイトルにも御座います「糖尿病透析予防指導管理料」 についてです。

これは、糖尿病患者に対しての透析予防指導が強化され、
その指導を医療機関で行う際に、発生する指導管理料の事です。

 

透析患者数が増加している中、透析導入患者の原疾患は、糖尿病性腎症が最も多くなっており、糖尿病患者に対し、

外来において、医師と看護師または保健師、管理栄養士等が連携して、重点的な医学管理を行うことについて評価を行い、

糖尿病患者の透析移行の予防を図る。

 

とされております。

 

この指導の対象となる患者様も条件がありますし、実施出来る医療機関も限られています。

【算定要件】

1、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6.1%(JDS値)以上、6.5%(国際基準値)以上または内服薬やインスリン製剤を使用している
  外来糖尿病患者であって、糖尿病性腎症第2期以上の患者(透析療法を行っている者を除く)に対し、
  透析予防診療チームが透析予防にに係る指導管理を行った場合に算定する。

2、透析予防診療チームが「1」の患者に対し、日本糖尿病学会の「糖尿病治療ガイド」等に基づき、患者の病期分類、
  食塩制限及びたんぱく制限等の食事指導、その他生活習慣に関する指導等を必要に応じて実施した場合に算定する。

【施設基準】

①以下から構成される透析予防診療チームが設置されていること。

 ア 糖尿病指導の経験を有する専任の医師

 イ 糖尿病指導の経験を有する専任の看護師または保健師

 ウ 糖尿病指導の経験を有する専任の管理栄養士

②糖尿病教室を定期的に実施する事等により、糖尿病について患者及びその家族に対して説明が行われていること。

③一年間に当該指導管理料を算定した患者の人数、状態の変化等について報告を行うこと。

④薬剤師、理学療法士が配置されている事が望ましい。

(厚生労働省HPより引用)

 

以上の算定要件に該当する患者様に対して、施設基準をクリアした医療機関でこの透析予防に対する指導が
行われた場合に、指導管理料が発生するというわけです。

 

文頭にも申し上げましたが、昨今透析治療に移行する患者数が大変増えております。
日本透析医学会によりますと、透析に導入された患者の原疾患の第一位は糖尿病性腎症で44.2%(前年の割合より 0.6%増加)、
第二位が慢性糸球体腎炎で20.4%(0.6%減少)、
第三位が腎硬化症が11.7%(前年と同様)、不明が11.2%(0.5%増加)とされています。

 

こうした現状を受け、病院や私達民間の企業等も連携して、患者様をサポートしていかねば、と強く感じます。
しかし、普段医療機関様にご訪問させて頂く中で、病院でこの制度が実施されているといっても、
まだスタートしたばかりで、なかなかこの制度も完全にはスタートして切れていない現状が分かってきました。

 

大阪府内の医療機関20件の栄養士様に対して、アンケートを実施させて頂きました。
(2013年1月実施状況)

 

【Q1】ここ1ヵ月で、糖尿病透析予防指導管理料を算定された患者様はいますか?

Q1.jpg

約半数の医療機関様ではまだ導入されておりませんでした。

実施している医療機関様に伺うと、まずは月に100件を目指して現在取り組んでいる、
という前向きなご意見もあり、更に院内で栄養士の力が必要とされるようになってきたと嬉しく思います。

 

 

【Q2】Q1で「はい」の医療機関様のみ

この制度が導入されてから、普段の栄養指導件数が増えてきていますか?

Q2.jpg


6割以上の医療機関様では、まだ指導件数が増えたという実感がないと、感じていらっしゃいました。

理由は色々ありますが、まだ月に3~5件くらいの指導件数しかなく、これから強化されていくところが
ほとんどのようです。
 

 

逆に、実施出来ない理由を伺ってみましたところ、様々なご意見を頂きました。

■対象のスタッフが足りていない訳ではないが、まだ手順を踏んでやっている段階。
システムとしてはまだ確立していないのが現状です。

■栄養士はやる気があっても、その担当出来るドクターが揃っていない。スタッフの確保自体が大変。

■来年度から本格的に動くつもり。スタッフは揃っているが、号令が必要 

■病院の方針もあり、現在このシステムは停止している状態。栄養士としてはやりたい。

■まだシステムが確立していないので、試行錯誤しながらの状態。検討しながら、今進めているところです。

他にも色々ありますが、このようなご意見が多かったように思います。
 

この透析予防の指導については、医師、看護師または保健師、管理栄養士の透析予防診療チーム
確立されていないといけません。また、この対象の患者様が外来で来院されたその日に、
チームでの指導が行われないとなりません。
患者様はまず医師の診療を受け、次に栄養指導を受け、最後に看護師からの指導を受ける、といった具合に、
その日にすべてのスタッフ様からの指導を受けます。
そして、それを数回に渡り、継続的に指導を受けることになります。
 

その為、その時間をスタッフ様も確保しなければいけない事が分かります。

患者様の為に、このようなしっかりしたサポートをしていく事はとても素晴らしい事なのですが、
実現出来ていないのは、こういうところにあるのかもしれません。

 

ミールタイムにも、透析寸前で食事管理が上手く出来ていないという患者様が、ここ最近でとても増えたように
思います。今後糖尿病からの透析を予防していく為にも、自宅での食事療法が更に重要になっていくでしょう。

私達が出来る事として、新メニューの開発や情報発信する為の記事を作ったりという事もありますが、
何よりも、これ以上糖尿病を悪化させない為の、食事のサポートが求められると思います。
病院での指導に加えて、更に私達が在宅の食事サポートをさせて頂くことによって、
患者様のより良い生活に繋がっていければと思っております。

 

最後にお忙しい中、ご協力頂きました医療機関の栄養士様、本当に有難うございました。
皆様から頂きました貴重なご意見を参考にして、次回の資料作り、また、情報の提供に繋げて参ります。

------------------------------------------------------------------------


10/1(月)から神奈川支社のブログが始まりました!

神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報が掲載!栄養価計算もできるようになりました!

いつもこのブログをご覧になって頂き、誠に有難うございます。

管理栄養士の逸見純子です。

 

本日ご紹介致しますのは堺市に御座います、神元クリニック様です。

院長の神元 章雄(カミモト アキオ) 先生と、看護師の皆様と一緒にお写真を撮らせて頂きました。

kamimoto.jpg

お写真を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、神元先生はとても優しく、やわらかい印象でした。
神元先生の作りだす雰囲気が、クリニック内にも伝わっておりました。
 

神元クリニック様では、内科・循環器科を中心とされております。
院内には、皆様に分かりやすいよう資料がまとめられており、ご自由にお手に取れるように設置されています。kamimoto3.jpgkamimoto2.jpg

神元先生にお話を伺ったところ、
「生活習慣病の方で、食事療法がなかなか自宅で実践出来なくて困っている患者様が多い」と仰っておりました。

実際に院内には、ミールタイムを始めとして、ご自宅で実践しやすいようなレシピの本や、
食事療法に関する資料もまとめられておりました。

私が伺った時にも、女性の患者様が熱心に資料に目を通し、食事療法の勉強をされていました。
 

来院される患者様でも、糖尿病から腎臓病に移行される患者様も少しずつ増えているそうです。

神元先生も、「たんぱく質を制限したり、目に見えないカリウムの調整がやっぱり難しいね」
「ミールタイムを利用したいと思っている患者様は、これからもっと増えていくだろうね」と、仰られておりました。
 

糖尿病の時にはカロリー制限をしているのに、腎臓病を併発してしまった時には、たんぱく質やカリウムを抑えつつ、
カロリーをしっかり摂取しなければいけません。
食事療法のやり方が急に変わってしまう為、とまどってしまう患者様が多いように思います。
神元先生もそこを心配されていらっしゃいました。

 

来院される患者様や、スタッフ様のお力になれるように、ミールタイムが出来ることとして、
栄養士が検査数値の改善のサポートさせて頂き、最新の情報を発信してまいります!

------------------------------------------------------------------------


10/1(月)から神奈川支社のブログが始まりました!

神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

先日の大雪は、新幹線や都内の電車が乱れてしまい、本当に多くの人の足に、
影響があったのではないでしょうか。

成人式を迎えられた方は、とても大変だったとは思いますが、
こんな記憶に残る成人式も、珍しいのかもしれないですね。
新成人の皆様、おめでとうございます!!

 

さて、本日ご紹介させて頂きますのは、日本病態栄養学会にてお会い致しました、
堺栄養士会でご活躍されております、皆様です。

三宝病院1.jpg

後列:左から金岡病院 新見 喜美栄(ニイミ キミエ)様、三宝病院 前島 美千枝(マエジマ ミチエ)様 
北野田診療所 山田 晴美(ヤマダ ハルミ)様、
前列:左 三宝病院   戸田 梓(トダ アズサ)様、逸見です。 

 

堺市に御座います三宝病院の前島様が、堺市の栄養士さん達を中心に構成された、堺栄養士会の代表を務められております。  

 

この堺栄養士会では、 のの企業の専門職の方からご講演頂いたり、栄養士のスキルアップの為の勉強会を実施し、
世の中で活躍出来る栄養士を育てるという事で、積極的に勉強会を行っていらっしゃいます。

 

堺栄養士会では、月に2回の勉強会を実施しており、もう142回を数えます。

それぞれの参加者が、スキルアップしたいという意志の元に集まり、
こうしてずっと長い間開催し続ける事ができるのは、とても凄いことだと思います。

いつも明るく、パワフルな皆様から良い刺激を頂き、まだまだひよこの私は、
もっと成長しなければいけない、と毎回勉強させて頂いております。 

この会をずっと長くけん引されていらっしゃいます、前島様の人望が伺えますね。

 

 

今月の26日にも、獨協医科大学越谷病院の消化器内科 准教授の鈴木壱知先生の特別講演があるそうです。
テーマは、【エビデンスに基づいた肝臓病栄養治療】です。

 

なかなか肝臓病の栄養指導を、専門的に教えて下さる機会は少ないかと思いますので、
周りの栄養士様達からは、是非参加してみたい!という声が多いそうです!
貴重なお時間になる事は、間違いないです。

当日参加も出来るそうですので、皆様、お誘いあわせてぜひご参加下さいませ。
 

 

1つ前のブログにて、細川さんが日本病態栄養学会の事を掲載してくれています。
北海道から沖縄まで、全国の栄養士様方にお会いすることができ、
私は、本当に素晴らしい学会だなと思います。

今回も、本当に皆様の意識が高く、とても熱気のある学会でした。

この学会を通して、私はまた一つ「栄養士」という職の素晴らしさを感じました。
食の力で、患者様を幸せにしていきたい!という皆様の想いを感じて、
改めて、私達も頑張ろうと想いを新たにしました。

 

その為にも色々と、自分が成長しなければなりません。
足りない事を少しでも足していけるように、これからも前島様を始めとする、先輩方の背中を追いかけ、
栄養士として更に力を付けられるように、頑張ります。

------------------------------------------------------------------------


10/1(月)から神奈川支社のブログが始まりました!

神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

北堀江病院様【逸見 純子】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

年が明けたばかりですが、あちらこちらで体調を崩している様子を目にします。

水分をしっかり補給し、乾燥しないよう注意していきたいと思います。
皆様も、ご体調崩されないよう、ご自愛下さいませ。

 

さて本日ご紹介させて頂きますのは、大阪市西区に御座います北堀江病院様です。

管理栄養士の松井 直美様には、普段から一緒にお話させて頂く機会が多いのですが、
お話しする度に、勉強熱心な姿に良い刺激を頂いております。

kitahorie.jpg

松井様は「自分はまだまだだから、色々な方に会ってお話を伺い、勉強しないとダメですね」と
常に、自分を高める努力をされていらっしゃいます。

 

そんな松井様が、目を輝かせて嬉しいご報告をして下さいました!

糖尿病の患者様で、なかなかHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワンシー)の数値も下がらなかった患者様がいらっしゃいましたが、
急に検査結果が改善出来た方がいらっしゃったそうです。

炭水化物の摂取量が多かったり、スーパーで買ってきた揚げ物を召し上がる機会が多い、
間食が止められないと、お食事に関する事でのお悩みが多々ありました。

でも、その中で松井様の栄養指導や看護師様、主治医の先生のフォローによって、
少しずつ食事療法をしていかないと大変だ、という意識が患者様にも芽生えてきたそうです。

 

まさにファンデリーが大切にしている『行動変容』ですね!

 

糖尿病療養指導士の資格を持った看護師様が、北堀江病院様に入職されたと伺いました。
栄養指導という限られた時間で、今までは松井様が「糖尿病とは」とか、「合併症について」等、
お話をされていたそうです。
しかし、それでは肝心の【食事の話】が限られてしまいますよね。

そこでその看護師様が病気についてのお話をして、松井様はお食事についてのお話に専念するという形が
しっかり取れるようになったそうです。
それによって、患者様もより深く食事療法に対して関心を抱けたのだと思いました。

 

様々なスタッフ様のサポートがあったので、患者様も食事に対する意識が変わり、
その中で食事療法の一環として、ミールタイムのお食事をご利用下さるようになったそうです。

 

先日の栄養指導の際に、「なぜ数値が改善出来たのですか?」と松井様がご質問をされた時に、
ミールタイムのお弁当の事を患者様がお話して下さったそうです。

「数値改善出来てきて、その患者様は更にやる気が出てきていましたよ。
本当に嬉しかった!」

と松井様も、とても喜んで下さいました。

 

沢山の方々の支えがあって、患者様の気持ちが変化し、そして結果に繋がっていく。
その中で、ミールタイムも少しでもお手伝い出来ている事は、私もとても嬉しかったです!

 

もちろん患者様の努力があってこそですが、そういった方が1人でも増えていくように、
これから私達も、北堀江病院のスタッフ様のように、更にサポート力を磨いていきます。

------------------------------------------------------------------------

10/1(月)から神奈川支社のブログが始まりました!

神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、このブログをスタートする事ができ、そして続ける中で沢山の方々との出会いがありました。

いつもブログをご覧になって頂いている皆様、本当に有難うございます!
今年も、ブログを通して多くの方に楽しみや、感動を与えられれば嬉しいです。

本年も本社(赤羽)ブログ神奈川支社ブログ、大阪支社ブログをどうぞ、お楽しみに!
 

 

さて、本日からファンデリーも2013年の新たなスタートを切りました。
 

ファンデリーとして、大きな変化のあった2012年でしたが、2013年はその変化をどのように活かしていくか、
という事が大切になるかと思います。
せっかく多くの方との出会いがあったのですから、ファンデリーを知って下さった方に、
少しでも喜んで頂けるよう、更に上を目指し続けていきたいと思っています。

 

昨年の秋~年末にかけては、激動の数ヶ月でした。
しかしその流れの中で、自分の力で進み続ける事ができず、個人的には大変悔しいまま2012年が終わりました。

これではいけない!
この休み中にずっと考えていました。

ファンデリーに関わるお客様、そして医療機関の方、企業の方等、すべての方々に喜んでいただき、
『ファンデリー』を愛して下さる方が1人でも増えていくように、私はミールタイムを広める役目が出来ればと思っております。

 

 

年末、ある大阪市内の病院栄養士様からメールを頂きました。
(以下メール抜粋)

先日、栄養指導の際に「ミールタイム」を案内したところ、最近利用を開始され、

今日、来院時のデータ(HbA1c)が下がっている患者さんがおられました。

様々な相関関係があるにしても、ミールタイムさんの食事効果にますます期待が高まります。

患者さんも喜んでおられましたが、私も本当に嬉しかったです。(患者さん以上にはしゃいだかも…笑)

 

嬉しかったのと同時に、逸見さんの顔が思い浮かんだので思わず連絡しちゃいました。

 

こんなにも嬉しい事はありません!!


患者様だけではなく、栄養士様もそしてそれを見守る病院スタッフ様も、数値改善出来たことをとても
喜んでいらっしゃり、ミールタイムに対しても期待して下さっています。
もちろん、患者様自身の努力の賜物であると思います。
その中にミールタイムのお食事が加わり、少しでもお手伝い出来ているのかなと思うと、感動致しました。

また、いつもご訪問させて頂いている私の顔を思い出して下さったなんて!
改めて、ご訪問させて頂いている意味を知りました。
私達も一緒に患者様をサポートさせて頂いている、そう思えて更に感動致しました。

こういった嬉しい出来事が、もっともっと増えるように今年1年、また頑張ります。
 

そしてファンデリーに期待して下さっている方々にお応えできるよう、
自分自身の内面を磨いて、日々成長していきます。

 

ぜひぜひ、皆様ご期待していて下さい。
それ以上の事をお返しして参ります!

 henmi.jpg

------------------------------------------------------------------------

10/1(月)から神奈川支社のブログが始まりました!

神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

 

プロフィール

アーカイブ