大阪大学医学部附属病院様腎友会【逸見 純子】

皆様こんにちは。

管理栄養士の逸見純子です。

 

4月に入り、新しく入った栄養士達も元気に毎日を過ごしております!

純粋で、とても前向きに頑張ってくれる栄養士ばかりです。

お客様や医療機関の方をサポートできるよう、

自分を磨き社会人として成長したい!と日々頑張っています。

これからの活躍に期待していて下さいね!!

 

さて本日は、先日大阪大学医学部附属病院様で

開催されました腎友会(腎臓病の患者様の会)のご紹介を致します。

≪春の集い≫と題された今回は、

腎臓内科科長の猪坂善隆先生からのご講演と、

リーガロイヤルホテル大阪大学レストランの桶谷シェフが料理した

栄養管理室の山本美紀子先生監修 低たんぱくのフルコースを

参加者の皆様でいただくという、内容でした。

 

まずは、第一部。ご講演の様子です。

DSCF4155.JPG

今回のテーマは「ips細胞と腎臓病治療」についてです。

現在注目されている再生医療ですが、ips細胞を使った

腎臓の再生医療は可能か?という大変興味深いテーマでした。

患者様にとってみれば、自分の細胞で腎臓が再生したら、

移植をすることができるかもしれません。

厳しい食事療法から解放されることも、夢ではないのです。

ただし腎臓はとても細かな血管の密集体です。

再現させるまでには、何十年という相当の時間がかかるようです。

でもこれからの治療に、大きな期待が持てることは確実です。

貴重なお話を伺えて、とても勉強になりました!

 

講演会と同じ部屋には、私たちも商品紹介のブースを設けさせて頂きました。

DSCF4151.JPG  DSCF4152.JPG

参加された患者様で年末にミールタイムのおせちを

ご利用して下さった方がおり、感想を頂きました。

「美味しくて、嬉しくて、泣きながらおせち食べました。

今までタンパク調整のおせちは見たことが無かったから、

本当に嬉しかったです。」

その言葉をいただき、本当に感動致しました。

患者様には「ありがとうございます」しか伝えられなかったので、

商品内容やサービスをもっともっと向上させ、

お気持ちに対してお応えしていきたいと思っております。

本当にありがとうございます!

 

第二部。待ちに待った、「春のお楽しみランチ」です♪

DSCF4160.JPG

桶谷シェフと、管理栄養士の山本様よりメニューの紹介をして頂き、

前菜から順番にお料理をご提供頂きました!

DSCF4165.JPG   DSCF4163.JPG

一部お料理をご紹介します!

DSCF4167.JPG 

↑↑前菜の春野菜のコンビネーション

しっかり野菜を湯でこぼしをしているのに、野菜の歯ごたえがしっかりあり、

野菜のおいしさだけでも、すでに一品の料理として成り立つくらいです。

 

DSCF4176.JPG

↑↑主食の桜海老のごはんロール

1/25の低たんぱくご飯を使った巻物です。

上に乗っている桜海老の塩分と一緒にご飯を頂きます。

減塩の工夫が感じられ、とてもおいしかったです。

 

DSCF4172.JPG

↑↑主菜の真鯛のオリーブオイル焼 タピオカ入りトマトの梅ソース

低たんぱくのお食事の場合、全体的にエネルギーも減ってしまうことが心配されます。

しかし、このソースにはタピオカが含まれているので、タンパク質を抑えながら、

エネルギーアップが実現しています!

 

どれも上品なお料理ばかりで、満足いくフルコースでした。

患者様は年1回のこの日だけは、食べ残す必要なく、

何の気兼ねせずに食べきることができるという喜びを味わえるのです。

それがこの腎友会の楽しみの一つだと仰っていました。

 

このように皆様から喜ばれるメニューを

提供し続けていかなければいけないな、と改めて感じました。

 

今回このような機会に参加させて頂き、

栄養管理室の皆様、腎友会の皆様ありがとうございました。

皆様からのお声を活かして、更に美味しさの向上に努めて参ります!

-------------------------------------------------------------------------
神奈川支社のブログも更新しております!
神奈川で働く栄養士が紹介する医療機関紹介ブログ-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

プロフィール

アーカイブ