2013年11月アーカイブ

皆様こんにちは。管理栄養士の逸見純子です。

先週の土曜日に、学生の皆さんを対象とした、セミナー&交流会を開催致しました。

栄養士が食の力で世の中を変えていく、そんな想いを込めて、

『栄養士が未来を切り拓く』と題して、行っております。

今回の大阪開催で、トータル5回目を迎えました。

 

これから社会に出て栄養士として活躍する学生の皆様は、

12月からの就職活動を迎えるにあたって、

希望を持ちながらも、沢山の不安を抱えているかと思います。

そういう時に、社会で活躍している栄養士の先生方のお話を聞いて、

何かこれからの活動のきっかけになればと思い開催しております。

 

今回の会では、約300名の学生の皆様にお集り頂きました!

 

昨日、赤羽ブログでも東京でのセミナーの様子をご紹介しておりますので、

こちらも是非ご覧下さいませ。

 

≪開催日時・場所≫

2013年11月23日(土)14:00~

堂島リバーフォーラム

第一部と第二部の構成になっており、第一部では、栄養士の先生方のご講演、

そして第二部では、食事を交えながら、他校生やご講演下さった先生方との交流会です。

 

【第一部 セミナー】 

テーマ:これからの進路を考える学生に、今伝えておきたいこと

医療機関や企業にお勤めの栄養士様から、それぞれの立場での御苦労や、

なぜ栄養士を目指したのか、そしてこの現場を選んだ理由等、

それぞれの先生方のご経験を交え、大変貴重なお話を伺えました。

 

大阪市立大学医学部附属病院 管理栄養士 石川 佳代子先生

20131123-2.jpg 20131123-5.jpg

石川先生は、高校生の時にテレビで見た臨床栄養士に憧れ、栄養士の道に進もうと思ったそうです。

現在、大学病院という現場では、様々な疾病の患者様を相手とされ、

約190種類にも及ぶ、疾病別のお食事を直営で作られているそうです。

そういった現場でのやりとり、他職種との連携、そして更に大学病院での入院日数はとても短い為、

ご自宅や地域に帰られる患者様のサポートなど、病院での栄養士の役割や業務を中心に

ご紹介して下さいました。

普段見ることのできない病院給食の様子の写真など、貴重な写真と共にご紹介してくださり、

臨床の現場を目指す学生の皆様には、大変参考になったのではないでしょうか?

 

◆南大阪病院 管理栄養士 藤吉 恭子先生

20131123-3.jpg 20131123-6.jpg

藤吉先生は、高校生の時に電車で見た、青年海外協力隊の栄養士の仕事に憧れ、

栄養士の道に進まれたそうです。

経験が無いと出来ない任務なので、新人のうちはまだ修業をしなければいけないと思い、

日々努力されてきました。

やっと念願叶い、アフリカのマラウイに派遣された時の体験談は、

想像以上の御苦労に、驚きと戸惑いと努力の日々だったんだなと感じました。

でもそれを乗り越え、その国の方々の為、藤吉先生の努力が少しずつ

実を結んでいくお話は、まるで映画でも観ているかのような気分になりました。

こんな経験をした栄養士様のお話が聞けるのは、そう滅多にあることではありません。

学生の皆様の中にも、海外で活躍したい!と思う方も多く、熱心にご質問されていました。

 

サラヤ株式会社 管理栄養士 吉村 友利先生

131126_25.jpg 20131123-7.jpg

吉村先生は、管理栄養士という資格を持ちながら、少し違った角度から「食」を支える

エキスパートとして、サラヤ株式会社様にお勤めされています。

「食品衛生インストラクター」という社内資格があり、食に携わる環境の皆様が、

安全、安心且つスムーズに作業が行えるようアドバイスをされているそうです。

学生のうちには、なかなか知ることのできない分野のお仕事だと思うので、

学生の皆様も、栄養士としてこういった道もあるのかと、頷きながら真剣に耳を傾けておりました。

 

株式会社ファンデリー 管理栄養士 逸見 純子

20131123-10.jpg 20131123-9.jpg

この場に立たせて頂けることが大変嬉しかったです。

何も偉そうなことは言えませんでしたので、私の経験と、想いと、なぜ栄養士を目指して、

このファンデリーという会社に出会えたのか、

そんな私の生きてきた道をそのままお伝えしました。

栄養士として、一人でも多くの患者様のお力になりたい、想いを精一杯伝えたつもりです!

今後も想いはぶれずに、栄養士として精進して参ります!

 

【第二部 交流会】

131126_28.jpg

藤吉様の乾杯で、交流会はスタートし、緊張していた学生の皆様も、

大変な盛り上がりを見せてくれました!

131126_29.jpg 131126_30.jpg 

131126_31.jpg 131126_32.jpg

皆さん、セミナーでは聞けなかった部分を、積極的に講師の先生方のところへ出向き、

質問をしていました。

131126_33.jpg 131126_34.jpg

131126_35.jpg 

弊社の栄養士達も、ファンデリーについて熱く語っております。

 

途中で、カロリー当てクイズを開催!

上位3チームには、ミールタイムでご好評のポタジエ様とのコラボケーキ、

かぼちゃのモンブランが手渡されました。

131126_36.jpg

東京会場でもそうでしたが、逸見の所属するチームは、必ず上位になれる!という

ジンクスが出来ました!!(私も答えを知りません)

 

学生の皆様同士、同じ立場の他校生に出会う機会はそうありません。

ここで出会った縁を大切に、是非今後の道も力強く進んでいって欲しいです。

131126_37.jpg

ここに来ている学生の皆さんの想いがあれば、きっと栄養士という職は更に輝き、

一人でも多くの方を、幸せに導く事ができると確信しております!

本当に沢山の方に御集りいただき、ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見 純子です。

先日、高校時代の弓道部顧問だった先生からお電話をいただき、

親戚に糖尿病性腎症の患者様がおられるとのことで、

ご相談をして下さいました。

 

日頃、栄養士としてこんな仕事をやっていると先生には報告をしていたので、

ふと思い出して下さり、私に声掛けをして下さったのです。

「食事を作られている家族が何を食べればよいか分からないと、

とても大変な思いをしているから、助けてやってくれ」

と仰っていただき、改めて栄養士として人の力になれることは

素晴らしい事だと思いました。

先生には3年間、大変お世話になっていたので、

少しでも恩返しが出来たのなら嬉しいです。

 

さて、本日は東大阪市にございます、牧野病院様のご紹介です。

以前から管理栄養士の花谷様の活動は、

このブログでもご報告させて頂いておりましたが、

特に牧野病院様の特徴でもある、『食育の日』について、ご紹介致します。

食育1.jpg

毎月19日を食育の日とし、病院栄養士の花谷様だけではなく、

委託給食会社の栄養士様を含めて、毎月栄養士様でその日を担当し、

職員の方に向けて、テーマに沿ったお食事をご提供されるそうです。

患者様に伝えるために、自分たちも食の意識を変えていこう!という事ですね。

 

今月のテーマは『薬膳』です。

下の写真は、栄養士さんが薬膳について作ったポスターです。

食育2.jpg

薬膳と聞くと、漢方の苦いような、そんなイメージなのですが、

薬膳(やくぜん)とは中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理であり、

栄養効果、香り、などすべてが揃った食養生の方法である。

(引用Wikipedia)とあります。

自然界にあるものすべてを食物と考え、個々人ごとに異なる体質や

臓器に適した食物をどのように摂ることが効果的かを考え、提供されるようです。

 

体を温める、冷やすなど、食材には効果があり、この時期なので、温める効果のある食材を

用いて、野菜もたっぷりなヘルシーメニューをご提供されておりました。

食育4.jpg 食育5.jpg

カレー、牛肉の七味焼き、いとこ煮、ねぎぬた、野菜ポトフです。

試食させて頂いたのですが、こだわりの牧野病院様のカレーや、

ポトフも野菜からの旨みがしっかり出ており、大変美味しかったです。

そして食物繊維がたっぷりなメニューにビックリです。

ありがちな、麺類や肉類のA定食、B定食ではなく、

こんな栄養バランスのとれた、素敵なメニューが出てきたら、皆様も嬉しいですよね!

 

毎月違うテーマですし、また新メニューを考案されるそうなので、

準備は本当に大変だと思います。それに対応できる調理員さんや、

委託給食会社の方との連携が無ければ、

こういったイベントを開催し続けていくことは、なかなかできません。

 

この食育の日のイベントを開催したのは、花谷様が何か楽しみを職員の方々にも

ご提供出来ないかと考えたところからスタートしたそうです。

患者様に食生活の不規則さを指摘する立場の方々が、野菜不足であったり、

栄養バランスが悪かったりしたら、なかなか説得力がないですよね。

食育3.jpg

また職員の方から食に対する意識が変われば、

家に帰った際に、「今日食育の日で、こんなメニューが出たよ」とご家族に紹介したり、

患者様にお伝えしたりして、どんどん周りにご紹介して下さいます。

また「レシピを教えて。家で作ってみる」というふうに、実践される方もいらっしゃるそうです。

しかも一人暮らしの方でしたら、これだけの野菜量が摂取できる定食屋さんはありませんから、

少しでも食事管理にお役立ていただけますね。

 

会場の隅で、ミールタイムのブースを設けさせていただきまして、

減塩に関連して、商品を皆様にご紹介し、お持ち帰り頂きました。

院長先生を始め、医師、看護師など皆様大変興味を持って下さり、使い方などご質問下さいました。

食育8.jpg

栄養士として、こういった活動が病院でさせて頂けることが、とても素晴らしい!と思いました。

委託の栄養士様も、やりがいを持ってこのイベントに取り組んでいらっしゃるそうです。

 

病院全体で食の意識を高め、そこから患者様、

そして地域の方へとお伝えしていくことで、

更に食の力で、皆様を健康に導くことが出来ます。

 

花谷様の意識の高さにいつも栄養士として刺激を頂きますが、

改めて素晴らしいな、と思いました。

いつも色々と教えていただきありがとうございます!

また次回も楽しみにしております!

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

こんにちは。逸見です。今朝は冷え込んで、とっても寒い朝でしたが、

何だか気が引き締まるような、そんな爽やかさもありました!

皆様ご体調崩されていませんか?

風邪などひかないよう、温かくしてお過ごし下さい。

 

さて、本日は大阪大学医学部附属病院様の糖尿病患者会

「あけぼの会」について、ご報告させて頂きます。

「あけぼの会」総会の様子は、以前からご紹介させて頂いておりましたが、

今回は秋のレクリエーションが開催されるとのことで、私達も患者様と同行させて頂きました。

 

年1回この時期に開催される、秋のレクリエーションですが、

毎年バスを貸し切って、患者様と病院スタッフ様とで日帰りの旅行を実施されています。

今年は、淡路島への日帰り旅行でした!

akebono1.jpg

朝9時出発というスケジュールでしたが、皆様の集まりが素晴らしく、

15分前には全員が集合し、出発することが出来ました。

患者様の楽しみにされている様子が、伝わって参ります!

 

最初にあわじ花さじきという、この時期コスモスが一面に

咲いている場所へ向かいました。

akebono4.jpg akebono3.jpg

バスの中や、バスを降りてからも参加者の皆様にお声をかけていたのですが、

寒さにも負けず、階段や坂道を軽快に歩く患者様達に驚きです。

皆様お元気で、お話したり写真を撮ったりと思い思いに過ごされていました。

akebono6.jpg

近くで見ると、分かりませんが、

花の色を組み合わせることにより、御月見の様子を表しています!

是非、上からの景色を見て頂きたいです。とっても綺麗でした!

akebono5.jpg

 

続いて、お楽しみの昼食です。

病院の管理栄養士様達が、旅館の方と協力し、提供するメニューを

事前に把握した上で、栄養価を提示されていました。

ご飯の量にもよりますが、お魚をメインとしただいたい800kcal前後の昼食です。

akebono2.jpg

先生も仰られていましたが、特別食ではなく普段提供されているメニューの中で、

どのように選択して食事をするか、皆様に力を付けて頂きたいという想いから

今回のようなイベントや勉強会を定期的に開催しておられます。

 

お刺身に鯛しゃぶ、たこ飯など、とっても豪華な昼食ですが、

漬物の量が多かったので、塩分が1食で6gを超えてしまっていました。

そこでどのように食べる量を調節するかが問題ですね。

ご自身でこれだけ食べようというラインを引けるかどうか、そこが重要になります。

 

お食事の開始前には、必要な患者様は提示されたエネルギーによって、

インスリンの打つ量を考え、注射していきます。

普段インスリンを外で打つ時は、こっそりトイレに行って注射するか、

陰で見えないように注射することが多いと思います。

こういった患者会では、気兼ねなくストレスを感じずにお食事を進めることができるので、

皆様の安心した様子が見受けられました。

 

お食事の最中に、私が栄養士だということで食事記録表を見せて下さった方がおりました。

手書きで細かく、何をどれだけ召し上がったか、メニューがびっしり書き込まれていました。

野菜の摂取量も多く、麦飯を選択されている等、食物繊維を意識して多く摂っていらっしゃいました。

コメントを求められたので、その場で少しお話させて頂きました。

 

患者様も、この会に参加することで医療スタッフ様に気軽にご相談する事もでき、

また患者様同士でお互いに切磋琢磨し、また明日からがんばろう!という気持ちを

持つことができるのだと、改めて思いました。

 

食後は、淡路ファームパークイングランドの丘に行き、

少し散歩したり動物を触れ合うなど時間を過ごしました。

akebono8.jpg

向かう場所それぞれで淡路牛乳を使った美味しそうなソフトクリームや、

淡路バーガーといった誘惑も多く大変です。

運動しながらなので、今日だけは目をつぶりましょうと

皆様で楽しみながら過ごしておりました。

淡路島は玉ねぎが有名なので、こんな石碑も立っています!

akebono7.jpg

丸1日過ごしていく中で、バスでお隣に座られた患者様が、

「以前スイスに行って、本当に楽しかった。ハワイにも行ったのよ。」

と、とっても楽しそうにお話して下さいました。

お孫さん達からパワーをもらいながら、ご自身の生活もとても楽しんでいらっしゃり、

「またこういった会に参加することで、新しい仲間に出会えることが、

とても素晴らしい!」と仰られておりました。

 

糖尿病と上手く付き合っていくことで、日々の生活を楽しく、

そして明るく過ごしていくことができます。

患者様の笑顔がとても素敵で、そして強さを感じました。 

 

私達も、1人でも多くの方にそんな日常を送っていただけるよう、

力を尽くしていきたいと思っています。

 

ご参加にあたりあけぼの会の会長様始め、スタッフ様に

快くご了承頂けましたこと、大変嬉しく感謝申し上げます。

食の力で、幸せに導けるようにこれからも努力して参ります。

今後も、会の益々のご発展を願っております。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

みなさん、こんにちは。管理栄養士の逸見純子です。

先日、韓国に行ってきました!

今まで色々な国に出掛けましたが、お隣の韓国は初めてです。

明洞に行きましたが、街中もとても綺麗で、人々の勢いとパワーを感じる旅でした。

食文化を学ぼう!と意気込んで行きましたが、日本で食べる韓国料理と、

本場は全く違いますね。辛くてツラく、涙を浮かべながら食べていました。

韓国1.jpg

キムチを自分で漬けてみたのですが、とても美味しくて、

自分好みに辛さを調節できるので、是非韓国に行かれた際には、

自分で体験してみることをお薦め致します!

毎日韓国の方はキムチを食べていると知って、

韓国女性の肌がきれいな秘密を知った気がします!

韓国の文化を肌で感じて、すごく刺激的な旅でした。

 

さて、本日は豊中市にございます高橋クリニック様をご紹介致します。

管理栄養士の白川 繭子様です。

高橋クリニック2.jpg

白川様とよくお話することは、患者様が日常生活の中で、

どんな事に御困りでいらっしゃるのか、というところです。

高橋クリニック様では透析を専門とされているので、

患者様は、お食事の中でもカリウムやリン、塩分がどれくら含まれているのか、

ということを、特によく気にされています。

 

先日も伺わせて頂いた際、患者様のお話の中でコンビニのおにぎりのお話が

出ていた事を教えて下さいました。

「数値を細かく気にされている方は、コンビニおにぎりに

どれだけカリウムが入っているかを気にしています。

恐らく含まれる数値は低いと思いますが、表示が無いので、

患者様は困ってしまいますよね」

と仰られていました。

 

患者様の中には、それ程微量に含まれている成分も気にして表示を

チェックされる方もいらっしゃいます。

今メニューの表示偽装で、世間は不審を抱いてしまっている部分がありますが、

やはり疾病を持たれている方にとっては、その成分表示や記載されている事がすべてです。

表示を見て、自分が食べられるものなのかどうかを検討してからでないと、

不安で召し上がれない方も多いです。

 

そういったところで、私達もしっかり安全で美味しいものをご提供するという、

当たり前の事を、当たり前にやっていかなければ、と改めて思いました。

 

日頃患者様のお話をしっかり聞いて、親身にご相談に乗られている白川様なので、

伺ったときに必ず、「この前患者様がこんな事を仰っていましたよ!」と、

教えて下さいます。

きっと患者様も白川様にはご相談をしやすいのだろうな、と私は感じています。

こういった患者様がご安心して生活できる環境を作っていけるよう、

私達も頑張っていきたいと思っております。

 

白川様、貴重な患者様のお声を頂戴し、本当にありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

 

プロフィール

アーカイブ