食育活動 牧野病院様 【逸見 純子】

こんにちは。管理栄養士の逸見純子です。

先週末に、大阪国際会議場にて、第17回日本病態栄養学会が開催されました。

日本全国から栄養士さんを中心として、医療関係者の方々が約4,500人も

集まる大きな学会です。

 

この学会にて、ファンデリーも企業展示を行いましたので、

その様子は、また来週詳しくお伝え致します。

楽しみにお待ち下さいませ。

 

さて本日は、東大阪市の牧野病院様にて毎月開催されております、

職員の方に対する「食育の日」について、ご紹介致します。

前回は『薬膳』をテーマにした会をご紹介させて頂きましたが、

今回のテーマは『脂質異常症』です。

食育20131219-11.jpg

職員の皆様が毎年受けている健康診断結果を基にして、

コレステロールや中性脂肪が高めの数値が出ていた方がいたため、

このテーマにされたそうです。

 

病院の栄養士様も、食事のサポートをするのは、

患者様だけではないということですね。

健康な体があってこそ、患者様にも、その元気なパワーをお伝えすることが

出来ると思うので、日頃の食生活を見直す、良いきっかけになると思います。

 

メニューの特徴としましては、こだわりのヘルシーカレーと

野菜が豊富なメニューです。

カレーはカレールーを使わずに仕上げています。

また、ヨーグルトとトマトペーストを入れることで酸味を生かし、

全体的な脂質を抑える工夫がされていました。

食育20131219-1.jpg

食育20131219-6.jpg

また焼き野菜のなすとかぼちゃは、オリーブオイルで焼いたり、

余分な脂質や塩分を外に排出できるよう、

食物繊維が豊富に含まれている食材を使うなどの

工夫もされておりました。

 

野菜を本当にたくさんの量使用していて、

デザートのさつま芋のきんつば風だけでも、繊維がしっかり摂れます。

下の写真では、特別に患者様だけにご提供されていた、

ちらし寿司も入っています。

食育20131219-8.jpg

職員の皆様は、毎月この19日を楽しみにされていらっしゃいます。

バイキング形式で摂ることで、自分で量を調節することができるので、

選択する力がつくのと、食事を作る側としては、

余分な廃棄が出ないようになったと、栄養士様も仰っておりました。

食育20131219-7.jpg

食べられないのに、決まりだからと提供され、結局残してしまったり、

小食の方は食べきれなかったりと、給食を作る上では、

勿体ないことが多々あります。

 

やはり提供したものは全部召し上がって頂きたいですが、

そういった点も考慮しながら給食メニューを考えていかねばなりません。

 

脂質に関連して、糖質0のオールフリーを皆様に配らせて頂きました。

また展示物として、コレステロールに関連した資料なども

一緒に設置して頂きました。皆様足を止めて見て下さり、大変嬉しく思います。

食育20131219-3.jpg

ご提供するその先の方の健康を願いながらお食事を作られており、

心のこもったメニューが毎回出てくるので、

とても素晴らしい企画だと思います。

 

長年続けていくご苦労はあるかと思いますが、

「周りの方を食の力で健康にしたい」という栄養士様の想い、

調理員様の想いが伝わります。

そういった皆様のお手伝いができるよう、

そして共に頑張っていけるよう私達も努めて参ります。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

プロフィール

アーカイブ