早石病院様 糖尿病教室

blog_shinkai.gif

2月23日に開催されました、早石病院様の糖尿病教室を紹介します。
当日は、「お通じ改善 生活習慣から」というテーマで、
内科医師の岡野理江子先生より便秘症について講義がありました。

20180328_D.jpg20180328_F.jpg


印象に残ったお話を紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆糖尿病の方々の便秘の原因は大きく2つ 

①自律神経の働きが鈍くなる
自律神経は、発汗や体温の調節機能を持っています。
季節の変わり目は、寒暖の差が激しいため負担が大きく、
自律神経が乱れやすくなることで、便秘も起こりやすくなります。

また、糖尿病の合併症に神経障害があります。
糖尿病と自律神経は大きく関わっているため、便秘症も発症しやすいのです。

②老化 

年をとることで、筋力の低下、食の細さ、水分摂取不足、薬などの影響が重なり、
若いときよりも便秘になりやすいです。


◆改善方法は3つ
①食生活 腸にやさしい食品の摂取
1.食物繊維 2.植物性油(オリーブオイル、えごま、アマニ)3.発酵食品

②運動 
お腹の筋肉を刺激すると、腸のぜん動運動が活発になり、便意が起きやすくなる

③トイレの習慣 

ふんばる体勢 場所を気にせず公衆トイレでも用を足すことができるようになること


最後に下剤の紹介や、栄養科から食物繊維を多く含む食品の紹介がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20180328_E.jpeg

講義の話に挙がった食材を取り入れながら、
毎日バランスよい食事を準備することは本当に大変です。


ミールタイムのお弁当は、様々な食材を使用し、
栄養士が栄養計算しながら、味付けを工夫
することで、
減塩を感じさせない美味しさ
に仕上げています。

私からは、「ミールタイムのお弁当を利用することで、
毎日の食事作りの負担を少なくしてもらいたいと願っている」

という話をさせて頂きました。

参加者の皆様にも共感して頂け、
終了後にもお話ができ、とても嬉しく感じました。

最後になりましたが、貴重な会に参加させて頂くことができ、
岡野先生、栄養科の皆様、本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

プロフィール

アーカイブ