医療機関様訪問の最近のブログ記事

高の原中央病院様

blog_shinkai.gif

本日は、奈良県の高の原中央病院様をご紹介します。

20180523_1.jpg

栄養科 科長の余吾淳子様は、
以前、当社のWEB企画に協力頂いたり、
勉強会でもご一緒させて頂いたこともあり、
とてもパワフルな栄養士様という印象です。

月に2回開催されている健康教室には、
毎回約100名の参加者様が来られるそうです!

以前参加させて頂いた際の活況ぶりも、とても印象に残っています。
今回は、人が集まる秘訣や心がけについてお話を伺いました。

=====================================

余吾様が、高の原中央病院に来られたのは、約10年前。
前職は特別養護老人ホーム(特養)に勤務されていたそうです。
当時、定期的に実施していた勉強会へ、
足立香代子先生を講師としてお招きしていらっしゃり、
その影響を受け、臨床栄養に興味を持ち、病院栄養士となったそうです。

余吾様が、高の原中央病院 栄養科に来られた際の目標として、
『行列のできる栄養指導』を掲げて、栄養科改革に取り組まれたそうです。

沢山お話をお聞かせ頂いた中で、
改革の要になったと感じられた2点をご紹介します。

=====================================

◆食べないと元気になれない!
特養のご利用者様と対応しながら、一番重要に感じたことは、
「まずは、食べてもらうこと」だそうです。
人は、食べないと元気になれない、ということを実感され、
どうやったら食べてもらえるか、をいつも考えるようになったそうです。

そのような経緯から、余吾様は、直営の病院給食に大きなこだわりを持っておられます。
日々の美味しい食事、毎月の行事食には特に力を入れ、
残食を少なくして、美味しいと言ってもらえるために、
調理師の皆様にも理解と協力を得て、今日の給食に辿りついたそうです。
http://www.takanohara-ch.or.jp/health/eiyoukadayori/

◆発信力・行動量が多い!

お話を聞いて印象に残ったのは、とにかく発信力、行動量が多いということです。
自ら待合室の患者様に健康教室のお声かけをしたり、
ドクターに栄養指導を入れてもらうよう働きかけをしたり、
忙しい毎日の中で、自らの発信力・行動量がとても多いと感じました。

健康教室は、予約制になっているので、開催前には確認のお電話をされたり、
過去の参加者の方にもアプローチされたりするそうです。
細かい気配りが、多くのリピートファンを生み出していると実感しました。

特に昼食付きの健康教室は大人気だそうで、
直営ならではのこだわりとクオリティの高さの賜物だと推察します。
http://www.takanohara-ch.or.jp/health/kenkoukyoushitsu/

=======================================

そして、余吾様のお話を通して、最も強く感じたことが、
「熱い想い」が人を動かすということです。

「相手のことを想う強い気持ち」と、
「責任と覚悟を持って実行する行動力」 が揃うと
人を動かす大きなパワーとなるということです

私も、日々の仕事や協力隊時代の経験を通して、
「熱い想い」が人を動かすということを実感してきました。
今回改めて、余吾様のお話を伺い、背筋が伸びる思いがしました。

お話をお聞かせ頂いた余吾様に、
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

私自身、今後も、
『一人でも多くのお客様に健康で楽しい食生活を提案し
豊かな未来社会に貢献します』
という大好きな企業理念のもと、
ミールタイムの良さをより多くの方々に知って頂き、
健康実感頂けるよう、精一杯努めて参ります。

20180523_2.jpg

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

大和中央病院様

blog_shinkai.gif

本日は大阪市西成区にございます、大和中央病院様を紹介します。

20180411_4.jpg20180411_7.jpg

病院を入ってすぐの待合スペースには、
栄養コーナーが設置されており、ミールタイムも紹介頂いています。

毎月発行されている「栄養だより」には、旬のお野菜とレシピが紹介されており、
患者様にとって役立つ情報満載です。

20180411_8.jpeg

本日は、管理栄養士の窪田 靖子先生とお話させて頂きました。

「患者様の意志に寄り添って、一人一人のペースに合わせて、
無理をせず、食事療法を続けられるよう、精一杯相談にのらせて頂きます」

というお言葉通り、とても優しくお話を聞いて下さり、
誠実に対応して下さるお人柄がとても強く心に残りました。

20180411_9.jpg

また、ブログを読んで下さる患者様へメッセージをお願いしたところ、

「自分で作ることが大変な方は、息抜きにミールタイムのお弁当を
利用してみたらよいと思います。
 また、お食事療法に困っている方は、味付けや量、献立の参考に、
試しに使って頂くことで、ペースを掴むことができると思います。
できることから始めましょう。」
 と、有難いコメントを頂きました。

栄養士さんにそのように言ってもらえると肩の力も抜け、
心穏やかになりますよね。
リラックスした気持ちを持つことも、食事療養を続けている方や、
疾患予防には大事な要素です。

栄養士を目指している学生さんにもメッセージを頂きました。

「患者様とお話することは、栄養士として一番大切にしていることです。
現場に出て、わからないことも多いかと思いますが、患者様とお話することで、
自身の足りない部分にも気が付き、勉強にもなります。
また、ミールタイムを利用することで、どれくらいの食事量で
どれくらいのエネルギーや塩分かを知ってもらうことができます。
ミールタイムは、栄養士にとっても患者様にとっても、わかりやすく、
理解もしやすいので上手に指導に活用されると良いですね。頑張ってください!」


嬉しいお言葉をいただき、私自身も改めて、
ファンデリー栄養士というお仕事に感謝しています。
栄養士さんにとっても、患者様にとっても、
喜んで頂けるカタログや商品をお届けできていることを、
大変嬉しく光栄に存じます。

当社運営WEBサイト『ミールタイムネット』にあります
ミールタイムのここがいい!」へは、
窪田様はじめ、大和中央病院の栄養士様にもご協力頂いております。

ぜひ、「大和中央病院」とキーワード検索してご覧下さいませ。
http://www.mealtime.jp/partners/

最後になりましたが、丁寧にご対応頂き、
ブログ掲載を快諾して下さった窪田先生、
本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

blog_shinkai.gif

本日は、奈良県橿原市にある、
奈良県総合リハビリテーションセンター様を紹介します。

近鉄笠縫駅から徒歩20分、
飛鳥川沿いの自然豊かな場所に位置しています。
20180214_1.jpgのサムネイル画像


病床数100床の病院ですが、
障害者総合支援センターや県営福祉パークが隣接しているため、
広大な敷地を有しています。

本日は、栄養管理室に勤務されています、
管理栄養士の村中照美様に話を伺いました。

奈良県では、3ヶ月健診で障害が見つかった赤ちゃんは、
皆こちらのリハビリテーションセンターで受診されるそうで、
小児が多いという特徴があると教えて頂きました。

就学前の子どもさんとその家族を対象にした「わかくさ愛育園」も
センター内にあり、そちらの給食も栄養管理室で担当されています。

栄養指導に来られるのは成人の患者様で、
整形科の疾患と糖尿病をお持ちの方が多いそうです。


「ミールタイムは見ていてワクワクするし、
紹介していて楽しいカタログなのが良いですね!」
と笑顔で仰って頂き、
とても嬉しい気持ちになりました。

当社「ファンデリー」の社名の由来は、
「ファン(楽しみ)」を「デリバリー(お届けする)」から創った造語です。

食事制限がある方にも食事の楽しみを届けたい、という想いが込められているのですが、
カタログを紹介頂く栄養士様にも楽しい気持ちになってもらえるのであれば、
これほど嬉しいことはありません。
 
また、「カタログにもホームページにも栄養士一覧が載っていて、
対応してくれる栄養士の顔がわかって安心」

「ミールタイムのおそばやシューマイをスタッフで試食して、
大変好評だった」
と嬉しい褒め言葉を沢山頂戴しました。

ファン(楽しさ)をデリバリー(お届けする)という社名に恥じないよう、
今後も当社栄養士一同、より良い商品とサービスの提供に努めて参ります。


当社ホームページサイト、「ミールタイムのここがいい!」にもご協力頂いております。
ぜひ、「 奈良県総合リハビリテーションセンター 」と検索してご覧下さいませ。

20180214.jpg


最後になりましたが、ブログ掲載を快諾して下さった村中先生、本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

奈良県橿原市 西岡医院様



本日は、奈良県橿原市にあります、西岡医院様をご紹介させて頂きます。

近鉄大和八木駅から徒歩5分、奈良県橿原文化会館前を過ぎてすぐ、
綺麗な診療所があります。こちらが西岡医院様です。
20180204_1.jpeg
広々とした待合室には、ミールタイムを設置下さっています。
院長先生にお時間いただき、お話させて頂きました。

先生は、病院にも勤務されており、
そちらではNST(栄養サポートチーム)に所属されているので、
お知り合いの栄養士様も多く、
食事や栄養が治療に重要という考えをお持ちでいらっしゃいます。
診察の際、食事改善が必要な方にミールタイムをご紹介下さっている、とお話頂きました。

丁寧に話を聞いて下さり、気さくに話をして下さるので、
訪問後、とても心が温まる気持ちになり、
患者様も先生に話を聞いてもらうことを目的に来院される方が多いのだろうな、
と感じました。

最後に、ブログを読んで下さる皆様に先生からメッセージです。
「患者様にわかりやすい言葉でご説明するよう心掛けています」

ミールタイムが患者様の食事療法のお役に立てるよう、
今後もより良い商品とサービスを提供できるよう努めて参ります、
とお約束させて頂きました。
20180204_3.jpg
お忙しい中、お時間頂き、ブログ掲載を快諾して下さった西岡先生、

この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

済生会中津病院様

blog_shinkai.gif

本日は、ファンデリー大阪支社から2駅、
中津駅にある済生会中津病院様を紹介します。
20180131_A.png
栄養部には9名の栄養士様が在籍されています。
NST専従栄養士の一丸智美様に話を伺いました。

本日は、印象に残ったいくつかのお話を紹介させて頂きます。

**************************************************************************************

★"人と人"コミュニケーションを大切に
医療人である前に一人の人として、患者様とのやり取りを意識されているそうです。
会議室へ移動する間、院内ですれ違う患者様に優しくお声かけされる姿から、
患者様に対する愛情がひしひしと伝わってきました。

★コミュニケーションをとりながら、アセスメント
身体が弱ってしまうと、声も出なくなってしまいます。
話すこともできなかった患者様が、「給食まずいよ」と話される際には、
「食べられてよかったね! 話せるようになって良かったね!
もっと美味しいものが食べられるよう頑張ろうね!」 とお声かけされるそうです。
良い声がでるということは、食べる筋肉が回復している、という指標になるのです。

★一生勉強

仕事に自信を持つには勉強を重ねるしかない、と力強くお話いただきました。
日々、勉強→実践→経験→自信(謙虚さを忘れず)→更に勉強 の繰り返しで、
どのようなことも努力して乗り越えられる、言いわけ無用!と
後輩方にも伝えてらっしゃるそうです。
「済生会」という歴史ある病院に期待して来院される患者様が多い中で、
日本でトップクラスの栄養士という自信を身に着け、自覚と責任感を持って、
患者様に接することが大事とお話いただきました。
20180131_B.png
最後に、「病院で働いている若い世代の栄養士様へ伝えるとすれば何でしょうか」
とお伺いしたところ、「患者様の声を聴くこと!」と仰って頂きました。

患者様が何を必要とされているかわからない、
と後輩から相談があれば、「患者様に聞きなさい!」とお伝えするそうです。

何か教えてあげよう、というスタンスではなく、患者様に
「どういう症状で困っているのですか」
「私にできることはありますか」
「栄養士に何を期待していますか」
と聞いたらいいんだよ、と教えて頂きました。

答えは一人ひとり患者様が持っているのです。

**************************************************************************************

とてもバイタリティ溢れる一丸様の人柄や
患者様を想う気持ちが原動力となっているというお話に、
とても引き込まれ、大変楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きました。

この場をお借りして、ご対応下さった一丸様、改めて感謝申し上げます。

当社運営WEBサイト『ミールタイムネット』にあります
「ミールタイムのここがいい!」へは、
栄養指導ご担当の3名の栄養士様にご協力頂きました。

ぜひ、「済生会中津病院」とキーワード検索してご覧下さいませ。
http://www.mealtime.jp/partners/

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

こんにちは。管理栄養士の逸見純子です。

先週末に、大阪国際会議場にて、第17回日本病態栄養学会が開催されました。

日本全国から栄養士さんを中心として、医療関係者の方々が約4,500人も

集まる大きな学会です。

 

この学会にて、ファンデリーも企業展示を行いましたので、

その様子は、また来週詳しくお伝え致します。

楽しみにお待ち下さいませ。

 

さて本日は、東大阪市の牧野病院様にて毎月開催されております、

職員の方に対する「食育の日」について、ご紹介致します。

前回は『薬膳』をテーマにした会をご紹介させて頂きましたが、

今回のテーマは『脂質異常症』です。

食育20131219-11.jpg

職員の皆様が毎年受けている健康診断結果を基にして、

コレステロールや中性脂肪が高めの数値が出ていた方がいたため、

このテーマにされたそうです。

 

病院の栄養士様も、食事のサポートをするのは、

患者様だけではないということですね。

健康な体があってこそ、患者様にも、その元気なパワーをお伝えすることが

出来ると思うので、日頃の食生活を見直す、良いきっかけになると思います。

 

メニューの特徴としましては、こだわりのヘルシーカレーと

野菜が豊富なメニューです。

カレーはカレールーを使わずに仕上げています。

また、ヨーグルトとトマトペーストを入れることで酸味を生かし、

全体的な脂質を抑える工夫がされていました。

食育20131219-1.jpg

食育20131219-6.jpg

また焼き野菜のなすとかぼちゃは、オリーブオイルで焼いたり、

余分な脂質や塩分を外に排出できるよう、

食物繊維が豊富に含まれている食材を使うなどの

工夫もされておりました。

 

野菜を本当にたくさんの量使用していて、

デザートのさつま芋のきんつば風だけでも、繊維がしっかり摂れます。

下の写真では、特別に患者様だけにご提供されていた、

ちらし寿司も入っています。

食育20131219-8.jpg

職員の皆様は、毎月この19日を楽しみにされていらっしゃいます。

バイキング形式で摂ることで、自分で量を調節することができるので、

選択する力がつくのと、食事を作る側としては、

余分な廃棄が出ないようになったと、栄養士様も仰っておりました。

食育20131219-7.jpg

食べられないのに、決まりだからと提供され、結局残してしまったり、

小食の方は食べきれなかったりと、給食を作る上では、

勿体ないことが多々あります。

 

やはり提供したものは全部召し上がって頂きたいですが、

そういった点も考慮しながら給食メニューを考えていかねばなりません。

 

脂質に関連して、糖質0のオールフリーを皆様に配らせて頂きました。

また展示物として、コレステロールに関連した資料なども

一緒に設置して頂きました。皆様足を止めて見て下さり、大変嬉しく思います。

食育20131219-3.jpg

ご提供するその先の方の健康を願いながらお食事を作られており、

心のこもったメニューが毎回出てくるので、

とても素晴らしい企画だと思います。

 

長年続けていくご苦労はあるかと思いますが、

「周りの方を食の力で健康にしたい」という栄養士様の想い、

調理員様の想いが伝わります。

そういった皆様のお手伝いができるよう、

そして共に頑張っていけるよう私達も努めて参ります。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見 純子です。

先日、高校時代の弓道部顧問だった先生からお電話をいただき、

親戚に糖尿病性腎症の患者様がおられるとのことで、

ご相談をして下さいました。

 

日頃、栄養士としてこんな仕事をやっていると先生には報告をしていたので、

ふと思い出して下さり、私に声掛けをして下さったのです。

「食事を作られている家族が何を食べればよいか分からないと、

とても大変な思いをしているから、助けてやってくれ」

と仰っていただき、改めて栄養士として人の力になれることは

素晴らしい事だと思いました。

先生には3年間、大変お世話になっていたので、

少しでも恩返しが出来たのなら嬉しいです。

 

さて、本日は東大阪市にございます、牧野病院様のご紹介です。

以前から管理栄養士の花谷様の活動は、

このブログでもご報告させて頂いておりましたが、

特に牧野病院様の特徴でもある、『食育の日』について、ご紹介致します。

食育1.jpg

毎月19日を食育の日とし、病院栄養士の花谷様だけではなく、

委託給食会社の栄養士様を含めて、毎月栄養士様でその日を担当し、

職員の方に向けて、テーマに沿ったお食事をご提供されるそうです。

患者様に伝えるために、自分たちも食の意識を変えていこう!という事ですね。

 

今月のテーマは『薬膳』です。

下の写真は、栄養士さんが薬膳について作ったポスターです。

食育2.jpg

薬膳と聞くと、漢方の苦いような、そんなイメージなのですが、

薬膳(やくぜん)とは中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理であり、

栄養効果、香り、などすべてが揃った食養生の方法である。

(引用Wikipedia)とあります。

自然界にあるものすべてを食物と考え、個々人ごとに異なる体質や

臓器に適した食物をどのように摂ることが効果的かを考え、提供されるようです。

 

体を温める、冷やすなど、食材には効果があり、この時期なので、温める効果のある食材を

用いて、野菜もたっぷりなヘルシーメニューをご提供されておりました。

食育4.jpg 食育5.jpg

カレー、牛肉の七味焼き、いとこ煮、ねぎぬた、野菜ポトフです。

試食させて頂いたのですが、こだわりの牧野病院様のカレーや、

ポトフも野菜からの旨みがしっかり出ており、大変美味しかったです。

そして食物繊維がたっぷりなメニューにビックリです。

ありがちな、麺類や肉類のA定食、B定食ではなく、

こんな栄養バランスのとれた、素敵なメニューが出てきたら、皆様も嬉しいですよね!

 

毎月違うテーマですし、また新メニューを考案されるそうなので、

準備は本当に大変だと思います。それに対応できる調理員さんや、

委託給食会社の方との連携が無ければ、

こういったイベントを開催し続けていくことは、なかなかできません。

 

この食育の日のイベントを開催したのは、花谷様が何か楽しみを職員の方々にも

ご提供出来ないかと考えたところからスタートしたそうです。

患者様に食生活の不規則さを指摘する立場の方々が、野菜不足であったり、

栄養バランスが悪かったりしたら、なかなか説得力がないですよね。

食育3.jpg

また職員の方から食に対する意識が変われば、

家に帰った際に、「今日食育の日で、こんなメニューが出たよ」とご家族に紹介したり、

患者様にお伝えしたりして、どんどん周りにご紹介して下さいます。

また「レシピを教えて。家で作ってみる」というふうに、実践される方もいらっしゃるそうです。

しかも一人暮らしの方でしたら、これだけの野菜量が摂取できる定食屋さんはありませんから、

少しでも食事管理にお役立ていただけますね。

 

会場の隅で、ミールタイムのブースを設けさせていただきまして、

減塩に関連して、商品を皆様にご紹介し、お持ち帰り頂きました。

院長先生を始め、医師、看護師など皆様大変興味を持って下さり、使い方などご質問下さいました。

食育8.jpg

栄養士として、こういった活動が病院でさせて頂けることが、とても素晴らしい!と思いました。

委託の栄養士様も、やりがいを持ってこのイベントに取り組んでいらっしゃるそうです。

 

病院全体で食の意識を高め、そこから患者様、

そして地域の方へとお伝えしていくことで、

更に食の力で、皆様を健康に導くことが出来ます。

 

花谷様の意識の高さにいつも栄養士として刺激を頂きますが、

改めて素晴らしいな、と思いました。

いつも色々と教えていただきありがとうございます!

また次回も楽しみにしております!

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

みなさん、こんにちは。管理栄養士の逸見純子です。

先日、韓国に行ってきました!

今まで色々な国に出掛けましたが、お隣の韓国は初めてです。

明洞に行きましたが、街中もとても綺麗で、人々の勢いとパワーを感じる旅でした。

食文化を学ぼう!と意気込んで行きましたが、日本で食べる韓国料理と、

本場は全く違いますね。辛くてツラく、涙を浮かべながら食べていました。

韓国1.jpg

キムチを自分で漬けてみたのですが、とても美味しくて、

自分好みに辛さを調節できるので、是非韓国に行かれた際には、

自分で体験してみることをお薦め致します!

毎日韓国の方はキムチを食べていると知って、

韓国女性の肌がきれいな秘密を知った気がします!

韓国の文化を肌で感じて、すごく刺激的な旅でした。

 

さて、本日は豊中市にございます高橋クリニック様をご紹介致します。

管理栄養士の白川 繭子様です。

高橋クリニック2.jpg

白川様とよくお話することは、患者様が日常生活の中で、

どんな事に御困りでいらっしゃるのか、というところです。

高橋クリニック様では透析を専門とされているので、

患者様は、お食事の中でもカリウムやリン、塩分がどれくら含まれているのか、

ということを、特によく気にされています。

 

先日も伺わせて頂いた際、患者様のお話の中でコンビニのおにぎりのお話が

出ていた事を教えて下さいました。

「数値を細かく気にされている方は、コンビニおにぎりに

どれだけカリウムが入っているかを気にしています。

恐らく含まれる数値は低いと思いますが、表示が無いので、

患者様は困ってしまいますよね」

と仰られていました。

 

患者様の中には、それ程微量に含まれている成分も気にして表示を

チェックされる方もいらっしゃいます。

今メニューの表示偽装で、世間は不審を抱いてしまっている部分がありますが、

やはり疾病を持たれている方にとっては、その成分表示や記載されている事がすべてです。

表示を見て、自分が食べられるものなのかどうかを検討してからでないと、

不安で召し上がれない方も多いです。

 

そういったところで、私達もしっかり安全で美味しいものをご提供するという、

当たり前の事を、当たり前にやっていかなければ、と改めて思いました。

 

日頃患者様のお話をしっかり聞いて、親身にご相談に乗られている白川様なので、

伺ったときに必ず、「この前患者様がこんな事を仰っていましたよ!」と、

教えて下さいます。

きっと患者様も白川様にはご相談をしやすいのだろうな、と私は感じています。

こういった患者様がご安心して生活できる環境を作っていけるよう、

私達も頑張っていきたいと思っております。

 

白川様、貴重な患者様のお声を頂戴し、本当にありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

 

いつもこのブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

管理栄養士の逸見純子です。

 

先日大阪で栄養士様向けの大きな講演会を実施致しました。

お忙しい中、100名を超える栄養士様方にお集まりいただきまして、

盛大に執り行えた事を嬉しく思っております。

詳細については、後日、赤羽ではたらく栄養士たちの日記にて

ご報告させて頂きます。是非ご覧下さいませ。

 

さて本日は、西区にございます多根記念眼科病院様にて行われました、

スタッフ様向けの勉強会の様子をご紹介致します。

以前から、院内で行われている勉強会の様子をお伝えしておりますが、

今回は主に看護師様を中心として、「糖尿病と眼科看護」というテーマで行われました。

多根試食会2.jpg

眼科病院様ということで、講義のポイントとしては、

網膜症の病期ごとの看護を学ぶという部分が印象的でした。

 

糖尿病の患者様ですと、高血糖の状態がずっと長い間続いていると、

視神経に合併症が出て、眼底に出血を起こしてしまいます。

網膜症により手術が必要となったり、ひどい時には、失明をしてしまうこともあります。

 

そこまでの症状が出ている方は、病気に対する十分な教育がなされないまま、

治療を受けるケースが多いといいます。

そういった方々に対して、看護師様は検査データを見て、今目の前の患者様に、

どんな治療を進めて行けばいいのかを考え、病期ごとに的確なアドバイスが

必要とされるということが、今回のポイントでありました。

一言で網膜症と言っても、段階があり、その方の症状に合わせた看護の体制が必要なのですね。

多根試食会3.jpg

もちろん栄養士も同じです。

その方の生活状況や、病気の理解度に合わせて食事の話をしていかないと、

せっかく素晴らしい知識を持ってその患者様に伝えたとしても、何にも響かないのです。

お話を伺わせていただき、私も一緒になって勉強させていただきました。

 

また、精神面でのフォローが大切になると、看護師様は仰っておりました。

ある日突然目が見えなくなったり、出血を起こすのですから、

患者様は大変なショックを受け、落ち込んでしまう方もいらっしゃいます。

患者様の中には、

「糖尿ちゃうねん。なりかけやねん。糖尿の気があるだけやから大丈夫!」

「このままでは透析になるって先生から言われたけど、なんの自覚もないし、何もしていない」

という方もいらっしゃるそうです。

 

今その患者様が大丈夫、と仰っていても、血液検査データを見たときに、

「大丈夫ですね」と言えるのかどうかは、判断する私達にあります。

ミールタイムでは、お電話を頂いたときに必ず検査結果を伺っております。

数値を見ないことには、今お電話口にいらっしゃる方に、的確なアドバイスをして差し上げることもできません。

召し上がっていただいているお弁当が、本当にその方に合っているのかどうか、

数値を見て判断し、その上で栄養士としてお話ができるように日々努めております。

 

今回の勉強会では、予行練習として検査数値を見て患者様がどの病期にあるのかを判断し、

どう対応するかということを学ばれていました。

同席させていただき、私も大変学ぶことが多かった1時間でした。

 

最後にご参加頂いた皆様には、ミールタイムのかぼちゃのモンブランケーキ

召し上がって頂きました。8等分にして、1切れ74kcalですし、

おからを使っていることなどにも大変感心していただき、大好評でした!

多根試食会.jpg

皆様からのご意見を参考にして、また次回の商品開発にも繋げて参ります。

 

多根記念眼科病院様、いつもお食事のことでお困りの患者様へ

ミールタイムをご紹介くださり、ありがとうございます。

少しでもお力になれるよう、私達栄養士も精一杯サポートさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

 

いつもこのブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

管理栄養士の逸見純子です。

 

先日京都に行ってまいりました。行楽シーズンの最盛期に向けて、

台風による大きな被害を受けたところでは、着々と復旧作業が進んでおりました。

秋の京都は絵になる美しさですよね。渡月橋や紅葉で有名な嵐山も、川が氾濫し大変なことになっていました。

秋の景色を楽しみにしている方も多いと思いますので、1日も早く復旧作業が進むよう、

自分たちも出来るところから、お手伝いさせて頂きたいと思っています。

 

さて、本日は門真市にございます、摂南総合病院様をご紹介致します。

先日のブログにも登場して頂いていたのですが、以前よりも栄養指導の件数も増えてきて、

個人指導のやり方や、私達ミールタイムの栄養士がどんな形で患者様と接しているのかなど、

色々とお話をさせて頂きましたので、ご紹介したいと思います。

摂南.jpg

先日摂南総合病院様での栄養指導で、ミールタイムをもらったという患者様からお電話を頂きました。

糖尿病から腎症を併発し、現在は透析をされているとのことですが、

お食事の支度、特にお野菜のカリウムや、塩分量など自宅で食事を作るには

限界を感じていらしゃったそうです。

 

透析をされていらっしゃいますと、血圧の管理、そして体重の管理が重要になってきます。

食べる量を減らすとかでしたら、まだ自分で目に見えるので食事の管理がしやすいかと思いますが、

なかなか目に見えないカリウムやリンなどは、管理が難しいです。

 

毎日成分表という、すべての食材の栄養価が記載された本と、にらめっこして

お食事を作られる方もいらっしゃるのですが、全員の方がそうとは限りません。

 

そういったときに、私達ミールタイムのようなお弁当があれば、患者様もとても楽に感じて頂けると思います。

その方も、数値を計算するのが楽になった、担当のミールタイム栄養士さんが、お食事を毎回選んで

定期的にお届けしてくれるので、安心できると仰って下さいました。

 

今回の患者様は、「お食事の参考にしてみて」と井川様がご紹介して下さり、更に私達も病院の栄養士様に

お電話下さった患者様の状態をご報告し、一緒に経過を見て行きます。

お食事をスタートして約3か月が経過しましたが、ご体調も順調とのことでした。

 

患者様が喜んで下さるのが一番ですが、そういった細かい部分を病院栄養士様とも一緒に

サポート出来るというのは、私達栄養士も嬉しいです。

 

井川様は、いつも積極的に最新情報を取り入れ、それをまた患者様に還元できるように

努力されていて、とても頼もしく、私が憧れる栄養士のお一人です。

患者様を一緒にサポートできるよう、私達もしっかり連携を取り合い、

お食事をお届けしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも更新しております!

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

神奈川で働く栄養士の医療機関紹介ブログ

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-------------------------------------------------------------------------

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

全国の勉強会情報を掲載!栄養価計算ができるようになりました!】

プロフィール

アーカイブ