高知県 近森病院様

blog_shinkai.gif
本日は、関西から離れて、高知県の近森病院様を紹介します。

近森病院は、高知駅から徒歩5分という便利な場所にあり、
脇には江ノ口川が流れ、川をはさんで、近森リハビリテーション病院があります。

20180808.jpg


臨床栄養の現場を学ぶために全国から栄養士が研修にくることでも有名です。
その礎を築いたのが、宮澤先生です。

臨床栄養における、宮澤先生の功績や近森病院様の取り組みは、
様々な場で紹介されているので、今回は割愛させて頂きます。
本日は印象に残った2点と宮澤先生からのメッセージを紹介します。
=======================================

<厨房は最上階>

近森病院には、病棟と管理棟があり、臨床栄養部は管理棟の上階にあります。
厨房は病棟の最上階にあるそうです。
患者様が口にするものを地下で作らせるのは申し訳ない、
という宮澤先生の想いから、もともと地下にあった厨房を、
最上階の透析室だったフロアを改変して造られたそうです。
系列病院の建設の際も、必ず厨房は最上階に造ることを徹底されているそうです。


<外来栄養指導も担当制>

各病棟に栄養士が配置されていることで有名ですが、
外来栄養指導でも担当制を設けており、
継続指導を行う患者様には同じ栄養士が担当するそうです。
また、栄養指導に使う資料には、栄養士の名前を記載する欄があり、
いつでも相談できるように直通の電話番号も記載されています。

指導資料に栄養士の名前を記載している病院に出会ったのは初めてで、
とても嬉しい驚きを覚えました。


<宮澤先生からのメッセージ>
栄養士を目指している学生さん達も多く読んでいるので、
学生さん達へのメッセージをお願いしたところ、とても有難い言葉を頂戴しました。

『栄養士は、病気にならない段階から、最期まで携われる貴重な医療職です。
薬は各疾患に応じて処方されますが、栄養は、全ての人に共通しています。
各家庭の食文化や生活に深く介入して、患者様と信頼関係を築き、
健康をサポートできることは、一生かけていい尊い仕事です。

また、臨床栄養士に限らず、スポーツ栄養士など、各分野で伸びしろがある職種です。

これを読んでいる学生さんたちは、
栄養学部を選んだことで、人生の半分は成功していると自信を持ってほしいです。』



20180808_1.jpeg

===========================================


いかがでしたでしょうか。
患者様に寄り添った医療を徹底されている様子や
栄養士にとって、とても心強いメッセージをいただき、
改めて、栄養を通じて人々を健康にする仕事を誇りに思いました。

私たちファンデリーは、
栄養士が医療を支える存在になりたい、
栄養士の認知度や親近感を高めたい、という想いで
設立から18年ここまで成長することができました。

今後も、患者様や現場の栄養士様に喜んでもらえるような、
商品やサービス向上に努めて参ります。


最後になりましたが、大変お忙しい中、お話をお聞かせ頂きました、
宮澤先生、和田先生、泉先生、本当にありがとうございました。
この場をお借りして、改めて、御礼申し上げます。

「ミールタイムのここがいい!」にも協力頂いていますので、
是非「近森病院」と検索してご覧ください。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

前の1件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

プロフィール

アーカイブ