Csr headertop

IRポリシー

情報開示の基本姿勢

当社は株主・投資家の皆様に対して、当社の企業情報を適時適切に、かつ公平・正確に提供することを基本方針としており、積極的な情報開示に努めてまいります。当社は、ポリシーを社内全体に浸透させ、徹底をさせてまいります。株主・投資家および証券アナリスト等からのお問い合わせは、全てIR担当部門が対応させていただきます。これは、当社および社員を金融商品取引法を含む法的責任から保護することを目的としております。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法・会社法等に基づく法定開示制度、東京証券取引所の有価証券上場規程に基づく適時開示制度により、企業情報を適時適切に開示いたします。法定開示や適時開示の対象とならない情報であっても、投資判断に影響を与えると思われる重要な情報については、公平かつ迅速に開示いたします。
当社がホームページ、印刷物、電話によるお問い合わせ、取材等において公開する情報は、既に公開された事実、周知の情報とさせていただきます。未公開の重要事実等については、一切言及いたしません。

情報開示の方法

1.東京証券取引所の定める適時開示規則が定める重要事実に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて行います。

2.金融商品取引法に基づく開示は、金融庁の提供する有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)を通じて行います。

3.上記以外の情報についても、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、その重要性・緊急性に応じて、適宜、プレスリリースの配信、記者会見および説明会等を通じて速やかに開示いたします。

4.上記1および2に従って開示された情報は、開示後速やかに当社コーポレートサイトに掲載いたします。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表日前までを沈黙期間としております。この期間中は、決算等に関連するコメント、ご質問等に関する回答は差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は、適時適切に開示いたします。

免責事項

1.掲載情報について
当ウェブサイトに掲載しているIR情報は、当社の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。また、掲載している情報に関して、当社は細心の注意を払っておりますが、情報に誤りがあった場合や、第三者によりデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、事由の如何を問わず一切責任を負うものではありません。
また、当ウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。

2.将来の見通しに関する事項について
当ウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれております。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものであります。経済情勢や市場動向の変化等により、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。

3.当ウェブサイトの運用について
当ウェブサイトは予告なしに運営の中断、中止や内容の変更を行うことがあります。また、通信環境やお客様のコンピュータの状況、その他の理由により当ウェブサイトを正常に利用できない場合があります。これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても責任を負うものではないことを予めご了承ください。