mealtime akabane

お客様とのエピソード

blog_chiba-h.gif

先日、初めて「和食料理」を専門としているお店へ行ってみました。
だしを使った料理は味と香りがとても良いものでした。
特にのどぐろの煮つけは、店内に入った瞬間から、だしの香りが漂い、
実際に食べてみると、予想以上の美味しさで、
白身魚の脂とだし醤油のうまみが混ざり、
ご飯がすすむお食事でした。

20210914.jpg

ミールタイムの食事には、糖尿病や脂質異常症などの方に向けた『ヘルシー食』、
腎臓病や糖尿病性腎症の方に向けた『たんぱく質調整食』があります。
疾病に合わせて栄養価を調整しており、
『ヘルシー食』はエネルギーを控えめにし、高血圧の予防や改善のため、
塩分は1食あたり2g未満にしております。
『たんぱく質調整食』は、クレアチニン値の改善のため、たんぱく質やカリウム、
リンも調整してお作りしています。
疾病に合わせた食事療法を継続することが、数値改善には欠かせません。

本日は、私が担当しているお客様とのエピソードをご紹介いたします。
『栄養士おまかせ定期便』を5年間利用していただいている
S様は、クレアチニンの数値を改善するために、
たんぱく質調整食を召し上がっています。
日常の食事についても気を付けていらっしゃり、
月に二度ほど飲まれるワインを楽しみにされています。
毎月ご報告くださる血液検査結果と共に、
日々の食事で気を付けられていることや、ご家族と一緒に
食事をとった際のお話なども聞かせてくださります。

先日は、急に肝臓の数値が上がってしまい、「ワインを二か月やめる」と仰り、
実践してみたところ、数値が元に戻ってきたとお話しいただきました。
ところが、数日後に検査の機械が不調で特に問題なかったとの診断を受けたそうで、
「ああ、よかった。またワインを飲むことができる」と、
とても安心されている様子でした。S様はいつも口癖のように、
「家族とおいしい食事を食べるために食事療法を頑張る」とおしゃっています。

今後も、お客様の楽しみを継続しながら、
些細なことも相談していただける栄養士を目指して、
食事から健康のサポートをして参ります。
------------------------------------------------------------------------
下記ブログも宜しくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------------------------

アーカイブ