糖尿病教室(掖済会病院様)【逸見 純子】

皆様こんにちは!管理栄養士の逸見純子です。

 

最近、運動不足解消の為、電車等を使うよりも自転車を積極的に使い、移動しています。

日差しを浴びながら、風を感じて走るのはとても気持ちが良いですね!

体を動かして、新鮮な空気を吸って気分転換出来る瞬間は清々しいです。

 

運動療法は、食事療法を出来るだけ長く、上手に継続していく為にも必要ですので、

体に負担がないように、取り入れていきましょう!

 

 

さて本日は、掖済会(えきさいかい)病院様で行われました、

糖尿病教室のご紹介です。

掖済会病院1.jpg

ご自宅でも簡単に出来るストレッチを教えてもらえるという事で、

患者様もスタッフ様も、楽しみに参加されておりました。

 

糖尿病治療は「運動」と「食事」と「薬」の3本の柱を中心としており、

そのどれか1本だけでは、中々上手な血糖コントロールは出来ません。

掖済会3.jpg

基本を皆さんにお伝えして、なぜ運動療法が必要なのかを丁寧に説明して下さいました。

 

イスに座りながらでも出来るストレッチを、理学療法士の先生から教えて頂きました。

参加者の中には、90歳の女性の方もいらっしゃいましたが、

一番張り切って声を出して、「1、2、1、2」と、もも上げも軽やかでした!

素晴らしいですね!

 

会場の外では、ミールタイムの展示をさせて頂きました。

 掖済会2.jpg

皆さんにお持ち帰り頂くお土産として、これからの季節、皿うどん等にも最適な、

塩分ゼロうどんをお持ち帰り頂きました。

 掖済会4.jpg

 

元気に体を動かし続けられるのも、きちんと食事療法と薬物療法が出来ているからこそです。

皆様が元気に、これからも糖尿病と上手に付き合っていけるよう、

私達も病院のスタッフ様達と一緒に、食事療法のお手伝いをさせて頂きます。

 

掖済会病院の皆様、ありがとうございました。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

   

プロフィール

アーカイブ