愛生会山科病院様【逸見 純子】

皆様こんにちは!
いつもブログをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。

 

最近は、「暑い!!」が口癖になってしまい、つい繰り返し使ってしまいます。
水分をこまめに摂るとか、そういった部分も大切ですが、気持ちで負けないように、
暑さを跳ね返す心持ちで、頑張っていきたいと思います。

 

本日は大阪の医療機関様から少し離れまして、京都の医療機関様をご紹介致します。
京都市山科区にございます、愛生会山科病院様です。

管理栄養士の仁田 美由紀(ニッタ ミユキ)様にお話を伺いました。

yamasina.jpg

山科病院様を拠点として、山糖会(さんとうかい)という糖尿病友の会を立ち上げております。
 

山科およびその近隣地区の糖尿病患者さんの治療と予防に関する知識の普及、
療養の支援をする目的で、山科医師会が設立した糖尿病患者さんの会です。
 

昭和48年に結成され、すでに患者様は約500名の方が会員となられていらっしゃるようです。
歴史もありますし、それだけ長い間続けてこられているのは、
患者様の勉強したいという意欲と、それをサポートする医療機関や保健所のスタッフの方々の、
努力の賜ですね。

この会では、療養指導の会が6月第1日曜日に開催されております。
運動療法を兼ねて、市内や近郊のお寺、施設の見学・散歩の後、近くのレストランや料亭で昼食会を行い、
栄養士から外食料理の摂り方の指導を受けることが出来ます。

 

患者様もこうした会を通して、気持ちの分かりあえる仲間、励まし合える友人を作り、
みんなで共に糖尿病という病気と向き合っていく事が出来ますね。

全国の病院様で、こうした糖尿病の患者会を発足しているところが多くありますので、
もし糖尿病でお困りの事がございましたら、積極的にご参加されてみるのも、良いと思います。

 

そういった患者様向けの会で、私達ミールタイムもお力になれることが御座いましたら、
皆様が楽しんでご参加できるよう、精一杯努めさせて頂きますので、
是非お声掛け下さいませ。

仁田様、ありがとうございました。

今後共宜しくお願い申し上げます。

 

【管理栄養士や栄養士のコミュニティサイト。

現場で働く会員さんたちのブログ等を掲載しています。ご覧下さい】

       

プロフィール

アーカイブ