2018年4月アーカイブ

blog_shinkai.gif

本日は、4月13日に大阪府堺市の加藤内科みなとクリニック様にて開催されました、
健康教室を紹介致します。

加藤内科みなとクリニック様は、南海本線「湊駅」から徒歩3分に位置しており、
毎月第2金曜日に、管理栄養士様による健康教室を開催しています。

20180425.jpg


今月のテーマは、「気になる血糖値、上がりにくい食事とは?」でした。
管理栄養士の浅野 昌代先生より、下記のような流れで講義がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆糖質と糖類の違い
糖類は、糖質の一部であり、単糖類(ブドウ糖、果糖)と二糖類(砂糖、乳糖など)の総称。
巷の糖類ゼロ商品は、糖質ゼロではない!

◆GI値とは
Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標。
食品ごとにGI値が設けられており、GI値が低い食品は血糖値の上昇を穏やかにする。

◆組み合わせでGI値は変わる
白米のGI値は高いが、麦や野菜などの食物繊維が豊富な食材、
牛乳や納豆、お酢などと一緒に食べると、GI値は低くなる。
(ただし、酢飯は塩分が高いので注意!)

20180425_1.jpg

◆適切な糖質制限食

糖質制限という言葉がよく聞かれるようになったが、
主食をゼロにするのではなく、ご飯は通常の1/2~2/3にし、
野菜料理を1品増やすのが、病院でも取り入れられている糖質制限食。

◆GI値が低めの主食

パスタは炭水化物の中でも比較的GI値が低め。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

牛乳を使ったクリームパスタにすることで、更にGI値を抑えることができますよ、
とレシピの紹介もありました。

今回、低糖質パスタCarbOFFをお土産として用意させて頂いたので、商品の紹介もして頂きました。
ミールタイムでも、便利な冷凍パスタとして商品化していますので、
ぜひ、ご興味ある方はお味見下さい→こちら ヘルシー食アラカルト から注文頂けます。

20180425_2.jpg

最後に、私からミールタイムの紹介をさせて頂きました。
参加者の皆様全員が、ご自身やご家族の食事を担当されているとのことで、

「毎日の食事作りは大変、たまには誰かにバランスの良い食事を作ってもらいたい、
自分1人の食事の際は、残り物で済ませてお菓子を食べてしまう、
そんなときにはミールタイムを利用するようにしている」
という私の話にも共感頂け、深くうなずいて下さっている姿が印象に残りました。

ぜひ、食事作りの負担を軽減し、趣味や運動の時間を増やして、
より生きいきとした生活を送れますよう、ミールタイムを活用頂けましたら、
大変光栄に存じます。



次回の健康教室は、5月11日(金)14時~
「食事で予防!!~骨粗鬆症~」というテーマで開催予定
のようです。
とても勉強になりますので、ご興味あるお近くの方はご参加下さいませ。

浅野先生には、ミールタイムのここがいい!にも協力頂いていますので、是非ご覧ください。

最後になりましたが、教室参加とブログでの紹介を快諾下さった、
加藤先生、浅野先生にこの場をお借りして、心より御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

大和中央病院様

blog_shinkai.gif

本日は大阪市西成区にございます、大和中央病院様を紹介します。

20180411_4.jpg20180411_7.jpg

病院を入ってすぐの待合スペースには、
栄養コーナーが設置されており、ミールタイムも紹介頂いています。

毎月発行されている「栄養だより」には、旬のお野菜とレシピが紹介されており、
患者様にとって役立つ情報満載です。

20180411_8.jpeg

本日は、管理栄養士の窪田 靖子先生とお話させて頂きました。

「患者様の意志に寄り添って、一人一人のペースに合わせて、
無理をせず、食事療法を続けられるよう、精一杯相談にのらせて頂きます」

というお言葉通り、とても優しくお話を聞いて下さり、
誠実に対応して下さるお人柄がとても強く心に残りました。

20180411_9.jpg

また、ブログを読んで下さる患者様へメッセージをお願いしたところ、

「自分で作ることが大変な方は、息抜きにミールタイムのお弁当を
利用してみたらよいと思います。
 また、お食事療法に困っている方は、味付けや量、献立の参考に、
試しに使って頂くことで、ペースを掴むことができると思います。
できることから始めましょう。」
 と、有難いコメントを頂きました。

栄養士さんにそのように言ってもらえると肩の力も抜け、
心穏やかになりますよね。
リラックスした気持ちを持つことも、食事療養を続けている方や、
疾患予防には大事な要素です。

栄養士を目指している学生さんにもメッセージを頂きました。

「患者様とお話することは、栄養士として一番大切にしていることです。
現場に出て、わからないことも多いかと思いますが、患者様とお話することで、
自身の足りない部分にも気が付き、勉強にもなります。
また、ミールタイムを利用することで、どれくらいの食事量で
どれくらいのエネルギーや塩分かを知ってもらうことができます。
ミールタイムは、栄養士にとっても患者様にとっても、わかりやすく、
理解もしやすいので上手に指導に活用されると良いですね。頑張ってください!」


嬉しいお言葉をいただき、私自身も改めて、
ファンデリー栄養士というお仕事に感謝しています。
栄養士さんにとっても、患者様にとっても、
喜んで頂けるカタログや商品をお届けできていることを、
大変嬉しく光栄に存じます。

当社運営WEBサイト『ミールタイムネット』にあります
ミールタイムのここがいい!」へは、
窪田様はじめ、大和中央病院の栄養士様にもご協力頂いております。

ぜひ、「大和中央病院」とキーワード検索してご覧下さいませ。
http://www.mealtime.jp/partners/

最後になりましたが、丁寧にご対応頂き、
ブログ掲載を快諾して下さった窪田先生、
本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

bnr-foodish-468-60.gif

プロフィール

アーカイブ