医療機関勉強会の最近のブログ記事

blog_shinkai.gif

本日は、尼崎中央病院様の糖尿病教室の様子をご紹介致します。
当日は、栄養部の川上先生より、
「食事療法の基礎と糖質コントロール」というタイトルで、
講義がございました。

①必要なエネルギーを知る
②食品の仲間分けを知る
③食事のバランスを知る
④主食の分量を知る
⑤たんぱく質の分量を知る
⑥野菜の分量を知る
⑦果物の分量を知る
⑧乳製品の分量を知る
⑨油・油の仲間の分量を知る
⑩調味料について知る
⑪アルコールについて知る
⑫間食について知る
⑬食べ方について知る

上記13項目について、具体例を挙げながら、
とてもわかりやすくご説明頂き、大変中身の濃い講義でした。
20190814.jpg

セカンドミール効果についてもご説明がありました。
セカンドミール効果とは、
1日のうちで、最初に食べた食事内容が、
2回目の食後血糖にも影響を及ぼすことです。

大麦・海藻類・きのこ類・ごぼう・オクラ・大豆・こんにゃく等、
食物繊維が豊富に含まれている食品を朝食に摂り入れることで、
昼食の食後血糖も緩やかになる、というデータがございます。
朝食に食物繊維が多いものを摂り入れることを意識しましょう。

最後に、私からミールタイムの紹介をさせて頂きました。
川上先生には、ミールタイムのここがいい!にもご協力頂いています。
ぜひ、「尼崎中央病院」とキーワード検索してご覧くださいませ。
http://www.mealtime.jp/partners/

最後になりましたが、貴重な機会をご一緒させて頂き、
川上先生はじめ、尼崎中央病院の皆様、本当にありがとうございました。

20190814-1.jpg

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

先日、阪神調剤ホールディング様における、
栄養士様の会議に参加させて頂きました。

阪神調剤ホールディング様傘下の多くの調剤薬局様では、
管理栄養士が勤務しており、栄養相談に応じています。
ミールタイムカタログは、全店舗に設置頂き、
お持ち帰り頂けるようになっています。

今回は、本社所属の管理栄養士様対象に、
ミールタイムの説明とお弁当の試食を実施しました。

20190724_2.jpg

たんぱく質調整食とヘルシー食の食べ比べをして頂き、
腎疾患の方にもお薦めできる食事があることに、
興味をもっていただけました。

20190724_1.jpg

食事療法が必要な患者様に、
行動変容の第一歩を踏み出して頂くことは、
大変重要ですが、大変難しいことでもあります。

栄養計算が面倒に感じられ、
なかなか一歩を踏み出せない患者様には
宅配食を取り入れて頂くことが、最善策の場合がございます。
食事療法の効果を感じやすく、食事療法の継続に繋がりやすい、
というメリットがあるからです。

まだ一般的に宅配食への理解が広まらず、
ご自身にぴったりの栄養価の宅配食があることを
ご存知ない患者様が多いようです。

そのような際、現場の管理栄養士が、
その方にあった食事を示してあげることで、
患者様も安心するようです。

病院ではゆっくり聞けないことも、薬局の管理栄養士や、
ミールタイム栄養士へお気軽にご相談頂けましたら、
大変嬉しく存じます。

この度は、貴重なお時間を賜りまして、
阪神調剤ホールディングの皆様、誠に有難うございました。
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

本日は、6月6日(木)に大阪暁明館病院様にて開催されました、
あかつき会茶話会(糖尿病友の会)についてご紹介します。

当日は、内分泌内科の高木先生より、
糖尿病ついてミニ講義があった後、
当社より、宅配食の上手な活用法と題して、
ミールタイムの試食と紹介をさせて頂きました。
写真①.jpgのサムネイル画像 
写真②.jpgのサムネイル画像

その後、患者様とスタッフ様の座談会にも
ご一緒させて頂きました。

患者様から、
冷凍食品が安心とお薦めされるようになってきた経緯を
ご質問頂きました。

冷凍技術の発達により、
栄養素の損失を最小限にし、
美味しさを維持できるようになったことが、
病院の医師や管理栄養士からも、
宅配食を推薦して頂けることに繋がっていると、
お答えさせて頂きました。

写真③.jpgのサムネイル画像

また、高血圧治療ガイドライン2019の改訂により、
今後、減塩指導がより重要になってくると
内分泌内科の廣瀬先生よりお話がございました。

減塩のコツとして、管理栄養士の笠舞先生より、
味覚は舌で感じるので、あんかけにすることで、
減塩でも味をしっかり感じさせる効果がある、と
ミールタイムのおかずを例に説明されていました。

また、旬のお野菜をしっかり摂る方法として、
夏野菜は水分補給に繋がることを説明された上で、
きゅうりやトマトをそのまま食べることは、
簡単で良いのでは、と提案されていました。

また、看護師からは、冷製ラタトゥイユは、
夏野菜をふんだんに使えるのでお薦めだとお話がございました。

写真④.jpgのサムネイル画像

患者様が普段気になっていることや
スタッフの皆様が普段患者様と会話されている様子を
共有させて頂くことができ、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

今後も、より多くの方々に、食事療法を継続頂けますよう、
ミールタイムを上手に活用頂けましたら、大変嬉しく光栄に存じます。

最後になりましたが、貴重な会に参加させて頂き、
廣瀬先生はじめ、大阪暁明館病院の皆様、
本当にありがとうございました。
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

-----------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

本日は、阪神調剤薬局近鉄布施店様にて実施されました、
健康フェアを紹介します。

20190612.jpg

こちらの店舗には、管理栄養士が常勤しているため、
いつでも栄養や食事について相談ができます。
当日は、丁寧にお話ができるよう、
予約制の栄養相談の枠を設けて対応されていました。

20190612_2.jpg

薬局内には、食事や栄養に関する資料が綺麗に掲示されています。
お薬をもらいに来られた患者様が、ついでに体組成計で測定し、
その結果を見ながら、管理栄養士がアドバイスするという場面もございました。

20190612_4.jpg

当日は、当社からカタログとサンプルを提供させて頂きました。
店舗には、ミールタイムカタログも設置頂いており、
お弁当の大きさがわかるよう、空箱も一緒に掲示頂いています。

20190612_3.jpg

より多くの方々に、管理栄養士を身近に感じて頂き、
食事で心配事があれば、
管理栄養士に相談しよう!と頼って頂ける存在になりたいと
ファンデリー栄養士も強く望んでおります。

病院ではゆっくり聞けないことも、薬局の管理栄養士や、
ミールタイム栄養士へお気軽にご相談ください。

貴重な時間をご一緒させて頂き、
阪神調剤薬局 近鉄布施店の皆様、本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

糖尿病教室(早石病院様)

blog_shinkai.gif

本日は、先月参加させて頂きました、
早石病院様の糖尿病教室の様子を紹介致します。

20190522_1.jpgのサムネイル画像

開催が連休前ということもあり、下記のテーマでお話がございました。

内科「糖尿病のかたの旅行」

旅行中の血糖値の変化、
計画・準備、飛行機内への持ち込み品、
体調管理等、とても充実した内容でした。

最後に、「旅行に行くと太る」という方へのアドバイスがありました。
私の意見も併せて、紹介させて頂きます。

旅行の楽しみを「食」とされる方もいらっしゃいますが、
観光地を歩き回る、ホテル周辺を散歩する等、
知らない街を散策することを楽しみとすることで、
食べ過ぎを防ぐとともに、運動量を増やすことが出来ます。

お土産も、食べ物ではなく、雑貨などオシャレな物を
探すのが良いでしょう。

皮膚科「外出の際の注意点」
4つの項目でお話がございました。
①紫外線
②接触皮膚炎
③虫
④フットケア

お天気も良くなり、レジャーシーズンとなりましたが、
皮膚トラブルが増える季節だそうです。
特に、虫に刺されるトラブルは、時に強い痒みや痛みを伴い、
場合によっては、皮膚切除が必要になることもあるので、
くれぐれも予防を徹底し気を付けたいと思いました。

最後に、私からミールタイムの紹介をさせて頂きました。
ミールタイムの宅配食は、国内であれば、
自宅でなくても、旅行先にもお届けすることが可能です。
「旅行中の食事に不安がある方」や「旅行後の食生活を整えたい方」に、
ミールタイムの宅配食を活用頂き、健康維持にお役立て頂けましたら幸いです。


最後になりましたが、早石病院の皆様、
貴重なお時間をありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

本日は、社会医療法人大道会様主催の健康教室の様子を紹介致します。

20190507.jpg

当日は、第一部:在宅事業部様より、
『伸ばしませんか?健康寿命 ~健康格差と総合介護予防について知ろう~』
というテーマで、様々な経験談、具体例やデータを紹介されながら、
お話がございました。

第二部:当社より、
『糖尿病と腎臓病の食事』というテーマで、
下記の流れでお話させて頂きました。
■糖尿病とは、三大合併症、食事のポイント
■腎臓の働き、CKD(慢性腎臓病)とは、食事のポイント
■ミールタイムとは

20190507_1.jpg

約60名の方々に集まって頂き、皆様真剣にお話を聞いて下さいました。
大きくうなずいて下さったり、賛同の拍手を頂いたりと、
とても嬉しく、参加者の皆様の熱心さが伝わって参りました。

20190507_2.jpg

普段は、糖尿病の方々向けにお話する機会が多いのですが、
今回は、健康に興味のある地域の方々向けということで、
一般常識として覚えて頂きたいポイント、
下記2つを最後におさらいして終わりました。

糖尿病には、自覚症状が出ない!
⇒血液検査・食事への意識を高くもつ

◆腎臓病が一度進行すると、元には戻らない!
  人工透析に入ると、一生、透析治療が必要。
⇒食事療法が有効な時期に、管理栄養士に相談する

少しでも、皆様の記憶に残り、健康維持にお役立て頂けましたら、
大変光栄に存じます。

貴重な機会を頂きまして、医療法人大道会の皆様、
本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

糖尿病教室(公道会病院様)

blog_shinkai.gif

本日は、大阪市東成区にございます、公道会病院様をご紹介致します。

20190424.jpg
大阪メトロ千日前線の新深江駅から徒歩3分に位置しています。

公道会病院様では、第1・3木曜日に、
1階リハビリテーション室にて、いきいき百歳体操を実施しています。
20190424_1.jpg

また、偶数月の第3木曜日には、
いきいき百歳体操の後、糖尿病教室を実施しています。

今月の糖尿病教室のテーマは、「サルコペニアとフレイル予防」
日本糖尿病協会様が作製されたビデオを鑑賞したのち、
管理栄養士の先生からお話がありました。

20190424_2.jpg
========================================
サルコペニアとは、筋力が低下している状態
フレイルとは、心身の活力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態
を指します。

フレイルの指標として、下記項目を確認してみましょう。
□意図せず体重が減少した
□疲れやすくなった
□階段の昇り降りがしんどい
□横断歩道が間に合わない(歩くペースが落ちた)
□外出が億劫になってきた

3つ以上チェックがつけばフレイルと、
1~2つチェックがついても、フレイルの前段階であるプレフレイルとなりますので、
下記、食事のポイントを参考にしてみましょう。

サルコペニア・フレイル予防の食事のポイントとして、下記2点挙げられます。
●良質のたんぱく質(肉、魚、牛乳、卵、大豆製品)を摂る
●ビタミンDを含む食材(キノコ類、鮭、さんま、鰯など脂質の多い魚、卵黄、バター)を摂る
=======================================

お一人やお二人暮らしの方は、麺類やパンなど、
簡単なもので食事を済ませてしまいがちです。
麺類やパンだけでは、サルコペニアやフレイル予防に必要な
良質なたんぱく源が不足してしまいます。

卵やお豆腐など簡単に足せる一品だけでも準備できると良いですね。

また、食事の準備が面倒な際には、ミールタイムのお弁当を活用し、
バランスの良い食生活を継続することが大切ですね。

20190424_3.jpg

最後に、私からミールタイムの紹介をさせて頂き、
患者様とお話させて頂きました。
貴重なお時間をご一緒させて頂き、
公道会病院の皆様、患者様、本当に有難うございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

本日は、2月20日(水)に開催された、
大阪暁明館病院様における、糖尿病教室についてご紹介します。

大阪暁明館病院様では、年に10回糖尿病教室を実施しています。
今回は、「糖尿病とがん」というテーマで、
糖尿病/腎臓内科医師の廣瀨幸恵先生から講義がありました。

20190327.jpgのサムネイル画像

印象に残ったお話を紹介します。
=======================================
◆糖尿病と肥満は癌の危険因子とされており、
 日本人の2型糖尿病では特に、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌のリスクが高いそうです。

◆糖尿病と癌に共通するリスクファクターとして、
 肥満、運動不足、食習慣(高カロリー、高脂肪、低繊維)、アルコール多飲が挙げられています。

◆癌を予防するには、健康的な食事、運動、体重管理、禁煙、節酒が勧められます。

◆具体的な報告として、ウォーキングなどの活発な運動を週に5日以上行っている人では、
 ほとんど運動しない人に比べ、がんの発症リスクが20%低下する、という報告があります。
=======================================

20190327_1.jpg

私からも下記のようなお話をさせて頂きました。
=======================================
◆塩分摂取量が多い東北地方の方々には、胃がん発生率が高いと報告されています。
塩分・塩蔵食品と、がん・循環器疾患の関連についての報告が掲載されています。)

◆日本人は、医師から指示を受けていない一般の方で、
 1日の塩分摂取目標量が、男性8.0g未満、女性7.0g未満とされています。
 また、高血圧の方や、高血圧予防の観点からは、1日6.0g未満が推奨されています。

◆これを1食の食事に見直すと、1食あたり、塩分2.0g未満が望ましいと考えられます。
 上記を踏まえ、ミールタイムのお弁当は、1食あたり、塩分2.0g未満となっています。

◆講義にもあった「健康的な食事」を毎日準備することは大変です。
 量や味付け、献立の参考にミールタイムのお弁当を、
 食事療法の導入や勉強として、利用される方も増えています。
========================================

また、ミールタイムカタログに掲載している、
加工食品の塩分摂取量(茹でることで減塩)を紹介させて頂いたところ、
皆様大変興味を持って頂きました。

20190327_2.jpg

今後も、お食事でお困りの方々に頼ってもらえる存在となりますよう、
より良いサービスと商品の提供に努めてまいります。

最後になりましたが、貴重な会に参加させて頂きまして、
廣瀨先生はじめ、大阪暁明館病院の皆様、本当にありがとうございました。
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

先月、大正区にございます、阪神調剤薬局ちしまメディカルパーク店様にて
第2回健康講座を開催しました。

今回は、~腎臓と健康のお話~というテーマで、
管理栄養士の土谷様よりお話頂きました。
20190313.jpg20190313_1.jpg
腎臓の機能や腎臓病の方のお食事について、
基本から、わかりやすく伝えて頂きました。

参加者の方からは、
「腎臓について知る機会がなかったので、知識が深まり、勉強になった」というお声や、
「病院で指導を受けているが、今日の方が理解しやすかった」というお声も頂きました。

私からは、在宅療養と配食サービスについてお話させて頂き、
「宅配食サービス ミールタイム」についてご紹介と試食を実施しました。

20190313_2.JPG

日本人は、医師から指示を受けていない一般の方で、
1日の塩分摂取目標量が、男性8.0g未満、女性7.0g未満とされています。

また、高血圧の方や、高血圧予防の観点からは、
1日6.0g未満が推奨されています。

これを1食の食事に見直すと、1食あたり、
塩分2.0g未満が望ましいと考えられます。

上記を踏まえ、ミールタイムのお弁当は、
1食あたり、塩分2.0g未満となっています。

20190313_4.jpg

参加者の方からも、塩分の話はとても身近で、
減塩に心がけようと思った、という声を沢山頂きました。


さて、阪神調剤薬局ちしまメディカルパーク店では、
3月5日(火)より、毎週火曜日、夕方17時~18時の時間で、
会食倶楽部(近隣の方々が集まって食事をする会)を実施しています。

薬局長の道上様より、複数人で食事をすることの大切さを、
データを示しながら、教えて頂きました。

詳細は、こちらです。
20190313_3 (1).JPG20190313_3 (2).JPG

ご興味ある方は、ちしまメディカルパーク店(TEL:06-6551-1331)へお問合せ下さいませ!

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

blog_shinkai.gif

先日、大阪市西区阿波座にございます、
日本生命病院様にて、糖尿病セミナーが開催されました。

中央臨床検査部から、「動脈硬化について」
医師からは、「糖尿病の最近の話題」というテーマでお話がありました。

20190227_1.jpg

私からは、「在宅療養と配食サービス」というテーマで、
高齢社会に伴い在宅医療にシフトしていること、
自宅での食事療養の継続のポイント、
宅配食のメリットや選び方をお話させて頂きました。

20190227_2.jpg

今すぐ配食サービスが必要でない方も、
ご家族やご自身で調理が難しくなった場合に備えて、
配食サービスへの理解を深めて頂くことは大切です。

厚生労働省も、食事づくりにお困りの高齢者の方に向け、
配食サービスを上手に利用しましょう、というリーフレットを公開しています。

20190227_3.jpg

管理栄養士が栄養バランスを考えて作っていますので、
ご安心してご利用下さいませ。

この度は、貴重な機会をご一緒させて頂き、
日本生命病院の皆様、誠にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

各栄養士ブログも宜しくお願い申し上げます。

赤羽ではたらく栄養士たちの日記

中米グアテマラで働く栄養士の日記 ~地球の裏から~

---------------------------------------------------------------

【2020年卒 管理栄養士・栄養士職 新卒採用】
エントリーはコチラ ⇒ https://www.fundely.co.jp/saiyo

株式会社ファンデリー 新卒採用 LINEアカウント
友だち追加

プロフィール

アーカイブ