簡易的に写真素材をいい感じにする【Photoshop】

こんにちは
デザイン・システム室のです

いい感じの写真素材が見つからないけど自分で撮ると微妙な感じになってしまう…
なんて経験ありませんか?
今回はPhotoshopを使用して簡単にいい感じの写真にする方法を紹介します
よくあるハイキー気味で青が強めの写真を目指します

元となる写真がこちら
暗い雰囲気でそのままでは使いづらい感じですね
さっそく調整を加えていきます

【1】ハイライトとシャドウ

ハイライトを下げ、シャドウを上げます
こうすることによって少しぼやっとしていた箇所や明るすぎ/暗すぎた箇所がはっきりと見えてきます
やりすぎるとのっぺりとしてきてしまうので注意

ハイライトとシャドウを調整することで見やすくなりましたね
手前の植物と左側の石灯籠の影になっている箇所がわかりやすいでしょうか

【2】レベル補正

レベル補正は黒(0)と白(255)の下限・上限をそれぞれ引き上げたり引き下げたりします

この場合は黒(15)以下を黒(0)として扱うようにし、白(220)以上を白(255)として扱うようにしています
そのため、やりすぎるとコントラストが強すぎて黒つぶれ・白飛びがひどい画像になってしまいます

これまでの補正でだいぶ見やすくなりましたね
正直、この後の補正は好みなのでやらなくても大丈夫です

【3】トーンカーブ

レベル補正に似た補正の仕方です
指定した明るさのピクセルに対して色補正をかけます
今回はカーブ状に緩やかに全体に対して補正をかけています

青を強めに出したいので、青と緑にプラス補正をかけています
逆に赤はマイナス補正

ちょっと緑が強めになってしまったのと、ハイキー気味を目指すには明るさが足りないですね
再度トーンカーブの調整とレベル補正をかけてみます

最初の写真と比較してだいぶ良くなったかなと思います

手順も難しい事はありませんでしたね
Photoshopがない場合は他の無料アプリケーションでも同様の操作はできるはずですので探してみましょう
モバイル版Lightroomは無料版も存在していたと思うのでそちらを利用するのも良いと思います

現在デザインシステム室では、新しいメンバーを募集しています
組織拡大のため、積極採用中です
少しでも興味を持たれた方、ぜひご応募ください
お待ちしております!

募集要項およびエントリーフォーム >